magazine

グッズ

2020.11.25

大型犬に服は必要?大型犬に服を着せる理由とTシャツリメイク技

この記事を読んでいる読者の方は、大型犬に服を着せることについてどうお考えですか?「ありえない」、「必要に応じてなら問題ない」、「おしゃれのために着せたい」などさまざまな意見があると思います。実は、犬に服を着せるブームは日本だけで、海外では特定の理由がない限り滅多に犬に服を着せることはありません。特に、大型犬におしゃれのために服を着せるという考えはないようです。
そこで、この記事では大型犬に服を着せることについて考えていきたいと思います。

Author :西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

大型犬におしゃれのための服は必要?

大型犬 服

大型犬に限らず、犬には被毛という立派な「服」があります。被毛は、暑さ寒さから犬のカラダを保護し、害虫から皮膚を守るなどさまざまな役割を果たしています。

ところが、犬に服を着せることで、蒸れて皮膚炎を起こしたり、換毛期に被毛が生え替わらなくなったりなど問題が起きることもあります。

そしてなんといっても、犬が嫌がる、犬のストレスになるということもあるのです。服を着せた時に、あくびをしたり、ブルブルしたり、固まって動かなくなるのはストレスがかかっている証拠です。

せっかくの被毛の機能を活かせずに逆効果となっていることもあるので、おしゃれのために服を着せることはあまりおすすめできません。

犬に服を着せるのはこんな時

大型犬 服

フリルがついたおしゃれ服やハロウインなどのコスプレ服は大型犬には必要ありませんが、次のような場合には服を着せる意味があります。

犬に服を着せる理由

  • 季節ごとの暑さ・寒さ対策として
  • 抜け毛対策として
  • シニア犬の寒さ対策として
  • 防虫対策として
  • 術後や傷治療中の保護として
  • 水遊び時の冷え対策として

季節ごとの暑さ・寒さ対策として

最近では、カラダを冷やす効果や、反対にカラダを温める効果のある犬用機能性ウエアが多く発売されています。真夏の熱中症予防対策や、雪の中での防寒対策として服を着せることは犬にとってもメリットとなります。特に、老犬や被毛のない犬種に機能性ウエアを着せることは有効です。

抜け毛対策として

換毛期にたくさんの抜け毛が出る犬種とペットホテルに泊まりに行ったり、ドッグカフェに行く時など、外出時には服を着せることが有効です。また、犬アレルギーの人がいる場合も、抜け毛対策として服を着せると被毛の飛散防止に役立ちます。なお、毎日着せる服は、透湿性、伸縮性の高いものを選ぶことがおすすめです。

シニア犬の寒さ対策として

若い頃は体温が高い犬ですが、年齢を重ねていくと体温が低くなり真冬以外にも寒がることがあります。老犬にとって、体の冷えは大敵。耳や手足を触っていつも以上に冷たいと感じたり、丸まって寝ることが多くなってきたら、体が冷えてきている証拠です。そんな時には、体を温める素材の服を着せてあげましょう。

防虫対策として

最近では、虫除け服として防蚊・防虫対策機能のある服が多く販売されています。ダニやノミは、公園の草むらにも生息しています。また、河原や山にもさまざまな害虫がいます。そのような場所へ出かける時には、防虫ウエアを着せることが害虫対策として有効です。大型犬用の高機能な防虫ウエアも販売されているので1枚持っていると便利です。

術後や傷治療中の保護として

手術や傷の治療中、舐め対策として犬につけるのがエリザベスカラー。舐め対策に有効なことから、動物病院ではエリザベスカラーの装着を推奨していますが、犬にとっては行動を妨げられる上、大きなストレスがかかります。そんな時に、エリザベスカラーの代用として着せたいのが、カラダにぴったりフィットした服です。海外では、抜け毛対策に製作された犬用レオタードが活用できると話題となっています。

水遊び時の冷え対策として

最近では、犬用のラッシュガードやウエットスーツも多数販売されています。水遊びでは、意外と犬のカラダは冷えてしまいます。そんな時に役立つのが水遊び専用の服。これを着せることで冷えからカラダを守ることができます。また、泥汚れ防止にも役立ちます。

大型犬用の服はTシャツリメイクがお手軽

大型犬 服

小型犬用の服は多彩な種類が揃っていますが、大型犬用となるとなかなか見つからないですよね。また、見つかったとしても高価なことが私たち飼い主の悩みの一つです。そこで、人間用のTシャツをリメイクして犬服作りに挑戦してみませんか。

TシャツリメイクならミシンがなくてもOK

手作りと聞くと、ミシンを使用するイメージがありハードルが高いように感じます。しかし、Tシャツのリメイクなら縫う箇所も少なく手縫いや裁縫用ボンドで十分に対応できます。ミシンを使用しなければ、気軽に作れるところもポイント。ぜひ、着なくなったTシャツで作ってみてください。

Tシャツは犬の大きさに合わせて選ぶ

用意するTシャツは、不要になったTシャツでもお気に入りのデザインのものでもなんでも大丈夫です。犬にTシャツを着せてみて、ちょっと大きめかなと思うサイズを選ぶことがポイント。選び方の目安としてTシャツの着丈が尻尾の付け根より少し長めのものがおすすめです。30kg以上の犬なら、メンズサイズのL~XL以上が適しています。

Tシャツは後ろ前に着せる

人間が着る場合は、ロゴマークやイラストが前になりますが、犬が着る場合はこのフロントのデザインが犬の背中にきます。バックプリントのTシャツの場合は、プリントが犬のお腹部分にくることになります。

サイズ合わせをしましょう

首回りからお腹の部分のたるんでいるところをクリップなどで挟み、サイズを調整していきます。丈は、余っている部分を尻尾の付け根部分で折り返して印をつけましょう。印をつけたら一度脱がせて、カットするための線を引きます。お腹部分は半円を描くように線を引きますが、男の子の場合は少し大きめに線を引きます。

線に沿ってカットして縫いましょう

お腹周りから背中にかけて線に沿ってカットします。この時、縫い代を考慮して少し大きめにカットしましょう。カットしたら、カットした裾の部分を一周縫います。手縫いの場合は、端がほつれないように、ほつれ止めの裁縫用ボンドなどを使用しましょう。

首からお腹にかけてサイズ調整しましょう

首からお腹にかけてクリップで止めた部分をつまんで中心を縫えば完成です。この時、左右対象になるように気をつけましょう。

大型犬も用途に合わせた服を着て快適に過ごしたい

大型犬 服

最近では、小型犬に服を着せることがブームとなっています。さまざまなブランドから季節に合わせた色々なデザインの犬服がリリースされ、犬用の洋服ダンスまで販売され驚くばかり。飼い主は、おしゃれやコスプレのために、競うように犬に服を着せていることがわかります。一方、大型犬のコスプレ服はあまり見かけません。どちらかといえば、機能性ウエアを着ていることが多く、日常は自慢の被毛をなびかせています。犬本来の姿からすれば、何も着ていないのが一番。そのために美しい被毛があるのです。しかし、さまざまな予防のために服を着せることが有効となるケースもあります。必要な時に用途に合う服を着せることが、飼い主も犬も快適に過ごせる秘策かもしれません。

  • 更新日:

    2020.11.25

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:西村 百合子
  • ホリスティックケアカウンセラー、愛玩動物救命士
  • ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。 現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。