magazine

しつけ
鉛筆アイコン

2020.12.13

ポメチワの性格は好奇心旺盛?上手なしつけや環境づくり、遊び方を知る!

近年、異なる純血種同士の交配によって誕生する「ミックス犬」の人気が高まりつつあります。日本で安定した人気があるポメラニアンとチワワを親にもつ「ポメチワ」は、甘えん坊で飼育しやすいミックス犬として注目されています。ここでは、ポメチワの性格の特徴やしつけ方、遊び方、飼育のための環境づくりなどについてご紹介します。

#ポメチワ

文:江野 友紀/認定動物看護士

ポメチワの性格の特徴

ポメチワ 性格

まずはポメチワの得意なこと、苦手なことについてご紹介します。

得意なこと

ポメチワは飼い主さんに甘えるのが得意です。うるうるとした瞳で抱っこやお散歩のおねだりをされたら、何でも聞いてあげたくなってしまうのではないでしょうか。甘える姿が可愛くていつも一緒にいると依存しすぎてしまうこともるので、適度な距離を保つことも忘れないようにしましょう。

苦手なこと

ポメチワには臆病で神経質な面もあり、環境の変化が苦手です。引っ越しをしたり、近所で騒音を伴う工事が始まったり、家族構成が変わったときなどは、元気そうに見えてもストレスを感じていることがあります。
軟便や下痢、食欲不振などの症状が見られるときにはストレスを感じている可能性があるので、日頃から愛犬の様子をよく観察し、可能な限り対処してあげましょう。

ポメチワのしつけ

ポメチワ 性格

ぬいぐるみのように可愛らしいポメチワではありますが、人間社会で幸せに暮らす上でしつけは必須です。

性格を踏まえたしつけのコツ

ポメチワをしつけるコツを2つご紹介します。

社会性を身に付ける

チワワもポメラニアンも警戒心が強い子が多いので、ポメチワも見知らぬ人が近付いたときに攻撃的になったり、吠えてしまうことがあります。散歩やドッグランなどの外出先でトラブルにならないよう、子犬の頃から家族以外の人や他の犬とふれあう機会を設け、社会性を身につけておきましょう。

甘やかしに注意

ポメチワは小さくて甘え上手な犬種ですが、可愛いからと構いすぎたり、甘やかしてしまうと自己中心的な性格になってしまいます。すると、爪切りやブラッシングなどポメチワが嫌がるお手入れをするときに咬みついてきたり、ごはんが欲しいときなどに要求吠えするようになることがあります。
ポメチワがわがままにならないよう、毅然とした態度でしつけることが大切です。

ポメチワの遊び方

ポメチワ 性格

ポメチワは飼い主さんと遊ぶ時間を楽しみにしています。その子によって好きな遊び方があるので、色々な遊びを試してみましょう。

好奇心旺盛な性格を活かしたボール遊びがおすすめ

遊びが大好きでやんちゃなポメチワには、飼い主さんが投げたボールを取ってくるボール遊びがおすすめです。ポメチワは口が小さいので、くわえやすい軽量のボールを選んであげましょう。ロープを使った引っ張りっこもおすすめです。遊んだおもちゃは与えたままにせず、飼い主さんが回収しましょう。

ポメチワの得意なスポーツ

ポメチワ 性格

ポメチワがスポーツをするイメージはあまりないかもしれませんが、ポメチワでも楽しく参加できるドッグスポーツがあります。

アジリティー

アジリティーは犬の障害物競争のようなもので、ハンドラーと犬が息を合わせ、コース上に置かれたハードルやトンネル、シーソーなどの障害物を定められた時間内にクリアする競技です。
体高35cm未満のスモールクラス、35~43cm未満のミディアムクラス、43cm以上のラージクラスに分かれているので、同じくらいの体格の子と競うことができます。

ポメチワの環境づくり

ポメチワ 性格

健康に長生きしてもらうためにも、飼育環境を整えてあげましょう。

快適な温度設定

ポメチワが過ごす室内環境は、エアコンや扇風機を活用して快適に過ごせる温度を保ちましょう。快適な温度その子によって異なり、中でも子犬や高齢犬、病気の子などは配慮が必要です。
エアコンの設定に頼るだけでなく、愛犬の様子を小まめに観察したり、温度計を確認して快適に過ごせるようにしましょう。

足に負担がかかりにくい工夫を

ポメラニアンやチワワなどの小型犬種は「膝蓋骨脱臼」になることが多いので、足に大きな負担がかからない工夫をしましょう。ポメチワが過ごす場所の床材は滑りにくいものを選び、階段など段差のある場所には近づかないようゲートを設置しましょう。ソファーなどに上り下りしないようしつけておくことも大切です。
また、爪や足の裏の毛が伸びていると足を滑らせ、転倒したり関節に大きな負担がかかることがあるので、定期的にお手入れしましょう。

誤飲・誤食できない環境を整える

室内飼育の犬に起こりやすいトラブルと言えば、誤飲・誤食です。人の食べ物を食べてお腹が少し緩くなる程度であれば大きな問題にはなりませんが、ビニールやアクセサリーを食べて腸閉塞を起こしたり、薬やタバコ、チョコレートなどを口にして中毒になり、緊急の処置が必要になることもあります。

誤飲・誤食を防ぐためにできること

犬に食べてほしくないものは届かない場所にきちんと保管しましょう。また、日頃から人の食べ物を与えているとテーブルの上にあるものやゴミ箱、キッチンなどに興味を持ってしまい、事故に繋がりやすくなるので、人の食べ物は与えないようにしましょう。
お散歩のときも、拾い食いには要注意です。リードは短めに保持し、愛犬が拾い食いしそうになったらすぐにコントロールできるようにましょう。

ポメチワは甘え上手なミックス犬

ポメチワ 性格

いかがでしたか?ミックス犬は容姿や性格など個性豊かで、成長過程など色々な面で楽しみが多い犬です。ポメチワはやや警戒心が強いので、子犬の頃からたくさんコミュニケーションを取って信頼関係を築き、無駄吠えや噛み癖がつかないようしつけましょう。

  • 更新日:

    2020.12.13

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 江野 友紀
  • 認定動物看護士
  • 地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。 ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。 普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。 ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。