magazine

お手入れ

2020.11.19

バセンジーは抜け毛が少ない?被毛タイプと皮膚・被毛のお手入れの基本

バセンジーはネコのように潔癖で綺麗好きな性格の傾向があると言われています。ネコは犬とはまた違ったお手入れを気にする必要がありますが、猫のような性格のバセンジーはどうなのでしょうか?ここでは、バセンジーの被毛のタイプ・抜け毛の量をご紹介しながら、皮膚・被毛のお手入れ方法について解説していきます。また、抜け毛などの被毛のトラブル対策についてもご紹介します。

#バセンジー

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

バセンジーの被毛のタイプ

バセンジー 抜け毛

バセンジーの被毛のタイプを知っておくことで、愛犬の特徴に合った上手なお手入れをすることができます。ここでは、まずバセンジーの被毛のタイプについて詳しく解説していきます。

バセンジーのコートタイプ

バセンジーはショートコートの犬種です。被毛は体に密着して生えており、引き締まった印象を与えます。

バセンジーの被毛の構造

バセンジーはほとんどのコがシングルコートです。しかし、アンダーコートが生えているダブルコートを持つバセンジーもいます。そのため、バセンジーの大半は抜け毛が非常に少ない傾向があり、春と秋に2回の換毛期の時期に抜け毛が増える傾向があります。

バセンジーの代表的なカラー

バセンジーはブラック&ホワイト、レッド&ホワイト、ブリドル&ホワイトなどと様々な毛色があります。胸の被毛はホワイトであることが好ましく、脚もホワイトな場合が多いです。

バセンジーの皮膚・被毛の基本のお手入れ方法は?

バセンジー 抜け毛

バセンジーのお手入れは比較的簡単な方なので、難しく考えずに日々のケアを忘れずに行うことを意識することが重要です。ここでは、バセンジーの皮膚・被毛の家庭でのお手入れ方法を紹介していきます。

シャンプーの頻度やコツ

バセンジーは被毛が短く、きれい好きなので、こまめにシャンプーをする必要はありません。しかしながら、人間社会で共に暮らす以上、1~2ヶ月に1回を目安にシャンプーをしてあげると良いでしょう。またアウトドア等で被毛が汚れた時にはしっかり落としてあげましょう。

なお、猫と同じく水が苦手な傾向がありますのでシャンプーする際はいきなりシャワーをかけるのではなく、少しずつ水に慣らしてから行うようにするのが良いです。シャンプーを行う場合は耳や目にシャンプーが入らないように注意し、しっかりと濯ぐようにしましょう。また、シャンプー前にブラッシングをしておくと、被毛が洗いやすくなるのでおすすめです。

ブラッシングの頻度やコツ

バセンジーは被毛が非常に短いので、ブラッシングをこまめに行う必要はありません。1週間に1回程度の頻度で軽くブラッシングをするだけで毛玉・死毛対策としては十分です。しかしながらブラッシングを行なうことでマッサージ効果や愛犬とのコミュニケーションも生まれますので、定期的にやさしくブラッシングしてあげるといいですね。獣毛ブラシを用いると被毛に美しい毛艶を出すこともできます。

爪切りはこまめにしよう

バセンジーの爪切りは週に1度の頻度で行うようにしましょう。爪が伸びすぎると、指が押し上げられるため、犬にとって非常に心地悪くなってしまいます。爪切りに慣れていないバセンジーははじめのうちは嫌がるかもしれませんが、少しずつ慣らし、地面に爪がつかない長さに保つようにしてくださいね。

バセンジーの被毛トラブル対策に取り組もう!

バセンジー 抜け毛

ここでは、抜け毛や毛玉など、気になる被毛トラブル対策方法を解説していきます。

換毛期には抜け毛対策を

バセンジーは抜け毛が非常に少ない犬種です。春と秋に2回の換毛期があり、この時期に抜け毛が増えます。そのため、換毛期にはブラッシングの回数を増やし、抜け毛対策に取り組むようにしましょう。バセンジーの抜け毛対策にはラバーブラシの使用がおすすめです。

毛玉の心配はなし!

バセンジーは被毛が非常に短いため、毛玉の心配はほとんどありません。ブラッシングの際に被毛の状態を確認し、小さな毛玉ができているのであれば、指で優しく解してあげるようにしましょう。

冬の間は防寒が大切

バセンジーは被毛が短いため、寒さに非常に弱いです。そのため、気温が低い時期には服を着せるなどし、しっかりと防寒するようにしましょう。

バセンジーとトリミングサロンに行くなら?

バセンジー 抜け毛

バセンジーは被毛が短いため、もつれたりする心配もなく、トリミングサロンに頻繁に連れて行く必要はありません。しかし、プロにお手入れをお願いすることで、家庭での洗い残しなどをきれいに洗ってもらうことができるので、お出かけついでに行ってみてはいかがでしょうか?

トリミングサロンでおすすめのメニュー

バセンジーにおすすめのメニューはシャンプーです。また、爪切り、耳掃除、肛門絞りもメニューに付け足しておくとさらにお得です。

トリミングサロンの頻度の目安

トリミングサロンは1年に1回程度の利用で十分です。しかし、爪切りを家庭で行わず、トリミングサロンに全てお願いするのであれば、1ヶ月に1回の頻度で利用し、爪を短く切ってもらうようにしましょう。

トリミングサロンの料金の目安

バセンジーをトリミングサロンでシャンプーしてもらう場合、料金は4,000~6,000円程度の場合が多いです。爪切りや肛門絞りをメニューに追加する場合は1,000~3,000円程度の追加料金が必要になる場合があるので、事前に確認しておくようにしましょう。

バセンジーの被毛を美しく保とう

バセンジー 抜け毛

ここではバセンジーの被毛のお手入れについて詳しく解説していきました。バセンジーは被毛が短く、ネコのように綺麗好きなので、初心者の方でもお手入れが比較的簡単と言えます。また、抜け毛や毛玉の心配もほとんどなく、爪切りや防寒を重点的に意識することで、皮膚・被毛を美しく保つことができるはず。バセンジーの健康と美しさを引き出すために、しっかりとお手入れに取り組むようにしましょう。

  • 更新日:

    2020.11.19

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:ルエス 杏鈴
  • 犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー
  • 大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。 愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。 写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。