magazine

スコティッシュテリア
犬を迎える
鉛筆アイコン

2020.12.02

スコティッシュテリアの子犬はどう成長する?生まれるまでと基本の育て方まとめ

スコティッシュテリアの子犬は、成犬のミニチュア版のようで、とても可愛いですよね。スコティッシュテリアのエレガントな姿や勇気ある性格に魅力を感じて、子犬を迎えようと考えている方も多いはず。ここでは、スコティッシュテリアの子犬を迎えたいと考えている人のために、生まれるまでの過程と迎えてからの基本的な生活・育て方について詳しく解説していきます。

#スコティッシュテリア

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

スコティッシュテリアの子犬が生まれるまで

スコティッシュテリア 子犬

スコティッシュテリアのブリーダーは親犬を選び、遺伝子検査などを行いながら健康管理を徹底的に行います。事前に親犬の健康状態を把握しておくことは、健康な子犬が生まれるのに欠かせません。ブリーダーが健康な親犬を選んだら、交配が行われます。

スコティッシュテリアの妊娠期間

スコティッシュテリアの妊娠期間は交配から58~72日です。犬の妊娠期間は人間よりも短く、一日一日が非常に重要です。

スコティッシュテリアの生まれる頭数

スコティッシュテリアは平均的に1~6頭の子犬が生まれます。スコティッシュテリアは小型犬なので、他の犬種の平均よりも生まれる頭数がやや少ないのが特徴です。

スコティッシュテリアの子犬の成長スピード

スコティッシュテリア 子犬

スコティッシュテリアは小型犬なので、あっという間に成犬のサイズにまで成長します。スコテッシュテリアは生後6ヶ月ごろまでに成犬とほぼ同じ体高になります。この時期に急激に成長し、その後も緩やかな成長を続けます。

子犬の体重の変化

子犬は生後6ヶ月になる頃までに成犬とほぼ同じ体重になります。その後も1歳くらいまで徐々に体重増加が続き、最終的には8.6~10.4kgほどの重さになります。

被毛の色や体型の変化

スコティッシュテリアの子犬は、まるで成犬のミニチュア版のような、成犬とそっくりな姿をしています。スコティッシュテリアの子犬の黒い被毛は成犬になっても変わりません。しかし、成犬になると体全体に筋肉がつくため、弱々しさがなくなり、丈夫な印象を与えます。

スコティッシュテリアの子犬を迎えたら

スコティッシュテリア 子犬

スコティッシュテリアの子犬を迎えると、子犬との新しい生活に胸を踊らせる飼い主が多いのではないでしょうか?しかし、楽しいことがたくさんあると同時に、子犬の世話に関する疑問もたくさん生まれますよね。ここでは、スコテッシュテリアの子犬を迎えた後の生活をスムーズに過ごすためのコツを紹介していきます。

スコティッシュテリアの子犬のごはんの与え方や量

スコティッシュテリアには子犬用のドッグフードを与えるようにしましょう。子犬を迎えたばかりの頃は、ブリーダーやペットショップが利用しているドッグフードを利用することがおすすめです。急にドッグフードを変えてしまうと、下痢や嘔吐をしてしまうことがあるので、1種間ほどをかけてゆっくりとフードを変えるようにしましょう。

子犬とはじめての〇〇

子犬にとっては全てが「はじめての〇〇」です。飼い主の役目は子犬にとって「はじめての〇〇」が楽しい経験になる助けをするということです。ここでは、子犬とのはじめての〇〇について解説していきます。

散歩を始めるタイミング

散歩は予防接種を終えてから連れて行くようにしましょう。予防接種を終えるまでの期間は、抱っこして外を散歩するなどして、少しずつ外の世界に慣らさせてあげるようにしましょう。

シャンプーを始めるタイミング

シャンプーは生後8週間ごろからスタートするようにしましょう。子犬ははじめてのシャンプーを怖がることがあるので、慣れないうちはなるべく短時間で済ませるようにしましょう。また、シャンプー中はおやつやおもちゃを利用して、楽しい時間になるように工夫しましょう。

しつけを始めるタイミング

しつけは子犬を連れて帰ってすぐに始めるようにしましょう。家に連れて帰ってすぐに「おすわり」や「待て」などのしつけを始める必要はありませんが、トイレのしつけや家のルールのしつけは、教えるのが早ければ早いほどいいですよ。スコテッシュテリアは典型的なテリア気質のため、頑固な傾向があります。しかし、飼い主は挫けずに忍耐と愛情を持って子犬のしつけに取り組んでくださいね。

子犬のうちに気をつけておきたい病気

子犬のうちは感染症に特に注意するようにしましょう。予防接種のスケジュールを把握し、必要なワクチンは徹底的に受けさせるようにしましょう。また、見知らぬ犬との接触を避け、犬間で感染症の感染を防ぐことを心がけましょう。

子犬のケンネルコフにも注意が必要です。ケンネルコフは犬舎やペットショップで感染する可能性があるので、子犬が咳をしていたら、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

子犬と成犬との違い

子犬と成犬の最大の違いは生活リズムです。子犬は頻繁は排尿をし、睡眠時間が成犬よりも長いです。また、知らないことだらけで、飼い主がつきっきりでケアをしなければいけないこともよくあります。しかし、子犬のうちにしつけをしっかりとしておけば、成犬になったときに楽ちんな生活を楽しむことができますので頑張りましょう。

スコティッシュテリアの子犬と楽しい時間を

スコティッシュテリア 子犬

ここでは、スコティッシュテリアの子犬について詳しく解説していきました。スコティッシュテリアは典型的なテリア気質で、頑固な面もあるため、子犬の頃からしっかりとしつけに取り組まなければいけません。しかし、しつけや散歩を「しなければいけない」と考えず、何事も楽しんで取り組むことが大切です。子犬との限られた時間を大切に過ごし、成長を見守ってあげてくださいね。

  • 更新日:

    2020.12.02

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • ルエス 杏鈴
  • 犬訓練士
  • 大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。 愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。 写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。