magazine

犬の生態 / 気持ち

2020.11.16

フレーメン反応ってなに?犬がニオイを嗅いでフリーズする理由

犬が強い臭いや悪臭を嗅いだ後に、口をパクパクさせたり、目や口を見開いてボーッと固まってしまうような行為を見たことがあるでしょうか。臭いに驚いているように見えますが、実はこれには犬の本能的な理由があるのです。
今回は、このフレーメン反応と呼ばれる行為の正体と、実際にフレーメン反応を見せている犬たちの動画をご紹介していきます。

Author :監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:桜井 あゆみ/ライター)

この記事をシェアする

犬が異臭を嗅いで変顔?フレーメン反応とは

フレーメン反応 犬

愛犬が何かの臭いを嗅いだ後、目と口を見開いてボーッとするような行為を見たことはないでしょうか?

これはフレーメン反応と言い、一部の哺乳動物が臭いに反応して起こす生理現象です。犬だけでなく、猫やうさぎ、馬などもフレーメン反応を起こします。

動物によって表情はさまざまですが、犬は口をパクパクさせたり、猫はしかめっ面をしたり、馬は笑っているように見えたりします。

フレーメン反応を起こす理由

フレーメン反応は、犬がフェロモンを嗅ぎ分ける時に起こる現象です。

犬は、口内上部の裏側にある「ヤコブソン器官」と呼ばれる嗅覚器官へ、臭いを送り込むことによりフェロモンを感知し、目の前の人や物が安全であるかどうかをチェックします。そのため、嗅いだことのない香りや強い臭いにフレーメン反応を起こすと考えられています。

この時、鼻だけではなく口からも臭いを吸い込み微細なフェロモンを嗅ぎ分けようとするため、笑っているように見えたり、ポカンと口を開けた状態になってしまうのです。

病気なのではないかと心配してしまう方もいるかもしれませんが、これは犬にとって自然な現象であるため、安心して見守ってあげましょう。

フレーメン反応は人間にも起こる?

フレーメン反応は、犬だけではなくその他の哺乳動物にも起こりますが、人間に起こることはありません。人間のヤコブソン器官は、胎児期には存在しますが、出生後には退化してしまいます。そのため、人間はフェロモンを感知する能力がなく、フレーメン反応を起こすことがないのです。

フレーメン反応は犬にとって重要な行為

フレーメン反応 犬

犬は嗅覚に優れており、フェロモンのような臭いのない化学物質でさえも敏感に感じ取ることができます。人間は言葉や表情、ジェスチャーなどでコミュニケーションを取りますが、犬はこの鋭い嗅覚を使い、さまざまな情報伝達をおこなっています。

そのため、フレーメン反応は、犬が生き抜くための重要な行為の一つであると言えます。

犬の嗅覚

犬にとって、嗅覚はとても重要な機能の一つです。犬の視力はもともとそこまで良くありませんが、その代わりに嗅覚で多くの情報を得ています。

さまざまある臭いの中から特定の臭いだけ分析できたり、濡れた鼻先で風向きを感知し、臭いの方向を特定することもできるのです。また、犬の嗅覚は人間の100万倍とも言われています。

フェロモンの重要性

犬は、相手の尿や皮膚などから放出されるフェロモンを感知することによって、他の動物たちとコミュニケーションを取っています。

犬が、他の犬のおしりをしきりに嗅ごうとするのを見たことがありませんか?これは、フェロモンを嗅ぎ取り、その犬が魅力的な異性であるかどうか、または危険な相手ではないかを知るための行為なのです。

また、犬は他の動物のフェロモンを感知することで、テリトリーや自分の社会的地位を確立しています。犬が尿や皮膚の臭いを自分のテリトリーに残そうとするのも、相手に自分の情報を伝達するための手段なのです。

【動画】実際に犬や猫、馬のフレーメン反応を見てみよう

フレーメン反応 犬

犬や猫が、フレーメン反応を起こしているのを見たことがない方もいるかと思います。また、動物によってその表情は異なるため、それぞれの動物がどのようなフレーメン反応をするのか、実際に見てみましょう。

犬のフレーメン反応

散歩中、歩きながらフレーメン反応を起こす犬の様子です。枯れ草の中から異臭がしたのでしょうか。口をパクパクさせながらフェロモンを感知しています。

猫のフレーメン反応

部屋の床のにおいを嗅いだあとに、フレーメン反応を起こす猫の様子です。目と口を見開いて、しばらく固まっています。においに驚いて、口をあんぐりさせているようにも見えますね。

馬のフレーメン反応

餌を食べた後にフレーメン反応を起こす馬の様子です。嗅ぎ慣れないにおいの食べ物だったのでしょうか。上唇を引き上げてフェロモンを確認しています。なんだか笑っているようにも見えます。

フレーメン反応は犬の本能的行動

フレーメン反応 犬

フレーメン反応は、犬の本能的行動であるフェロモンを嗅ぎ分ける際に起こる現象です。そして、犬にとってフェロモンを感知することは、コミュニケーションや情報を伝達するための手段の一つです。

そのため、フレーメン反応を起こすことは、犬にとって自然なことであると同時に、重要な行為であるとも言えます。

愛犬のフレーメン反応がかわいくて、何度も見たくなってしまうかもしれませんが、あえて強いにおいを嗅がせることは、嗅覚の鋭い犬にとって強いストレスになります。犬の本能を理解し、無理ににおいを嗅がせたりしないようにしましょう。

  • 更新日:

    2020.11.16

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • 監修者:葛野 莉奈
  • 獣医師、かどのペットクリニック 院長
  • 麻布大学卒。2015年より神奈川県内にてかどのペットクリニックを開業。ながたの皮膚科塾を卒業し、普段の診療でも皮膚科には力を入れております。 私生活では犬8頭と猫2匹と生活しているので、一飼い主として、そして獣医師として飼い主さんと動物たちとの生活がよりよくなることに少しでも貢献できると嬉しいです。