magazine

犬種図鑑
鉛筆アイコン

2020.12.08

寒さに強い犬種って?特徴や知っておきたい注意点を徹底解説!

犬は全身被毛に覆われているので人間より寒さに強いイメージがありますが、犬種によって寒さへの耐性は違います。
北海道や東北地方など真冬の気温が氷点下まで下がる地域もありますが、寒い地域で犬を飼う場合はできるだけ寒さに耐性のある犬種がおすすめです。
そこで、この記事では寒さに強い犬の特徴や犬種、一緒に暮らす際の注意点を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

文:みゆき/ライター

寒さに強い犬種はどんな特徴?

寒さに強い犬種

寒さに強い犬種はどんな犬種?と疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。寒さに強い犬種の特徴としては、以下のようなものがあります。

  • 2種類の被毛に覆われている
  • 体が大きい

具体的に以下でくわしく解説します。

2種類の被毛に覆われている

寒さに強い犬種は2種類の被毛に覆われているという特徴があります。
二重毛は「ダブルコート」と呼ばれ、ひとつの毛穴から硬くて太い毛質のオーバーコートと柔らかな毛質のアンダーコートが生えています。 太いオーバーコートは皮膚を保護してくれ、アンダーコートは皮膚の体温を保持してくれます。
寒さに強いダブルコートの犬種は夏がくる前にアンダーコードがごっそり抜け落ち、冬になる前にまた生えてきます。そのため、一年を通じて抜け毛の量が多くブラッシングが必須です。一方で寒い冬でも一緒に外でのお散歩を楽しみめるのがうれしいポイント。

比較的体が大きい

寒さに強い犬種の特徴として体が大きいことが挙げられ、小型犬種に比べて中・大型犬種の方が比較的寒さに強い傾向があります。
小型犬の場合は体積に比べて表面積が大きくなるので、体表から体温が奪われやすくなってしまいます。しかし中型犬や大型犬の場合は体積に比べて表面積が小さくなるので、体温が変化しにくいのです。そのため、ロシアなどの寒冷地域の犬種には大型犬が多いとされています。

寒さに強い犬種の具体例を紹介

寒さに強い犬種

寒さに強い犬種は体毛がダブルコートで体が大きいという特徴がありますが、ここでは具体的な犬種を紹介してそれぞれ詳しく解説していきます。

柴犬

寒さに強い犬種

日本生まれの柴犬は短毛のダブルコートなので寒さに強い犬種です。古くから日本で暮らしている柴犬は、一年を通じて気温差の大きい日本の気候に対応しています。 柴犬は日本犬の中でもペットとして人気が高い犬種ですが、警戒心が強く主人以外にはあまり懐かない傾向があります。
寒さに強い犬は暑さに弱いことがありますが、柴犬は体がそれほど大きくないので体の熱を逃しやすく夏の暑さにも耐えられます。

この記事もチェック!

ゴールデンレトリーバー

寒さに強い犬種

イギリス生まれの大型犬、ゴールデンレトリーバーは長毛のダブルコートで防水性の高い被毛を持ち寒さに強い犬種です。元々は水鳥を捕まえる猟犬の役割を担っていたため、泳ぎが得意なのも大きな特徴です。
性格は非常に穏やかで忠誠心が強くしつけがしやすいため、介助犬や盲導犬、警察犬として人間の手助けをしてくれています。ゴールデンレトリーバーは寒さに強い犬種ですが寂しがりやのため、屋外で飼うことを検討している場合はいつでも家族の姿が見えるところに犬舎を置いてあげるのがおすすめです。

この記事もチェック!

シベリアンハスキー

寒さに強い犬種

短毛ながら分厚いダブルコートの被毛を持つシベリアンハスキーはマイナス50度の気温にも耐えられるほど寒さに非常に強い犬種です。
シベリアンハスキーは、シベリア地方やカナダのツンドラ地帯が原産。遊び好きで運動量がかなり必要なので、一緒に暮らす場合は十分に運動させてあげることが大切です。

この記事もチェック!

セントバーナード

寒さに強い犬種

密集型で厚いダブルコートの被毛を持つセントバーナードはスイス原産で寒さに強い犬種です。
雪山で遭難者の救助の助けをしていたセントバーナードはたくましい骨格と筋肉が発達していて、深い雪山を進むのに適した体力があります。セントバーナードは寒さには非常に強いですが、夏は猛暑となる日本での生活に適応することはかなり難しい犬種です。そのため、一緒に暮らす場合はしっかりと空調を効かせて室温調整をする必要があります。

この記事もチェック!

ラブラドールレトリーバー

寒さに強い犬種

カナダ原産の大型犬ラブラドールレトリーバーもダブルコートで寒さに強い犬種です。短くて暑い被毛には防水効果があり、元々は人間の漁の手伝いをしていたことから泳ぎが得意なことでも知られています。
性格は穏やかでやさしく、運動能力や知性も高いのでしつけがしやすく社交性が高いのも特徴です。ゴールデンレトリーバーより毛が短いので、頻繁なブラッシングに時間をかけられない人にはぴったりです。

この記事もチェック!

寒さに強い犬種を飼う際に注意したいこと

寒さに強い犬種

厚い被毛に覆われ、大きくて寒さに強い犬種はとても頼もしい反面、一緒に暮らす前に知っておきたいで注意点もあります。
ここでは、寒さに強い犬種を飼う上で注意したいポイントを解説します。

暑さに弱いので対策が必須

寒さに強いダブルコートの犬種は暑さに弱く、体温調整が苦手です。
そのため、一緒に暮らす際は暑い季節の散歩はできるだけ日中を避け、早朝や夜間に出かけることをおすすめします。もし夏の暑い昼間に外出する際は体を冷やせるグッズを活用するようにしてください。室内でもしっかり空調を効かせ、犬の体調を崩さないように管理してあげることが重要です。

寒さに強い犬種でも真冬は寒さ対策が必要

寒さに強い犬種でも、真冬に屋外で過ごしても大丈夫というわけではありません。
そのため、普段は外で飼っている場合も、冬の寒い日は室内に入れてあげるなど対策をとってあげてください。
また、寒さに強い犬種でも歳を取ると関節炎や股関節の病気が進行し、寒さで痛みが増してしまうこともありますので注意が必要です。

寒さに強い犬種も寒さ対策と暑さ対策をしっかり行おう

寒さに強い犬種

ダブルコートで体が大きい犬種は寒さに強い特徴があり、日本の寒い冬にも適応できます。
しかし、寒さに強い反面夏の暑さは苦手な犬が多いのでしっかりと暑さ対策をしてあげてください。 また、寒さに強い犬種でも真冬は愛犬の様子をよく見ながら適度に寒さ対策をすることも大切です。

  • 更新日:

    2020.12.08

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • みゆき
  • ドッグライター
  • 元気いっぱいのブルテリアとともに育ちました。犬の気持ちを理解し、もっと深くコミュニケーションが取れるヒントになる記事を発信していきたいです!