magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの

2020.12.30

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.39

パートナーに優しいレシピ|愛情の定義/「獣医ドリトル」より

築き上げてきた世界のもろさを目の当たりにした2020年。それでも街は、新しい年を迎える華やかさを感じられるようになってきました。
今日はいつもと少し内容を変えて、私が以前から愛読している「獣医ドリトル」のお話をさせていただきたいと思います。
自分の愛犬への愛情を振り返った時、何をもって「愛情を注げている」と判断できるのか。それを推し量るきっかけになった作品です。

#パートナーに優しいレシピ

さのさえこ/ドッグライター

ドラマで知った「獣医ドリトル」の世界

犬 手作り食 レシピ

「獣医ドリトル」は、2010年にTBSテレビ系列で連続ドラマとして放送されました。

「獣医はビジネスだ」と冷徹に言い放ちながら、誰よりも動物を想っている敏腕獣医師で主人公の鳥取健一(ドリトル)を小栗旬さん、ドリトルの動物病院で働く看護師、多島あすかを井上真央さん、ドリトルの大学時代の親友で、大きな動物病院の院長を務める花菱優を成宮寛貴さんが演じました。

原作は夏緑さん、コミックでは作画をちくやまきよしさんが手掛けています。

ドリトル先生の鋭い一言が魅力的な作品

この作品には「嫌だなぁ」「こんな人にはなりたくないなぁ」と思う飼い主がたくさん登場します。そんな飼い主に、ドリトルは痛烈な言葉を投げかけます。

言葉で訴えられない動物たちの代弁者として、そして時には、どうしようもない苦痛を抱えた飼い主の救世主として、たったひとつの小さな命に全力で向かい合うドリトルの言葉がストレートに心に響きます。

どこにでもいそうな困った飼い主が、少しずつ「気づき」を覚える過程がとてもリアルで、思わず見入ってしまうストーリー展開です

本当の動物の生態を知ることができる作品

もう一つ私がこの作品を好きな理由に、動物の真の姿を知ることができるということがあります。野生動物が置かれた現状、動物種による特性と、その動物と共存する人間のあるべき姿などが、この作品ではとても丁寧に描かれています。

ヒューマンドラマという枠を超えて、この世に生を受けた生き物たちがどのような世界でどんな生き方をしているのか、そして人間が支配するこの地球でどのように人類と関わらなくてはならないかも知ることができます。

でも決して難しい作品ではなく、キャラクターたちが楽しく真剣に、時には失敗したり悩んだりしながら、わかりやすく教えてくれます。

獣医ドリトルvol.3「ワクチン」より

犬 手作り食 レシピ

私が獣医ドリトルの中で印象に残っているお話をご紹介します。このお話は構成を変えてドラマで放送されたものです。

あらすじ

  • 主人公は猛烈サラリーマンの男性で、ミニチュアダックスを飼っています。
  • 仕事が忙しいからと母親の見舞いも行かず、愛犬のフィラリア予防薬をもらいに動物病院を訪れることもしません。
  • 通りすがりの散歩中の飼い主からフィラリア予防薬をもらった飼い主。
  • 「予防薬なんておまじないと同じ」と、愛犬に飲ませます。そして深刻な事態に……。
  • 実はその子はフィラリア症にかかっていたのです。

病気の原因は大量のフィラリアではない

愛犬が瀕死の状態になって初めて、ドリトルの病院に駆け込んだ飼い主の男性。手術によって取り出された大量のフィラリアの死骸を見せられて「これが病気の原因だったのか」と顔をしかめます。しかしドリトルは言います。

「いや、違うな。原因はあんたさ」

想定外の言葉を浴びせられた飼い主は反論します。自分はとても可愛がっているし、時間のある時は散歩だってしている、と。

「愛情」とは自分の時間を割いて与えること

「自分の都合のいい時だけ可愛がることが愛情といえるのか?愛情というのは自分の時間を犠牲にしても少しずつでもいいから、毎日相手に時間を割いてやることだぞ。」(本編より抜粋)

ドリトルの言葉を聞き、飼い主は、幼い頃、母親が眠れずにむずがる自分を背負って、何時間も歩き回ってくれたことを思い出しました。家事や育児で疲れた母親が自分のために割いてくれた時間。それこそが本当の愛情であることを知った時、飼い主は自分のこれまでの行いを心から悔やみました。

