magazine

トイプードルと人間の赤ちゃん
連載 / ブログ

2021.01.26

ブログ|お兄ちゃんワンコと妹|vol.1

はじめまして!長女誕生とともに変わる、家族と犬の生活

2018年9月某日、残暑の厳しい日に待望の長女が誕生致しました。
今まで私を含め大人3人(実母、夫、私)との生活に慣れていたトイ・プードルの「プー太」。プー太の穏やかな日常が私と娘の退院を機に一変!!バタバタな日常が幕を開けます。

#お兄ちゃんワンコと妹 / #トイプードル

むて/ドッグライター

自己紹介

トイプードルのプー太

はじめまして。この度、我が家の長女(2歳)と愛犬のトイ・プードル(10歳)との日々を綴らせていただく、30代の専業主婦「むて」と申します。平々凡々な普通の主婦で普通の家庭ですが、簡単に自己紹介と家族の紹介を致します。
大学卒業後、新卒のホテルマンとして地方で勤務しておりましたが、3年後に今の夫と結婚し寿退社。夫と二人での新婚生活を都内で始め、結婚から4年後に妊娠。待望の長女が誕生致しました。長女の出産を機に私の実家に引っ越し、現在は母と私たち家族と愛犬プー太と4人+1匹で生活しております。

家族紹介

夫「ぴーさん」・・・2歳の長女にメロメロな一般男性。優しく、よく食べます。座右の銘は「現状維持」
長女「ちゅり」・・・我が家の長女。最近は人見知りの内弁慶です。プー太のことは兄妹と思っていそうです。しかもどちらかというと自分が姉だと思って接している気がします。
母「マミー」・・・家族に甘々なばあばです。プー太が一番尊敬しているのはマミーです。

愛犬紹介

愛犬「プー太」・・・現在10歳。血統書付きのトイ・プードルなのに何故か体重が9キロ弱もある、ほぼ中型犬です(笑)。私が結婚前に実家で暮らしていたころにやってきたワンコで、赤ちゃんの頃から「骨格がしっかりしたプードルだね!」と獣医さんにお墨付きをもらっています。
昔は人間の子供ともよく遊ぶ活発な犬でしたが、年のせいか最近はめっきり遊ぶこともなくなり、長女のことをあしらう日々を過ごしています。

来たる!退院日!!初めての出会い

寝ている赤ちゃんとトイプードル

忘れもしない退院日。午前中には退院手続きも完了し、家族とともに1週間ぶりの我が家に帰ってきました。私との1週間ぶりの再会に喜んでくれるプー太。そして、異変に気が付きます。

「あれ?なにか見たことない子がいる」

プー太はちゅりの匂いを嗅ぎながら少しおとなしくなりました。
しばらくは家族と同じ空間にいましたが、いつもと違う空気、家族が自分ではなくちゅりに夢中になっている雰囲気を感じ取り自分のハウスへ。この日からしばらくはプー太も自分の中で葛藤しているようでした。

家族認定日

退院から3週間ほど経ち、私も疲労困憊ながら徐々に日常生活を取り戻そうとしていました。このあたりから少しずつプー太との散歩も再開するようになり、ちゅりをだっこしながら2人と1匹で出かけることも増えてきました。

すると、ある日の授乳中、プー太がおもむろに近づいてきてちゅりのほっぺをペロッと舐めました。プー太が複雑な思いを抱えながらもちゅりを徐々に家族として受け入れ、仲良くしようとしてくれているのが分かりました。

芽生えた絆

トイプードルと人間の赤ちゃん

出会いから3週間。沢山の葛藤と戦い、プー太はちゅりを家族として受け入れてくれました。受け入れはしましたが、仲良くなるにはまだまだ時間がかかります。なんなら今も仲がいいとは到底言えませんが、家族としての絆は徐々に結ばれてきています。これからのブログを通して日々のドタバタ劇や、面白エピソード、たまにあるかも?な感動エピソードを執筆していきたいと思っています。
これからどうぞよろしくお願いします!

  • 更新日:

    2021.01.26

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • むて
  • ドッグライター
  • 専業主婦で育児中の「むて」です。愛犬のトイプードル「プー太(10歳)」と娘「ちゅり(2歳)」のドタバタ兄妹ライフを綴ります。更に!第二子出産によってプー太の受難の日々延長戦か?!