magazine

チワワ犬が錠剤を飲む
健康管理 / 病気

2020.11.13

犬に正露丸は中毒症状を招く!絶対に与えてはいけない理由と対処法

犬が下痢をしたときに、正露丸をあげて様子をみようかな、と考えたことはありませんか?正露丸を犬に与えることは大変危険で、消化器官を傷つけたり、中毒になることがあります。ここでは、犬に正露丸を与えてはいけない理由や与えてしまった場合の対処法、食べた場合に考えられる症状についてご紹介します。

Author :監修:加藤 みゆき/獣医師(文:江野 友紀/認定動物看護士)

犬に正露丸を与えてはいけない

子犬が錠剤薬を与えられる

正露丸には、昔ながらの正露丸の他、においがしない正露丸糖衣A、液体カプセルの正露丸クイックCがあります。どの正露丸であっても、犬に与えることは危険です。

正露丸に限らず、自己判断で薬を与えることは危険

ドラッグストアなどで入手できる市販薬は、人間にとって有用であっても犬にとっては有害なものがたくさんあります。正露丸も、犬に与えて良いものではありません。
特に人間用の風邪薬や消炎鎮痛剤は犬の身体に悪影響を与えるものが多く、飼い主さんの判断で与えることは危険です。

人用の胃腸薬で犬に使用できるものはある?

人の整腸剤で有名な「ビオフェルミン」は乳酸菌が主成分で、安全性の高い薬です。動物用のビオフェルミンもありますが、人用を与えても問題はありません。
一般的に家庭に常備されていることの多い「ビオフェルミンS」は抗生物質と一緒に与えるとビオフェルミンの効果が得られなくなってしまうので、抗生物質と併用する場合には耐性乳酸菌を配合した「ビオフェルミンR」を与えましょう。また、使用するときには獣医師に相談してからにしましょう。

犬に正露丸を与えてはいけない理由

ダルメシアン犬が家の床に寝そべっている

犬に正露丸を与えてはいけない理由をご紹介します。

中毒を起こしたり、胃を荒らす

正露丸の主成分は木材を乾燥させてできた「木クレオソート」という淡黄色透明の液体で、そのほかアセンヤク末やオウバク末などの生薬が加えられています。
木クレオソートはフェノールやクレゾールなどの複数の成分から成っていますが、犬はこれらの成分をうまく代謝できないため薬物が体内に長く留まり中毒になってしまいます。
また、木クレオソートには腸内細菌をやっつける働きがありますが、犬が摂取すると胃壁を荒らし、消化器に強いダメージを与えてしまいます。

様子見で病気が進行することがある

犬の下痢の原因は多岐に渡り、食べ過ぎなどによる単純なものもあればウイルスや細菌、寄生虫などの感染症、腫瘍などの重い病気からくるものなどがあります。適切な治療を受けなければ重症化するような病気が原因だった場合には、正露丸で様子を見ているうちにどんどん進行してしまいます。

犬に正露丸を与えてしまった場合の対処法

犬と家族でキャンプ中

犬に正露丸を与えてしまった場合、次のように対処しましょう。

動物病院に連絡する

正露丸の量によっては、中毒を起こしてしまいます。かかりつけの動物病院に連絡し、食べた正露丸の量や時間をなるべく正確に伝え、指示を仰ぎましょう。正露丸にもいくつかの種類があるので、動物病院を受診する際には正露丸を持参すると良いでしょう。

病院に行けないときは、絶食する

正露丸を食べてしまった場合、食べた量が少なければ、絶食することで回復するケースもあるようです。動物病院に行けない場合は、一日絶食して様子を見ましょう。
ただし、犬の様子がおかしい場合は緊急を要することもあります。夜中であれば夜間救急を受診する、車が無ければタクシーを利用するなどして、すぐに動物病院を受診しましょう。

犬が正露丸を食べた場合に考えられる症状

チワワ犬が寝ている

犬が正露丸を食べたときに考えられる症状をご紹介します。

消化器症状

正露丸に含まれる木クレオソートが胃壁を荒らし、下痢や軟便、嘔吐などの消化器症状を引き起こすことがあります。

腎症害

腎臓には、体内で不要になった老廃物や毒素を尿に排出したり、造血ホルモンを分泌して骨髄で赤血球を作らせたり、血圧を調整するホルモンを作る役割があります。
中毒により腎臓が障害を受け、十分に機能しなくなると突然ぐったりする、尿量が著しく減る、食欲不振、下痢、嘔吐などの症状が見られ、重症化すると痙攣したり、意識障害が起こり死に至ることもあります。

肝障害

肝臓は再生能力が高く、障害を受けても病状が現れにくいため「沈黙の臓器」とも呼ばれています。栄養素の分解や合成・貯蔵を行ったり体の中に入ってきた毒素を分解して無毒化する役割があります。
中毒によって肝臓が障害を受けると、食欲や元気が無くなる、ぐったりする、黒い下痢、嘔吐、黄疸(目の白目の部分や皮膚が黄色くなる)などの症状が見られます。

犬に正露丸は、絶対に与えないで

ハスキー犬が飼い主を見上げている

犬が下痢をしたとき、正露丸は絶対に与えてはいけません。飼い主さんが良かれと思って与えても、犬にとっては有毒です。正露丸以外にも、犬に与えると危険な人間用の薬はたくさんあります。自己判断で薬を与えるのではなく、犬の体調に異変を感じたらまずは動物病院を受診し、原因に合った治療を受けましょう。

  • 更新日:

    2020.11.13

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • 監修者:加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。