magazine

グッズ

2020.12.27

意外と知られていない犬のドッグタグの活用法!一緒に使うと便利なグッズ3選も

ドッグタグは愛犬が迷子になってしまった時、無事にお家に帰れるよう助けてくれます。愛犬の非常時に大きく役立つドッグタグですが、しっかりと役目を果たすことができるようチェックしたり、お手入れなどが重要になってきます。
ここでは、ドッグタグを購入したら確認すべきことからお手入れの仕方について、一緒に持っているとさらに非常時の備えになる便利グッズまで紹介していきます。

Author :文:関 ゆりな/ドッグライター

犬のドッグタグを購入したら!まずはやるべきこと2つ

ドッグタグ

ドッグタグを購入したら、首輪などに付ける前に確認すべき点が2つあります。

情報があっているか確認する

ドッグタグをしていても、迷子になった時に記載された情報が間違っていたら元も子もありません。購入する際にも、ドッグタグに入れた情報が正確かどうか確認するかとは思いますが、念には念をで愛犬に装着する前にダブルチェックしましょう。
ドッグタグに刻印されている名前や電話番号、住所などの個人情報が間違っていないかしっかり確認します。

金具が緩くないか確認

ドッグタグの金具部分が緩いと愛犬が迷子になってしまった時に、何かの拍子にドッグタグが外れてしまう可能性があります。ドッグタグを愛犬に装着したら金具部分が緩くないか確認し、力が加わっても取れないかチェックしましょう。
フックやリング、チェーンなどの金具が緩い場合は、ペンチなどを使ってジョイント部分をしっかりハマるように調節してください。

犬のドッグタグの上手なお手入れ方法

ドッグタグ

ステンレスや真鍮などの金属製のドッグタグは、長く使用していると茶色くなったり黒ずみができてしまうことも。見栄えが悪いだけでなく、大切な情報が見えなくなってしまう可能性もありますので、定期的にお手入れしてあげるようにしましょう。

布で汚れを拭く

ドッグタグの基本的なお手入れ方法は、アクセサリー用の布やメガネ拭きなどの布で磨くだけで十分です。定期的に磨いておけば、軽度の汚れは拭き取ることができますので、長く使用することができます。
また、雨の日の散歩などで水に濡れてしまった場合は、柔らかい布で乾拭きし、水分が残らないようにしましょう。

重曹を使って磨く

ステンレスや真鍮などは、錆びにくく腐食しにくいものの長年使っていると酸化して黒っぽくなることがあります。そんな時は、重曹と水を1:2で混ぜて優しく擦り、磨くと黒ずみがきれいになります。強く擦ってしまうと傷がつき、そこから錆びつきやすくなりますので、注意しましょう。

犬のドッグタグと一緒に使うと更に便利!おすすめグッズ3選!

ドッグタグ

万が一に備えて、ドッグタグと一緒に持っていると便利なグッズを3つ紹介していきます。

災害時に万全の備えを!おすすめの避難グッズ

ドッグタグが活躍するのは、愛犬が迷子になった時だけでなく災害時も有益です。ドッグタグで災害への備えをすると共に防災グッズを揃えておくとさらに安心できます。

折りたたみ式でかさばらない!エサ皿と水皿に

避難先に持っていくものとして、エサ皿と水皿は必需品です。折りたたみ式のボウルであれば、愛犬の大きさによって高さを調整できます。さらにカラビナ付きなのでバッグや腰などにかけて持ち運んだり、折りたためば荷物の多い避難時でもコンパクトに持ち運ぶことができます。
災害時だけでなく、お出かけや散歩でも重宝するので1セットあると便利でしょう。

避難先でも安心な寝場所を確保できる拡張型リュック

避難所などで寝泊りする必要がある場合、他の人への配慮から犬は中に入れないことがほどんどです。玄関先や外などに犬だけ置く場合が多いので、愛犬が少しでも安心して過ごせるよう過ごし慣れたキャリーバッグがあると便利です。

リュックタイプのキャリーなら愛犬の持ち運びも簡単で、使用しない時はコンパクトに折りたたんで収納できます。さらに拡張して愛犬のスペースが増えるようになるため、楽な姿勢で寝ることができるでしょう。

水が使えなくても大丈夫!舐めても安心なボディタオル

避難先で汚れてしまったり、普段と違う環境や雰囲気がストレスで、粗相をしてしまうこともあります。しかし、災害時は水道が止まることが多く、使える水はとても貴重になるため、水を使わずに体をきれいにできるボディタオルがあると便利です。

厚みのあるウェットティッシュタオルなら、破けることなくしっかりと拭くことができます。ノンアルコールで、消臭成分には天然の柿タンニンと茶葉エキスを使っているので、愛犬が舐めてしまっても安心です。

万が一に備えてドッグタグの点検を定期的に行おう

ドッグタグ

ドッグタグは、愛犬のもしもに備える有効なアイテムですが、黒ずんで情報が見えなかったり、ドッグタグ自体が外れてしまっては、意味がなくなってしまいます。
愛犬にドッグタグを装着してからも、お手入れと外れやすくなっていないかの点検を定期的に行うようにしましょう。

  • 更新日:

    2020.12.27

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 関 ゆりな
  • ドッグライター
  • ビションフリーゼのココメロとのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。 長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。