magazine

犬とチョコレート
食べもの

2020.11.08

【獣医師監修】チョコレート中毒になる理由とは?症状や治療法について解説

私たちが日常的に口にするチョコレートが、犬にとっては危険な食べ物ということは有名です。甘い匂いにそそられて、犬がチョコレートを欲しがることがあるかもしれませんが、もちろん与えてはいけません。なぜ、人が食べても問題の無いチョコレートを犬が食べることができないのでしょうか?ここでは、犬がチョコレート中毒になる原因や実際の症状・治療法・予防法についてご紹介します。

#チョコレート

Author :監修:加藤 みゆき/獣医師(文:江野 友紀)

犬のチョコレート中毒の症状とは?

チョコレート中毒

人には無害なチョコレートですが、犬が摂取するとチョコレートに含まれるテオブロミンという物質が中毒症状を引き起こします。チョコレートの甘い匂いや味を好む犬は多く、飼い主さんが目を離した隙に大量に食べてしまい、中毒になることは少なくありません。

チョコレート中毒の主な症状

軽度の場合は下痢や嘔吐などの消化器症状で済みますが、大量に摂取すると不整脈、興奮、震え、けいれん、尿失禁、心臓発作など重篤な症状が見られ、最悪の場合、命を落とすこともあります。

症状が現れる時間は、チョコレートを摂取後1~12時間ほどと個体差がありますが、テオブロミンの毒性は犬の体内で72時間続くとも言われているので、翌日以降も犬の様子を注意深く観察する必要があります。

他の犬や人にうつる?

犬のチョコレート中毒は、チョコレートの原料であるカカオを摂取することにより引き起こされるものでるため、他の犬や人にうつるといった心配は要りません。

チョコレート中毒の原因とは?

チョコレート中毒

それでは、なぜ犬はチョコレート中毒になってしまうのでしょうか?チョコレート中毒の原因になる物質と、かかりやすい犬種や年齢についてもご紹介します。

チョコレート中毒の原因物質

チョコレートの原料となるカカオ豆には、犬に対して毒性や薬理作用を起こすアルカロイドの一種であるテオブロミンという物質が含まれています。人はテオブロミンを簡単に代謝できますが、犬の代謝速度ははるかに遅いため、中毒になってしまいます。

カカオの含有量が多いほど中毒を起こしやすいため、チョコレートの中では、ビターチョコ・ミルクチョコ・ホワイトチョコの順に中毒を起こす可能性が低くなります。また、カカオ豆を含むココアや焼き菓子、アイスクリームなども中毒の原因になりますので注意しましょう。

かかりやすい犬種や年齢

チョコレート中毒はどの犬種でも起こりますが、危険性は犬の体格などにより違います。子犬や小型犬がチョコレートやカカオ製品を大量に摂取した場合は、死に至る場合もあります。

また、若齢犬は好奇心が強いことや、飼い主さんが飼育管理に慣れていないことから、チョコレートに限らず誤食の事故が多い傾向にありますので、子犬の頃からしつけをしっかり行なうようにしましょう。

犬のチョコレート中毒の治療法とは?

チョコレート中毒

残念ながらチョコレート中毒に特効薬はありません。摂取してから時間が経っていない場合は、吐かせるための処置(催吐処置)をします。チョコレートは溶けると粘着性を持ち、吐かせても容易に胃から除去することはできません。必要に応じて胃洗浄の処置が施されます。

その他の対症療法として、テオブロミンを吸着して消化管からの吸収を抑える活性炭の投与やけんれんに対する抗けいれん薬、点滴などが行われます。

治療にかかる費用

症状の程度によって必要な処置が変わることなどから一概には言えませんが、診察や血液検査、点滴、投薬などに一日当たり10,000~15,000円くらいの治療費用がかかると考えられます。治療法や治療費については動物病院に直接確認しましょう。

犬のチョコレート中毒の予防法とは?

チョコレート中毒

チョコレート中毒を防ぐためには、何と言ってもチョコレートやココアなど、カカオを含んだものを愛犬が食べられない環境をつくることが大切です。飼い主さんが出かけている間にテーブルの上にあったチョコレートを見つけて食べてしまったり、犬が欲しがる様子を見た子供やお年寄りが誤って与えてしまうこともあります。家族全員でしっかりと意識して整理整頓をしていきましょう。

なお、チョコレートを使ったお菓子やケーキも注意が必要です。ホワイトチョコレートはカカオを使用していない物もありますが、微量に含まれていることがありますので与えるのはやめておきましょう。

再発する可能性

チョコレート中毒は早急に適切な治療を受ければ、比較的予後は良好です。犬がチョコレートを口にしないよう、誤食の再発防止に努めましょう。

犬のチョコレート中毒との向き合い方

チョコレート中毒

犬のチョコレート中毒に対して飼い主さんに出来ることは、チョコレート製品を犬に食べられないようにきちんと管理すること、そして万が一口にしてしまった場合には早急に動物病院に連絡し、指示を仰ぐことです。
受診する際には残ったチョコレートがあれば持参し、食べた量や時間、包装紙を食べた可能性などを獣医師に正確に伝えるようにしましょう。

  • 更新日:

    2020.11.08

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • 監修者:加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。