magazine

健康管理 / 病気

2020.11.01

犬の歯石除去は死亡事故のリスクあり?実際の事例も【獣医師監修】

犬の歯石除去は麻酔をして行うのが一般的ですが、麻酔のリスクがない無麻酔で行っている動物病院もあります。しかし、無麻酔だからといって100%安心というわけではなく、麻酔の有無を問わず、犬の歯石除去で死亡事故が起きています。
今回は、犬の歯石除去について詳しく解説していきます。また、過去に起きた死亡事例を踏まえ、愛犬の歯石除去をする際に飼い主が考えるべきことも頭に入れておきましょう。

Author :監修:加藤 みゆき/獣医師(文:新井 絵美子/動物ライター)

この記事をシェアする

犬の歯石除去に対する考え方は獣医師の間でも分かれる

犬 歯石 除去 死亡

犬の歯石除去に対する考え方は獣医師の間でも分かれます。そのため、犬の歯石除去を麻酔下で行う獣医師と、無麻酔で行う獣医師(※麻酔あり・無麻酔の両方をしている場合もあり)がいます。

犬の歯石除去に対する考え方

麻酔派・無麻酔派それぞれの見解について見ていきましょう。

麻酔派

麻酔をして歯石除去をすることには、犬の肉体的・精神的な負担の軽減、細かな箇所まで処置が可能、口の中を傷つけるリスクが低いなどのメリットがあります。

歯石除去には、先端部が尖ったスケーラーを用いて行うことから、犬が嫌がって動いてしまうと口の中を傷つけてしまいます。加えて、犬にとって長時間、口を開けた状態を保たなければならないのは大きなストレスです。

しかし、麻酔をして体が動かない無意識下の状態で処置をすれば、口の中を傷つけるリスクが低いほか、痛みや恐怖を与えずに済むので、犬の肉体的・精神的な負担を軽減できます。

また、歯石除去は歯の表面だけでなく、歯と歯肉の間の歯周ポケット内も行います。さらに、スケーラーで歯石を除去したあとは、歯の表面に細かな凹凸が残っているため、専用の研磨ブラシで歯の研磨(ポリッシング処置)をして歯石が付着しにくい歯にします。これらはとても細かい作業なので麻酔をしないとできません。

さらに、非麻酔下での処置のように、犬が動かないように強く保定する必要がないため、強すぎる保定による事故も防げます。

このような理由により、多くの獣医師が歯石除去には麻酔が必要と考えているのです。

無麻酔派

無麻酔で歯石除去を行うメリットは、体への麻酔の負担やリスクがないことです。特に、高齢の犬は麻酔によるリスクが高まるので、麻酔なしでの歯石除去を希望する飼い主さんも少なくありません。

また、基礎疾患を持っている犬は、そもそも麻酔をかけられないということもあります。そのため、無麻酔での歯石除去を行っている動物病院もあるのです。

無麻酔による歯石除去の否定派

日本獣医学会や日本小動物研究会は、無麻酔での歯石除去は危険だとして警鐘を鳴らしており、実際のところ、無麻酔での歯石除去を推奨していない獣医師も少なくありません。

多くの犬は、口の中にスケーラーを入れると嫌がり必死に抵抗します。そのため、犬が動いしまうと歯肉や舌、唾液腺や血管が容易に傷つきます。また、顎の骨を骨折したというトラブルも実際に起きています。

処置時の痛みや恐怖を我慢しなければならない状態は、犬にとって大きな苦痛です。嫌な記憶が残ってしまうと、デンタルケアをすることが困難になってしまうこともあり、口を触ろうとすると極度に嫌がるようになったというケースも見られます。

加えて、先述の通り無麻酔では、歯周ポケット内の歯石除去や歯面研磨はできないので、歯周病が進行していく可能性があります。また、歯面に凹凸が残ったままだと歯石がつきやすくなります。

このようなデメリットがあるため、無麻酔での歯石除去に対して否定的な見解があるのです。

過去に起こった犬の歯石除去の死亡事故

犬 歯石 除去 死亡

犬の麻酔による死亡リスクは、健康な犬で0.05%、全身疾患がある場合は1.33%と報告されています。この確率が高いのか低いのかですが、参考までに人間が年間で交通事故に遭う確率は0.9%ほどです。それを考えると歯石除去による死亡率は極めて低いと言えます。とはいえ、残念ながら過去に死亡事故が起きているのも現状です。

