magazine

バーニーズマウンテンドッグ
連載 / ブログ

2020.11.22

ブログ|バーニーズマウンテンドッグのフォンデュ

かわいいが止まらない!バーニーズのかわいい画像と動画10連発

突然ですが、愛犬フォンデュがかわいくて仕方ありません。8歳の立派な熟女ですが、未だに子犬のようなかわいらしさも持ち合わせる彼女。愛犬のかわいさを語らせたら、どの飼い主さんも饒舌になると思いますが、私も負けませんよ〜。だって、かわいくないところが1つも見当たらない!
今回は愛犬のかわいさを全力でご紹介します。親バカ全開で参ります!苦笑しながらついてきてくださいね(笑)

#バーニーズマウンテンドッグ / #バーニーズマウンテンドッグのフォンデュ

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

この記事をシェアする

2.フワモフのベビーフェイス

ベビーフェイスのバーニーズマウンテンドッグ

フォンデュとお散歩をしていると、よく道行く人に声をかけられます。かけられる言葉は「かわいい~」か「立派な犬ですね」か「でかっ!」のほぼ3択。我が家のフォンデュはバーニーズの中でも小さい方なので、大きさで言えば、ゴールデンレトリバーとほとんど変わりませんが、黒くて存在感があるせいかとても大きく見えるようです。
でも、大きくて恐いと言われたことは一度もありません。なぜなら、そう、彼女はかわいいから!(親バカ)

3.猫の声に首をかしげるフォンデュ

今まで何度か、フォンデュは猫が大好きとお伝えしてきましたが、猫の声がしただけでものすごい反応を示します。生の鳴き声でなくてもいいらしく、テレビから猫の声が聞こえるといつもこんな感じ。
どうして首をかしげるのかは分かりませんが、どこにいるのかな?と探しているようで、いつ見てもかわいくて笑ってしまいます。

4.アゴ乗せ

アゴ乗せしてくるバーニーズマウンテンドッグ

顔の位置に手を差し出すと、必ずアゴを乗せてくるフォンデュ。我が家ではこの様子を「手乗りフォンデュ」と呼んで愛でています。
手以外でも、ちょうどいい高さのものがあるとよくアゴをのせて休憩しているのを見かけます。たまに明らかに無理してる高さに顔を置いて、逆につらそうに見える時もありますけどね。

眠っている時はシャッターチャンス

フォンデュは、カメラを向けると注目されてると思い、ウキウキしながらすぐこっちに近づいてきてしまいます。なので、撮れる写真はいつも同じアングルの同じ表情。それはそれでかわいいのですが、たまには違う写真も撮りたいなとうずうずします。
そこで、愛犬が寝ている間は常にシャッターチャンスと思い、かわいい寝姿コレクションをひそかに集めています。

5.鼻水が出ていてもかわいい

鼻水が出ていて可愛いバーニーズマウンテンドッグ

フォンデュはよく鼻水をたらして寝ていて、それがまたかわいいんですが、なかなか写真に収められませんでした。ですがこの度、奇跡の瞬間をカメラがとらえました!向かって左側のお鼻にご注目ください。透明なしずくが今にもこぼれ落ちそうです。

6.白目でもかわいい

犬って寝ている時、よく白目になっていますよね?あれは、第3のまぶたとも呼ばれる「瞬膜」がチラ見えしている状態なんです。目を閉じて気持ちよさそうにスヤスヤ眠っている姿を見て幸せを感じる一方で、白目の愛犬を見て、そのブサカワ具合にニヤけてしまう自分もいます。

7.甘え方がかわいい

大きな体で子犬のような甘え方をするフォンデュ。足の間にムギュムギュと頭を突っ込んでグーグーと甘えた声を出しています。そして極めつけは、この上目遣い。これきっと、確信犯ですよね。こうすれば自分はかわいいっていうのを分かってやっているんだと思います。まぁ、そのあざとさすらかわいいんですけどね(笑)

8.主人の帰りを待つ忠犬

主人の帰りを待つ忠犬バーニーズマウンテンドッグ

フォンデュは体内時計がしっかりしていて、私が帰ってくる時間を把握しています。帰ってくる時間の30分くらいから窓際でスタンバイ。「まだかな、まだかな」と外をのぞきながら待つ姿にキュンとします。ダッシュで帰るからもうちょっと待っててね!

9.熱烈歓迎

首を長くして待ってくれていたフォンデュの元へ帰ると、毎回こんな熱烈歓迎をしてくれます。しっぽが取れちゃうんじゃないかってくらいにブンブン振ってくれるので、ちょっと心配になることも。でも、私の帰りをこんなに喜んでくれるなんて、本当に飼い主冥利につきるなぁと幸せをかみしめるのでした。

10.いつもかわいい、ずっとかわいい

いつもかわいい、ずっとかわいいバーニーズマウンテンドッグ

愛犬と長くいればいるほど、一緒にいるのが当たり前になってかわいさにも鈍感になってしまうのかなと思っていましたが、私の場合はまったく逆でした。愛しさは日々募っていく一方で、フォンデュと一日でも長く一緒にいたいと強く思います。
今月フォンデュは健康診断を終え、持病とは付き合いながらも他にはそれほど悪い所見は見当たらなかったことに、ほっと胸をなでおろしました。人も犬も健康であればこそ、心にも余裕ができて幸せな暮らしができるのだと思っています。お互いに健康に気をつけて、まだまだこれからもあなたの「かわいい」をたくさん見せてね、フォンデュさん。

  • 更新日:

    2020.11.22

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:Qt
  • 家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー
  • 動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。 シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。