magazine

犬種図鑑

2020.11.13

カレロ=フィニッシュ・ライカの全て|ルーツから性格・外見の特徴まで

カレロ=フィニッシュ・ライカという犬種をご存知でしょうか?ロシア原産の4種類のライカ犬の中でも最も小さい犬種で、フサフサの赤毛が特徴的です。原産国ロシア以外での飼育頭数は少ないため、日本では馴染みのない犬種ですが、小さな狩猟犬として活躍してきた犬種です。ここでは、そんな希少犬カレロ=フィニッシュ・ライカのルーツから外見、性格の特徴、寿命などについて紹介していきます。

#ライカ

Author :関 ゆりな/ドッグライター

カレロ=フィニッシュ・ライカの誕生の歴史・ルーツ

カレロ=フィニッシュ・ライカは、ロシアのカレリア地方に生息する小型の狩猟犬です。ロシアの厳しい天候でも対応できる小型の狩猟犬を求めたために誕生したと言われています。

活躍の歴史

第二次世界大戦では、多くの犬が飢餓をしのぐために食用にされ、様々な犬種の犬たちが犠牲になりましたが、ライカも例外ではありません。

カレリアの首都ペトロザボーツクでは、生き残ったカレロ=フィニッシュ・ライカは24頭しかおらず、またそのほとんどが狂犬病で命を落としました。絶滅の危機から救うために、1953年にフィンランドから2頭のオスと1頭のメスのフィニッシュ・スピッツを輸入し交配させたことで、カレロ=フィニッシュ・ライカの数は復活しました。
現在では、狩猟犬としてではなくペットとして原産国ロシアを中心に飼われています。

カレロ=フィニッシュ・ライカの外見の特徴

ここでは、カレロ=フィニッシュ・ライカの大きさや被毛についてなどの外見的な特徴を紹介していきます。

適正体重・標準体高

カレロ=フィニッシュ・ライカの標準体高は約38~48 cm、体重は約11~14 kgと言われています。中型犬サイズですが筋肉質で丈夫な体格をしており、エネルギーに溢れています。

尻尾がチャームポイント!

カレロ=フィニッシュ・ライカのチャームポイントは、フサフサの尻尾です。くるんと背中で渦を巻いた尻尾の先端に白い斑点があるのも特徴です。
フサフサの尻尾やピンと立った三角の耳、長く尖ったマズルなどから赤いキツネによく似ていると言われています。

被毛の特徴

ここでは、カレロ=フィニッシュ・ライカの被毛の特徴について紹介していきます。

コートタイプ

カレロ=フィニッシュ・ライカは、氷点下にもなる厳しいロシアの気候にも耐えられる厚手のダブルコートです。粗い直毛ですが、アンダーコートは柔らかく密生しています。 暖かい気候の地域で飼育すると、一年中抜け毛が多い傾向にあるため、定期的なブラッシングが必要です。

代表毛色

カレロ=フィニッシュ・ライカの毛色は、レッドまたはその色のバリエーションですが、顔や胸、尻尾に白い斑点などのマーキングがあることもあります。

カレロ=フィニッシュ・ライカの性格の特徴

ここでは、カレロ=フィニッシュ・ライカの性格の特徴について紹介していきます。

警戒心が強い

カレロ=フィニッシュ・ライカは普段は大人しく穏やかですが、家族を保護する本能が強いため、見知らぬ人や犬に出会うと警戒して吠えることもあります。訪問者を自分のテリトリーに侵入してきたとみなして、よく吠えます。

また、狩猟犬の血が濃いことから、独立心が強く自己判断で動くことができます。そのため、頑固さと独立心によってしつけは簡単ではありませんが、飼い主を喜ばせたいという気持ちも強いので、やる気を引き出すことができるよう工夫と根気が必要になります。叱ったり体罰を与える行為は、よりしつけへの抵抗心を強めてしまうため、褒めて伸ばすしつけを行いましょう。

愛情深く友好的

他者への警戒心が強い反面、信頼した飼い主や家族へは愛情深く友好的です。子供や同居犬ともよく遊び仲良くすることができます。活発で好奇心旺盛なため、良き遊び相手となってくれるでしょう。
ただし、ウサギや猫などの小動物は獲物と認識する可能性が高いため、一緒に飼う場合には注意が必要です。

カレロ=フィニッシュ・ライカの寿命と気をつけたい病気

カレロ=フィニッシュ・ライカ

ここでは、カレロ=フィニッシュ・ライカの平均寿命と気をつけたい病気について紹介していきます。

平均寿命

カレロ=フィニッシュ・ライカの平均寿命は、12~15年です。犬の平均寿命が12~15年と言われているので、平均的と言えます。

気をつけたい病気

カレロ=フィニッシュ・ライカは、丈夫で健康な個体が多く、遺伝的問題は見つかっていません。しかし、他の犬種と同様に気をつける必要のある病気はありますので、紹介していきます。

股関節形成不全

股関節形成不全とは、犬の股関節の発育過程で異常が起こり、炎症や変形など様々な症状を引き起こす病気です。大型犬に多く発症し、生後 4~12ヵ月頃に症状が見られ始めることが多いと言われています。
症状としては、座り方がおかしい、腰を振るように歩く、うさぎ跳びのような走り方をするなどが見られます。

カレロ=フィニッシュ・ライカは一言でいうと家族思い!

カレロ=フィニッシュ・ライカは、家族思いで愛情深い犬です。独立心も強めですが、家族との時間を楽しみ、喜ばせることが大好きです。世界的に見ても飼育頭数が少ない犬種ですが狩猟犬としての務めを終えて、現在はロシアの家庭でペットとして愛されています。

  • 公開日:

    2020.11.01

  • 更新日:

    2020.11.13

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:関 ゆりな
  • ドッグライター
  • ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。 長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。