施術中に起こった死亡事例

無麻酔での歯石除去をしている途中で、以下のような死亡事故が起きています。

窒息死により死亡

2018年に、ドッグハイジニスト(犬のデンタルケアを行う認定資格保有者)による無麻酔の歯石除去をしている最中に、11歳のチワワが死亡した事故が起きています。

原因は、チワワを仰向けにした状態で施術を行い、呼吸ができなくなってしまったことによる窒息死です。血液中に酸素が十分に供給されなくなり、歯茎の色が青紫っぽく変色するチアノーゼが起きていたにもか変わらず、救命措置が取られなかったことで亡くなってしまいました。

施術後に起こった死亡事例

歯石除去の施術中だけでなく、施術後の死亡事故も起きています。

心不全が悪化し死亡

心不全の持病があり、投薬をしている状態の犬を歯石除去した後、心不全の兆候が見られたため酸素吸入をしたところ体調が回復。そのため、帰宅となったのですが、帰宅途中に心不全が悪化し亡くなってしまいました。

麻酔下による歯石除去で原因不明で死亡

麻酔をかけて歯石除去を行い、施術後いたって元気だったものの、原因不明で翌日に亡くなくなってしまった事故も起きています。

飼い主として考えるべきことは何か

犬 歯石 除去 死亡

愛犬の歯石除去に対して、どのようなことを検討するべきなのかを頭に入れておきましょう。

セカンドオピニオンも聞いて参考にする

麻酔下での歯石除去も無麻酔の場合も、メリットとデメリットがあるため、どちらにしたほうがよいのか迷う場合は、かかりつけの獣医師だけでなく、他の動物病院の獣医師にも相談してセカンドオピニオンを聞くのもよいでしょう。

セカンドオピニオンを聞くことで、かかりつけの獣医師から勧められた選択肢が愛犬にとって最善なのかを確認できます。セカンドオピニオンも聞いたうえで決めれば、安心して施術をお願いすることができるでしょう。

獣医師に施術をしてもらう

犬の歯石除去は、獣医師にお願いすることをおすすめします。無麻酔による歯石除去は、トリミングサロンなどでドッグハイジニストが行っていることもあります。ドッグハイジニストは、国家資格ではなく民間の協会が認定する民間資格で、4~5日の講習を受け、数ヶ月のインターン研修を受けたのちになれます。

ハンドスケーラーの使い方や歯石除去の技術、施術における犬の扱い方などを学んでいますが、獣医学や獣医歯科の知識を十分に持った臨床経験豊富な獣医師とでは、大きな技術の差があると言っても過言ではないでしょう。また、ドッグハイジニストが動物の治療行為をするのは違法なので、不測の事態が起きた際にその場で「治療」をすることができません。

歯石除去で犬が死亡する確率は低いといえども、ゼロではありません。そのことを考えると、獣医師にお願いしたほうが安心でしょう。

なお、「犬の歯の専門家」「犬のデンタルケアのスペシャリスト」と謳っている人が歯石除去をしていることがありますが、「犬の歯科医」ではありません。犬の歯科医の国家資格はないので、誤解しないようにしましょう。

また、動物病院で歯石除去をすることになっても、実際に施術をするのが動物看護師やトリマーであるケースも少なくありません。誰が施術者となるのか、事前の確認がとても重要になってきます。

愛犬の歯石除去をする際は慎重に選ぶことが重要

犬 歯石 除去 死亡

多くの場合において、犬の歯石除去はトラブルなく安全に行われていますが、過去には死亡事故が起きているのも事実です。麻酔下も無麻酔による施術も、それぞれメリットとデメリットがあります。それらを理解し、獣医師によく相談してから慎重に決めることが重要です。心配な場合は、他の獣医師のセカンドオピニオンも聞いてから決めるのがよいでしょう。

  • 更新日:

    2020.11.01

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • 監修者:加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。