magazine

グッズ

2021.01.15

犬のブランケット選びのポイントとは?オススメ商品6選も

季節を問わず大活躍してくれる犬用のブランケット。幅広い使い方ができるので、何枚持っていても重宝します。この記事では、犬用ブランケットの種類や選ぶときのポイント、おすすめの商品をご紹介します。選ぶ際の参考にしてみてください。

Author :新井 絵美子/動物ライター

犬のブランケットの特徴・用途

犬 ブランケット

はじめに、犬用のブランケットの特徴、メリット、お手入れ方法からご紹介します。

ブランケット特徴・用途

犬用のブランケットは、「こういう風に使う!」と決まっていないので、いろいろな使い方ができます。サイズも素材も実にバリエーション豊富で、季節を問わず使えるので、手元にあると便利です。抗菌加工や防臭加工をされているものがたくさん揃っているのも嬉しい特徴です。

ブランケットのメリット

季節を問わず、あらゆるシーンで活用できるのが大きなメリットです。ブランケットと聞くと、体に掛けて暖めるために使うというイメージですが、折り畳んでベッドとして使う、寝ている時間が長い高齢犬の床ずれ予防として活用、ケージにかけて落ち着ける空間を作るために使うなど幅広い使い方ができます。

また、自宅でだけでなく、屋外のイベントやキャンプで敷き物として使用するのもよいでしょう。加えて、旅行での宿泊先でも活用できます。ペットOKの旅館やホテルなどでも、寝具に直接犬が触れるのをNGとしているところもあるので、ブランケットがあるとなにかと便利です。

お手入れ方法

犬用のブランケットは定期的に洗濯をして清潔に保つ必要があります。目立った汚れがなくても、皮脂汚れなどがついています。また、外から持ち込んだノミダニがついていることもあるかもしれません。

ブランケットを洗う際は、ペット用の洗濯洗剤を使うのが最適です。ペット用の洗剤は、犬特有のにおいを落とす成分や、抜け毛を生地から落ちやすくする成分が配合されているので、汚れやにおい、抜け毛を洗い流してきれいにできます。

犬のブランケットの種類(タイプ)とは?

犬 ブランケット

犬用のブランケットは、以下の4タイプがあります。

体に掛けて使うタイプ

体に掛けたりして使う、いわゆる一般的なタイプです。サイズや厚さ、素材、デザインの全てにおいてバリエーションに富んでいます。

マットタイプ

クッション性がよいマットタイプもあります。あったか素材の厚みのあるものを敷いてあげれば、床からの冷気を防げます。また、介護が必要な高齢犬の床ずれ予防にも役立ちます。

寝袋タイプ

寝袋のような形状で、体がすっぽりと収まるタイプです。冷気が入りにくく保温性に優れているので、寒さが苦手な犬種に特におすすめです。

服タイプ

寒い季節の散歩のときに活用したい服タイプもあります。軽量で、保温性の高い素材で作られたものがたくさん揃っています。

犬のブランケット選びの3つポイント

犬 ブランケット

バリエーションが多いのは嬉しいところですが、それゆえに選ぶのに迷ってしまうこともあるかと思います。犬用のブランケットを選ぶ際のポイントを押さえておきましょう。

ポイント1.用途に応じて選ぶ

まず、何のために使いたいかを明確にして、それに合ったものを選びましょう。例えば、愛犬の体に掛けて使うようであれば、軽量なものが向いています。また、愛犬との旅行先で使いたい場合は、薄めでコンパクトに畳めるものがよいでしょう。このように用途に応じて、愛犬が快適に使用できるもの、使い勝手がよいものを選びましょう。

ポイント2.季節に適した素材を選ぶ

季節に適した素材のものを選ぶことも大切なポイントです。寒い季節に使う場合は、ニットやフリース素材、マイクロファイバー素材などの保温性に優れたものを選びましょう。

一方、夏場に暑さ対策として、ひんやりマットのように愛犬の体の下に敷いて使う場合は、冷感素材のものなどがおすすめです。春夏用のブランケットには、片面が冷感素材でもう片面が通気性のよい素材になっていて、その時々で使い分けられるものもあります。

ポイント3.お手入れがしやすいものを選ぶ

日常使いするものなので、お手入れがしやすいものを選びましょう。なるべくお手入れの手間を減らしたい場合は、洗濯機で丸洗いできるものがおすすめです。また、乾きやすいかどうかもチェックしておきたいポイントです。

犬のブランケット買うなら要チェック!厳選商品6つ

犬 ブランケット

バリエーション豊富な犬用ブランケットの中から、タイプ別におすすめの商品をご紹介します。

春夏に活用したいブランケット

春夏に活用するブランケットは、熱中症対策に役立つひんやり素材のものがおすすめです。

1.冷感素材とパイル生地とで両面使える!

片面が肌触りのよいパイル生地で、もう片面が冷感素材になっており、そのときの状況によって使い分けられるのが魅力です。通気性がよく蒸れにくいので、快適に使用できるでしょう。速乾性に優れているのも嬉しいところです。

2.ひんやり感が気持ちいいマットタイプ

冷感素材を使用したマットタイプのブランケットです。床の上に敷いて使うことはもちろん、愛犬がいつも使用しているベッドに敷いて、ひんやりベッドとして使うこともできます。裏面がメッシュ素材で、蒸れにくいようになっています。

寒さ対策に役立つブランケット

暖房器具と併せて、寒さ対策にブランケットも活用するとよいでしょう。

3.おしゃれで保温性に優れたブランケット

軽量でフワフワのフリース素材を使用したブランケットで、肌触りがよいのが魅力です。繊維の密度が高く保温性に優れているので、暖かく過ごすごさせてあげられます。おしゃれでかわいいスター模様とドット柄の2種類が揃っています。

4.冷気をシャットアウトしてくれる寝袋タイプ

マイクロファイバーフランネル素材を使用し、フカフカで寝心地がよいのが特徴です。繊維同士の密着度が高く暖かい空気を溜め込みやすいので、保温性が高いものを探している方におすすめです。水洗いができ生地に抜け毛がつきにくいことから、お手入れがしやすでしょう。

散歩やお出かけにも使える、服タイプのブランケット

散歩のときに寒さ対策したい場合は、服タイプのブランケットを活用するのがよいでしょう。

5.暖かくて着脱がしやすい!

内側がモコモコのボア生地なので、保温性に優れています。着せるときに頭を通す必要がなく、胸元のスナップボタンを留めるだけなので、普段あまり服を着ないコであっても心配いらないでしょう。

6.軽量で快適な着心地!

軽くて柔らかいポリエステル素材を使用しています。保温性が高いので真冬の散歩時でも暖かく過ごせます。着脱がしやすい、嫌がらずに着てくれるなどの口コミも見られます。

何枚あっても嬉しい犬用のブランケット

犬 ブランケット

犬用のブランケットは、体に掛ける一般的なタイプのほかに、マットタイプや寝袋タイプなどもあるので、違うタイプを揃えて使い分けるのもよいでしょう。素材やお手入れのしやすさもチェックして、愛犬が快適に使えるものを見つけてくださいね。

  • 公開日:

    2020.12.18

  • 更新日:

    2021.01.15

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:新井 絵美子
  • 動物ライター
  • 2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。 過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。