自分の時間をどれだけ「割けている」か

犬 手作り食 レシピ

「ワクチン」に登場する飼い主の男性は、愛犬を想う気持ちを表現するのは「自分の時間を割いて与えること」だと気づき、それが愛情だと定義しました。

でも場合によっては、それが叶わないこともあります。やむを得ず我が子を里親に出さなければならなかった方、どうしても自分が先立たなくてはならない方、逆に大好きな我が子を失ってしまった方、我が子を想っても時間を割いてあげられない方にも、必ずそこに愛情は存在します。

我が子の幸せを願う心が愛情の定義

この子が幸せであるために何ができるだろう、と考えてあげられることが、私は愛情なのかなぁと思います。
願うことしかできなくても、その子を想うことに費やした時間が、きっと愛情です。

そう考えると、手を伸ばせば触れられるところに幸せを願う愛犬がいてくれるというのは、とても幸せなことです。自分の手で幸せにしてあげられるチャンスが目の前にあるのですから。

同じ空間で過ごせる時間を大切にしたい

フルタイムで働いていると、平日にうちのコと過ごせる時間は3~4時間しかありません。でもわずかな時間をできるだけこの子のために使いたいと思います。たくさん歩きたければ一緒に色んなところを散歩して、ボール遊びをするなら一緒にテンションを上げて遊び、ベッドではしゃぐならお腹をこちょこちょしたい。

一緒に食べて、一緒に寝て、短い時間を一緒に共有することが、私にできる唯一の愛情表現のように思います。

「大晦日の不思議な訪問者」と年越しそばを

犬 手作り食 レシピ

今回のレシピは、獣医ドリトルの18巻「大晦日の不思議な訪問者」をヒントに、ワンコ年越しそばを考えてみました。

このお話は、亡くなったペットを想って大晦日に集まる元飼い主さんたちを巡ってストーリーが展開します。

大切なパートナーの動物たちを見送った飼い主さん(私もその1人です)、今年の大晦日はその子たちのことも想いながら、今あなたの横で温もりをくれる犬たちと一緒に年越しそばを食べてみませんか?

もしかしたら遠い空からあの子たちが帰って来てくれるかもしれませんね。

馬肉と鶏ひき肉で作る「年越しそば」

我が家の年越しそばのレシピをご紹介します。
※量は愛犬に合わせて調整してください。

材料

  • 馬肉
  • 鶏ひき肉
  • すりおろしニンジン(薬味)
  • オクラみじん切り(薬味)
  • 鶏ガラスープ

作り方

  1. 馬肉と鶏ひき肉をペースト状にして混ぜ合わせる
  2. 1.をジップロックなどの丈夫な保存袋に入れる
  3. 保存袋の角を3ミリほどカットする
  4. 鍋にお湯を沸かす
  5. 沸騰したら、保存袋の穴から肉を絞り出す(麺のように細く出てきます)
  6. 鶏ガラスープを器に入れておく
  7. ゆで上がった麺を器に盛る
  8. すりおろしニンジンとみじん切りのオクラを薬味代わりに添えて完成

レシピのポイント

  • 犬にそばはNG食材ではありませんが、うちのコはそばを食べないので肉そばにしてみました。
  • 鶏ガラスープは、以前鶏ガラを買って作ったスープです(市販の鶏ガラスープではありません)。
  • 麺がくっつくのを防ぐため、フライパンのような平たい鍋の方がうまくゆでられます。
  • うちのコの動画は1.5倍速でご覧ください。たくさん作り過ぎて長くなってしまいました。
この記事もチェック!

本当の愛情は犬が一番良く知っている

犬 手作り食 レシピ

人間には、愛犬と過ごす以外にやらなければならないこと、やりたいことがたくさんあります。でも犬にとっては飼い主さんとの世界がすべてです。いつも一緒にいたい、いつも見えるところにいてほしい、そんな風に考えているような気がします。

失われることのない永遠の愛情をくれる犬たち。それを感じることができるのが、犬と暮らす人間の最大の幸せではないでしょうか。もしかしたら、愛情の定義を一番理解しているのは、人間ではなく犬の方かもしれませんね。

  • 更新日:

    2020.12.30

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。