magazine

犬種図鑑

2020.11.24

ロングコートチワワと暮らすポイント!サマーカットは必要?寿命は長い?

チワワの中で特に人気なのが、被毛が長いロングコートタイプです。ロングコートのチワワを飼育する上で「特別な飼育方法が必要?」という疑問を持つ方に向けて、今回はロングコートのチワワの基本的な特徴から飼育時の注意点、注意すべき病気などについて詳しく解説していきます。
これからロングコートのチワワを迎えようと考えている方は、本記事で不安を解消してくださいね。

Author :文:後藤 俊/ライター

ロングコートチワワの基本情報

ロングコートチワワ

チワワには被毛のタイプが2種類に分かれます。
スムースコートは被毛が短く、ロングコートは被毛が長いタイプのことを指します。ロングコートの方が抜け毛が少なく、オシャレなカットを楽しめるといった利点から、日本ではロングコートのチワワが人気です。性格についての差は無く、どちらも好奇心旺盛で遊び好きという特徴があります。

チワワのコートタイプ

  • スムースコート
  • ロングコート

チワワの基本情報

  • 原産国:メキシコ
  • 体高:約13cm
  • 体重:1~3kg
  • 寿命:10~14歳
  • 値段:15~50万円

ロングコートチワワの寿命は?

ロングコートかスムースコートかの違いによって寿命が変わるということはないので、あくまでもチワワとして一括りにしたデータを紹介します。

アニコム損害保険会社が2016年に発表した「犬種別平均寿命ランキング」では、チワワが13.7歳で12位という結果でした。

ランキング結果からも分かる通り、チワワの平均寿命は比較的長いです。子犬期から飼育していれば、それだけ長く過ごせる時間が増えるでしょう。

ロングコートのチワワの値段は?

スムースコートとロングコートのチワワの値段には大きな差がありません。しいて言えば、ロングコートのチワワの方が人気で市場に出回っている頭数が多いので、値段の安い子犬が見つかる可能性は高いです。

チワワの値段は、毛色や血統といった様々な条件が組み合わさることで決定しています。そのため、ロングコートかスムースコートかという部分だけで値段が決まっているわけではないことを理解しましょう。

ロングコートチワワと暮らすポイント3つ

ロングコートチワワ

ロングコートチワワを飼育する際は、他のタイプのチワワと同様のポイントを押さえましょう。ここでは、簡潔に3つのポイントに分けて解説していきます。

室内飼いでも散歩は必要

小型犬であるチワワは比較的運動量を必要としない犬種ですが、できるだけ毎日散歩するのが好ましいです。散歩の目的は運動だけでなく、犬をリフレッシュさせる目的もあるからです。

室内にばかりいると、変わり映えの無い生活にストレスが溜まります。できるだけ外に連れ出して、様々な体験をさせてあげましょう。

散歩の時間や回数の目安としては「1日2回、30分程度」を、チワワの年齢や体調に合わせて調整してみてください。

食餌の回数は年齢によって変える

年齢によって、1日の餌の回数を変えましょう。特に、生後から間もない頃は消化器官が弱いため、1回でたくさんの餌を食べさせると体調不良になる場合があります。回数の目安としては下記を参考にしてみてください。

餌の銘柄も、子犬~老犬用までを年齢に合わせて選び、適切な量を与えるようにしてください。

ライフステージごとの食餌回数の変化

  • 生後~2ヶ月:1日4回
  • 4ヵ月~6か月:1日2~3回
  • 8か月~:1日2回

抜け毛のお手入れが必要

チワワには「換毛期」と呼ばれ、春と秋に毛が変わる時期があります。この時期は抜け毛が多く、特にお手入れが必要です。抜け毛の手入れ方法としては、ブラッシングとシャンプーをしてあげるようにしましょう。

換毛期だけに限らず、ブラッシングは日課として行うのが好ましいです。シャンプーは「月に1、2回」を目安に行ってみてください。

特にロングコートのチワワは、被毛の中に抜け毛が残りやすいです。皮膚炎を予防するためにも、飼育の際はしっかりと手入れを行いましょう。

この記事もチェック!

ロングコートのチワワにサマーカットは必要?

ロングコートチワワ

ロングコートチワワには、サマーカットが必要なのでしょうか?

夏の暑さを和らげ涼し気に暮らすために、愛犬にサマーカットをする方がいますが、エアコンが効いている室内で飼育しているならば、被毛の長さは気にしなくても大丈夫です。

反対に、被毛を短くし過ぎると、紫外線によって日焼けしやすくなったり、エアコンの冷風で体調を崩す可能性もあります。

「してはいけない」ということではありませんが、デメリットもあるということを理解しておきましょう。もしサマーカットをしたいという場合は、必ずプロのトリマーに依頼するようにしてください。

この記事もチェック!

ロングコートチワワがかかりやすい病気

ロングコートチワワ

被毛が長いことによって起きる可能性のある病気に絞って紹介していきます。

目の病気に注意

チワワは目が大きいことから異物が入りやすく、目のトラブルを抱えやすいです。ロングコートのチワワの場合は、目に入る異物が自分の毛だったという場合もあります。

もし目の中に毛が入っていたら、目薬や精製水を使ってとってあげるようにしましょう。目の中の異物を放置しておくと、ウィルスが繁殖したり、眼球を傷つける原因になります。

角膜炎や結膜炎といった目の病気へ発展させないためにも、目の状態には気を遣ってあげましょう。

皮膚炎に注意

先ほども記載しましたが、ロングコートのチワワは夏に熱が籠りやすかったり、被毛の中に抜け毛が残りやすかったりします。これらは皮膚炎の原因になることがあるので、注意が必要です。

チワワが体を掻いていたり、壁や床に擦りつけている様子が見られた場合は、皮膚の状態を確認してあげてください。異常があった場合は、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

ロングコートチワワと幸せに暮らそう

ロングコートチワワ

ロングコートのチワワは人気が高く、市場にたくさんの頭数が出回っていることから好みの1匹を探しやすいです。寿命も長く、子犬期から飼育すれば人生のパートナーとして長く一緒に暮らしていけるでしょう。

ロングコートだからといって、特別な飼育方法が必要になることはありません。しかし、サマーカットについてはデメリットも考えた上で行うようにしてください。

長い被毛が原因で、目や皮膚の病気を引き起こす場合があります。健康状態を常にチェックし、安心した生活を送れるようにしてあげましょう。

チワワは愛情を注ぐほど、飼い主に対しても愛情を返してくれます。時間が経つほど素晴らしいパートナーになってくれるはずです。

  • 更新日:

    2020.11.24

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 後藤 俊
  • ライター
  • コリーとコーギーのいる家庭で育ち、愛犬たちがいる暮らしが当たり前に。一緒に過ごす時間を増やすためにも、犬に関する知識を学び始めました。愛犬との絆を深めるために必要な、正しい情報の発信を目指します。