magazine

犬種図鑑

2020.12.03

ダップーってどんな犬?ダックスとプードルを親に持つ人気ミックス犬の特徴

近年では、チワワやトイプードルなどの純犬種のほかに、親犬が違う犬種同士のかけ合わせから生まれた小型のミックス犬(雑種)の人気が高まっています。今回はその中から、ダックスフンドとトイプードルの間に生まれたミックス犬「ダップー」の基本的な情報をご紹介します。

#ダップー / #ミックス犬

Author :KANAKO/トリマー

ダップーは何と何のミックス?

ミニチュアダックスフンドとトイプードル

ダップーと呼ばれるミックス犬は、ダックスフンドとトイプードルのかけ合わせから生まれたミックス犬です。呼び方は、ダップーの他に「プークス」「ドキシープー」などと呼ばれることもあり、歴史が浅いこと・正式な犬種として登録されていないこと等を背景に、その名前は定着していません。ここでは、まずダップーの親犬となるダックスフンドやトイプードルの体型や性格について見ていきます。

ダックスフンド

ダックスフンドと言えば、長い胴と短い足が特徴の犬種です。ちょこちょこと歩く愛嬌のある姿で根強い人気があります。ダックスフンドの中で多いのはミニチュアダックスフンドで、体重は4.5~5kgほどの小型犬です。性格は毛質によっても違いはありますが、活発で飼い主に従順なため、飼いやすい犬種と言われています。

トイプードル

トイプードルは、ぬいぐるみのような顔と様々なカットスタイルを楽しめることで人気があります。賢くフレンドリーな性格をもつ、体重3kg前後の小型犬です。血統書を発行しているジャパンケンネルクラブでは、2008年から犬種別登録頭数1位を取り続けています。

ミックス犬「ダップー」の性格の傾向は?

ダップー

別々の犬種を親犬に持つダップーの性格には、どのような性格の傾向があるのでしょうか?見ていきましょう。

飼い主に忠実で友好的

ミニチュアダックスフンドもトイプードルも猟犬としての歴史があるため、飼い主に忠実です。また、友好的な面もあるので、人やほかの犬種に対しても仲良くできます。ダップーにもその性格が受け継がれているため、しつけがしやすく飼いやすい犬種と言えるでしょう。

活発で遊び好き

活発な性格のダップーは運動量も多いので、毎日の散歩やドッグランなどで思いっきり走らせ、運動をさせてあげましょう。また、遊ぶことも好きなので、時間のあるときには、一緒に遊んであげると喜びます。

ダップーの体型・サイズ・体重

ダップー

体型もサイズも違う犬種同士から生まれたダップーはどのような体型になる傾向があるのでしょうか?

ダップーの体型

ダップーは、ミニチュアダックスフンドに似て胴長短足の子やトイプードルのようなクリクリとカールした毛に長い足の子もいて、現れ方の違いがあります。同じ兄弟でも、まったく違う見た目のダップーもいますね。

ダップーのサイズ・体重

ダップーは親犬の体型の特徴の現れ方が1頭1頭違うため、体重は3~6㎏、体高は20~30㎝と差が大きくあります。ダックスフンドとトイプードルのどちらに似るかによって体型も大きさも違うダップーは、どのように成長するのかを楽しむことも魅力のひとつと言えるかもしれませんね。

ダップーの被毛・抜け毛事情

ダップー

ダップーの被毛の特徴についてご紹介します。

緩やかにカールした被毛

ダップーは、トイプードルのようにカールをした被毛になる子が多いです。ダックスフンドのようにカールがあまりない子でも顔回りの毛は伸びてきます。全身の毛も伸びますので、こまめなブラッシングと、定期的なトリミングが必要です。

抜け毛が少ない犬が多い

ミニチュアダックスフンドは、抜け毛の多いダブルコート。トイプードルは、抜け毛が少ないシングルコートです。ダップーはトイプードルの特徴を受け継いでいる子が多く、抜け毛が少ないコが多い傾向にあります。

ダップーの個性を見極めて

ダップー

ミックス犬は、犬のアレルギーがある方が犬と一緒に生活が送れることを目的として毛が抜けにくいプードルを片親にしていることが多くなっています。そのためプードルを片親に持つダップーも抜け毛が少ない傾向があります。しかしながらまだまだ歴史も浅く、個体差がありますので、犬毎の個性を見極めて最期まで責任を持って育ててあげてください。

  • 更新日:

    2020.12.03

この記事をシェアする