magazine

食べもの

2020.11.05

【獣医師監修】犬が「玉ねぎ中毒」になるのは何故?与えてはいけない理由・症状と対処法

「犬に玉ねぎを与えてはいけない」という話は有名ですが、なぜ与えてはいけないのか?理由を言える方はなかなか少ないですよね。玉ねぎを犬に与えてしまうと、果たしてどのような状態になってしまうのでしょうか?ここでは、犬に玉ねぎを与えてはいけない理由をはじめ、「玉ねぎ中毒」の原因や治療法・予防法をご紹介します。

#玉ねぎ

Author :監修:加藤 みゆき/獣医師(文:江野 友紀/認定動物看護士)

この記事をシェアする

犬の「玉ねぎ中毒」とは?

玉ねぎ中毒

犬の玉ねぎ中毒とは、犬が玉ねぎに含まれる『有機チオ硫酸化合物』という成分を摂取することによって貧血を引き起こす中毒のことを言います。玉ねぎの実の部分だけでなく、皮・葉・根っこも中毒の原因になります。また、玉ねぎだけでなく長ネギやニンニク・ニラなどのネギ類にも同様に中毒を起こす成分が含まれています。

玉ねぎ中毒の初期症状

万が一、犬が玉ねぎを食べて「玉ねぎ中毒」になっている場合、初期症状としては元気が無くなる、下痢、嘔吐、食欲不振、発熱などの症状が見られます。

重度になるとケイレンや震え、貧血や血尿、血便、吐血、皮膚や粘膜が黄色くなる(黄疸)、口の粘膜や舌が白くなる(可視粘膜蒼白)、脈や呼吸が速くなるなどの症状が見られ、最悪の場合、死に至ってしまうこともあります。

他の犬や人にうつる?

玉ねぎ中毒は、玉ねぎに含まれている犬にとって有害な物質を摂取することで引き起こされるため、他の犬や人にうつるということはありません。

犬が「玉ねぎ中毒」になる理由・原因

玉ねぎ中毒

犬の「玉ねぎ中毒」には原因となる物質があります。また、かかりやすい犬種や年齢も合わせてチェックしていきましょう。

玉ねぎ中毒の原因物質|1.有機チオ硫酸化合物

血液中のヘモグロビンは酸素を運搬する役割を担っていますが、玉ねぎに含まれる「有機チオ硫酸化合物」は赤血球に含まれるヘモグロビンを酸化させることにより、ヘモグロビンと酸素の結合を妨ぎます。その結果、血液から酸素を供給できなくなり、酸素と結合していない赤血球は構造異常を呈して壊れてしまい「溶血性貧血」という状態になります。

人間が摂取しても体内で分解できるので問題になりませんが、犬は有機チオ硫酸化合物を代謝する酵素を持っていないため中毒症状を引き起こしてしまいます。

玉ねぎ中毒の原因物質|2.アリルプロピルジスルフィド

玉ねぎなどのネギ類特有の匂いの元になるのが「アリルプロピルジスルフィド」です。「アリルプロピルジスルフィド」は「有機チオ硫酸化合物」の吸収力を高める働きがあるため、中毒症状の原因になるとされています。

かかりやすい犬種や年齢

「玉ねぎ中毒」はどの犬種や年齢でも起こり得る中毒症状ですが、体重1kg当たり5~10g以上の玉ねぎを摂取すると要注意と言われています。中毒物質に対する感受性は個体によって異なるため、目立った症状が見られないこともありますが、柴犬や秋田犬などの日本犬は少量でも中毒を起こしやすいと言われています。

犬の「玉ねぎ中毒」の治療法はある?

玉ねぎ中毒

まずは口の中をチェックし、玉ねぎのかけらが残っていれば取り除き、ガーゼなどで拭き取りましょう。そして、すぐにかかりつけの病院へ相談しましょう。

「玉ねぎ中毒」には特効薬というものがありません。処置は主に、摂取した毒物の除去(食べたものを吐かせる催吐処置)や胃洗浄、輸液などの赤血球の酸化をおさえるための治療や輸血です。

塩やオキシドールで吐かせるという方法を耳にしたことがあるかもしれませんが、胃や食道の粘膜を荒らしたり、吐いた物が気管に入ったり、塩中毒になり命を落とす危険性もありますので、自宅で吐かせようとすることは絶対にやめましょう。

治療にかかる費用

症状の程度にもよりますが、血液検査・皮下点滴・投薬などに1日当たり約10,000円かかると考えられます。
無症状の場合や軽度の場合は1日の通院で済むこともありますが、血尿や貧血などの症状が著しく、入院や輸血が必要になれば治療費も高額になります。治療法や治療費については動物病院に直接確認しましょう。

犬の「玉ねぎ中毒」の予防法とは?

玉ねぎ中毒

玉ねぎ中毒は、玉ねぎそのものや玉ねぎの成分が溶けだした料理を口にすることで引き起こされます。

日本では炒め物や煮物、サラダ、スープなど和食から洋食まで幅広いメニューで使われているため、うっかり与えてしまわないように細心の注意を払いましょう。ドレッシングやソース、ベビーフードに含まれていることもあるので要注意です。犬にとって有害な「有機チオ硫酸化合物」は、加熱によって壊れることはありません。

普段から人の食べ物を与えず、玉ねぎや玉ねぎを使った料理に興味を持たせないようしつけることも大切です。

再発する可能性

玉ねぎ中毒は早急に適切な治療を受ければ、比較的予後は良好で数日で治るとされています。犬が玉ねぎを口にしないよう、再発防止に努めましょう。

犬の「玉ねぎ中毒」との向き合い方

玉ねぎ中毒

犬が玉ねぎ中毒になると貧血になり、最悪の場合には命を落としてしまうこともあります。玉ねぎや玉ねぎを使った料理を犬の届かない所に保管したり、犬の行動に注意を払い、中毒を防ぎましょう。そして、万が一愛犬が口にしてしまった場合にはすぐに動物病院に相談しましょう。夜間でも相談できる動物病院を見つけておくのがいざというときに落ち着いて行動するための準備と言えますね。

  • 更新日:

    2020.11.05

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • 監修者:加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。