magazine

食べもの

2020.11.27

鶏レバーで愛犬の免疫力を高めよう!みんなの手作りごはん

貧血や疲労回復にいいと言われている鶏レバー。良質なタンパク質でもあり、低脂質なので犬の手作りごはんに取り入れている方も多いようです。レバーの臭みが苦手という方もいますが、レバーの香りが好きな犬は多いため、食欲がない犬にもおすすめの食材です。
今回は、食欲増進効果も期待できる鶏レバーを使った手作りごはんについて紹介していきます。

関 ゆりな/ドッグライター

犬の手作りごはん|鶏レバーは栄養たっぷり!

犬 みんなの 手作りごはん 鶏レバー

レバーといえば、鉄分が多いイメージですが、タンパク質やビタミンなども豊富に含まれており、手作りごはんを与えている方は定期的に取り入れたい食材です。ここでは、鶏レバーに特に多く含まれている鉄分とビタミンAの効果効能について紹介していきます。

疲労回復にも効果ありの鉄分(※1)

鉄は、赤血球のヘモグロビンをつくるのに欠かせない栄養素で、鉄が不足すると疲れやすくなったり、免疫力が低下し感染症を引き起こしやすくなります。また、鉄は貧血予防だけでなく、疲労を回復する効果があると言われています。

鶏レバーに含まれる鉄は「ヘム鉄」といい、野菜や海藻などに含まれる非ヘム鉄よりも吸収がよくなり、非ヘム鉄と一緒にとることでさらに吸収率を高めてくれます。

加えて、ビタミンCと一緒に摂取すると鉄の吸収力がよくなると言われており、ビタミンCを多く含む野菜や果物と一緒に食べさせるとより効率的に鉄分を摂取できます。

即効性の高いビタミンA(※2)

鶏レバーは、ビタミンAを最も多く含む食品として有名です。ビタミンAには、目や皮膚の粘膜を強くし抵抗力を高める働きがあり、感染症を予防する効果があると言われています。また、ガンの予防・抑制効果も期待されます。免疫力が低下している犬や被毛に艶がない犬、白内障・ガン予防にもおすすめです。

βカロチンがビタミンAに変換される

ビタミンAといえば、緑黄色野菜をたくさん食べるといいと言われています。しかし、緑黄色野菜に含まれているのは、ビタミンAではなくβカロテンというもので、体内でビタミンAに変換されてから作用されます。また、すべてのβカロテンがビタミンAに変換されるわけではないのです。

ビタミンA過剰症になる?

一方、レバーに含まれているのは、ビタミンAそのものなので体内で変換される必要がないため、ダイレクトに吸収することが可能です。レバーに含まれるビタミンAは、水に溶けない脂溶性ビタミンと言われており、肝臓などに貯蔵されます。そのためビタミンA過剰症を心配する方もいますが、毎日継続的に鶏レバーを与えていない限り、それほど問題にはなりません。ただし、1日の主な動物性たんぱく質源としてレバーを使用するのは避け、トッピング程度の少量にとどめましょう。

鶏レバーを使ったみんなの犬用手作りごはんを紹介

犬 みんなの 手作りごはん 鶏レバー

ここでは、Instagramにアップされている鶏レバーを使ったみんなの手作りごはんを紹介します。栄養バランスをしっかり考えて作られた手作りごはんがたくさんアップされています。参考になるメニューも多いので、ぜひチェックしてください。

鮭リゾットにトッピング

キュートなハートの人参がトッピングされた愛情たっぷりの鮭リゾットです。リゾットには、鮭に加えて、鶏レバーだけでなくささみや馬肉などのタンパク質がたっぷりとトッピングされています。ビタミンCの含有量トップ10に入るブロッコリーも入っているので、鉄の吸収率はばっちりですね。

トマトの鶏レバーパスタ

手作りごはん専門店の「wango」のなんともおしゃれで美味しそうなトマトパスタです。鶏レバーの他には、鶏むね肉やほうれん草、そして自然由来の卵殻パウダーが含まれており、不足しがちなカルシウムも摂取できます。最近では、手作りごはんをネットで購入できるサイトも増えてきました。栄養バランス面で不安がある方は、こういったサービスを利用するといいかもしれませんね。

レバーと砂肝ご飯

鶏レバーと低カロリー高タンパク質の鶏むね肉、そしてコリコリの食感を砂肝でプラスした栄養満点の手作りごはんです。タンパク質やビタミンEが豊富な手作り味噌もトッピングされています。犬に塩分の高い味噌?と思われがちですが、微量をたまに与えるのであれば問題ありません。栄養価も高く、風味づけされて犬の食欲アップにも繋がります。

おすすめのレシピ本を紹介!

ペット栄養管理士・岡本羽加さんが教える「手作り犬ごはん」のレシピ本です。焼きバナナの黒米ごはん、玄米混ぜごはんのえのきあんかけ、豚しゃぶごはんなど一週間ごとの献立レシピが掲載されています。

旬の食材を使ったレシピや、体調不良に対応するレシピなどに加えて、食材の解説やアレンジに使える「交換できる食材」リスト付きなので、手作りごはん初心者の方が持つ悩みも解消されますね。メニューのレパートリーを増やした方にもおすすめです。

栄養・愛情たっぷりの手作りごはんで犬の健康を守ろう

犬 みんなの 手作りごはん 鶏レバー

Instagramに投稿された手作りごはんを見ていると、鶏レバーにプラスしてタンパク質や野菜を取り入れている方が多いようですね。初めて鶏レバーを与える時は、お腹が緩くなることもあるので、少量ずつほかのタンパク質と一緒に与えるといいでしょう。鶏レバーを愛情たっぷりの手作りごはんに上手に取り入れて、愛犬が長く健康で過ごせるようサポートしてあげましょう。

参考文献
  • 更新日:

    2020.11.27

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 関 ゆりな
  • ドッグライター
  • ビションフリーゼのココメロとのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。 長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。