magazine

グッズ

2020.11.11

編集部おすすめグッズ紹介

犬に帽子・被り物は必要?かぶった方が理由とおすすめ商品とは

愛犬に帽子をかぶらせようと考えたことはありますか?「犬に帽子はいらないでしょ」という声も聞こえてきそうですが、帽子には日差しを守るだけではなく愛犬の目を守る効果もあるのです。特に白内障になりやすいと言われている犬種の中でも、キャバリア/マルチーズ/パグなどは目がクリっとしていて紫外線を浴びやすいので、帽子での対策を考えても良いかもしれません。
今回は、犬が帽子を被る必要性やおすすめ商品をご紹介します。

Author :大森 きこ/ドッグライター

この記事をシェアする

犬は帽子をかぶったほうが良いの?

犬 帽子 被り物

普段のお散歩で帽子をかぶっているコを見かけることは少ないかと思いますが、ファッションではなく愛犬の体調を考えて帽子をかぶらせる飼い主さんもいます。
まずは、帽子をかぶることでどのような効果があるのかをご紹介していきます。

熱中症予防・寒さ予防に

真夏の暑い時間帯にお散歩に行く方はほとんどいないと思いますが、アウトドアなど日中に屋外で過ごすことあるでしょう。

犬は人よりも地面に近いので暑さを感じやすいことは皆さんご存知かと思いますが、上からの直射日光にも気を配ってあげましょう。

また、冬の寒さ対策としても帽子は重宝します。普段雪の降らない地域に住む犬が、雪深い場所へ行くときなどにかぶせてあげられると保温効果があって良いです。

愛犬の目の保護に

強い紫外線は、犬の目に大きなダメージを与えることをご存知ですか?紫外線を浴び続けると白内障や角膜炎、黄斑変性症など目の病気を発症するリスクが高まります。

犬は人よりも顔の位置が低いため、飼い主さんを見るために顔を上げますよね。その度に紫外線を浴びていると目へのダメージが蓄積されてしまうので、帽子で紫外線を遮ることも必要なのです。

犬の帽子を選ぶ時のポイント

犬 帽子 被り物

愛犬の帽子を選ぶ際に覚えておきたいポイントを、2点ご紹介します。普段帽子をかぶり慣れていないと、ストレスに感じる子もいるので、手ぬぐいやタオルで「かぶる」練習をするのもおすすめです。
また、日差しから頭を守るのか、紫外線から目を守るのか、ファッションなのかによっても選び方が変わってきます。用途に合った帽子を選ぶようにしましょう。

愛犬のサイズに合ったものを選ぶ

帽子を用意するときは、愛犬のサイズに合ったものを選びましょう。極端に小さいものやブカブカすぎるものなど、サイズが合っていないとせっかくの帽子の効果も半減してしまいますし、愛犬にとってもストレスになってしまう可能性があります。
頭周りや耳穴の位置などをきちんと確認して愛犬に合ったものを選ぶようにしましょう。

脱げにくく通気性の良いものを選ぶ

イベント用のかぶりものは屋外で長時間かぶることはありませんが、日差しや寒さから頭を守るためにかぶる帽子は通気性が良く脱げにくいものを選ぶのがポイントです。せっかく帽子をかぶらせても中が蒸れてしまっては皮膚にも良くありません。
また、普段かぶりなれていない場合犬は頭を振って落とそうとするので、顎の部分でサイズ調整が出来るものを選ぶと良いでしょう。

犬の帽子のおすすめ商品

それでは、選び方を踏まえた上でおすすめの商品をご紹介していきます。

カラフル全11色の日常使いキャップ

色柄が豊富なスポーツタイプのキャップはいかがでしょう?
耳穴が開いているので愛犬にも無理なくかぶせられますし、帽子自体も犬用に浅めな設計になっています。頭頂部が丸いコでも平らなコでもかぶりやすいのがポイントです。あご紐でしっかりと帽子を固定できるので、すぐに脱げてしまう心配もありません。

商品情報

可愛らしい麦わら帽子

こちらの麦わら帽子は、ちょうど耳の間に収まるサイズになっているので犬種を選ばずにかぶせることが可能です。

商品情報

お洒落なパイロットキャップ

とてもカッコいいパイロットキャップは、寒い地域への旅行などに大活躍ではないでしょうか。特に被毛や脂肪が少ないイタリアングレーハウンドなど、寒さに弱い犬種にはぜひかぶらせてあげたいですよね。

商品情報

イベント用の被り物も

ハロウィンやクリスマスなどに、イベント用の被り物を試したことはありますか?シーズンになると、SNSでは可愛い被り物をした犬たちが多く登場しますよね。被り物に抵抗が無いコは、ぜひ思い出に残してみてはいかがでしょうか?
こちらは、愛犬が誕生日にかぶれるバースデー用の被り物です。

商品情報

犬の帽子は愛犬の健康を守るアイテム

犬 帽子 被り物

犬にとっての帽子は、日差しから頭を守ったり紫外線から目を守ったりと、実用的な意味合いが大きいアイテムです。紫外線が白内障の原因になるということはあまり知られていないかと思いますので、白内障になりやすい素因を持った犬種には帽子をかぶらせてあげることをおすすめします。ファッションとしてかぶらせる場合は小さな帽子でも良いですが、目を守る為にはしっかりとツバがある帽子を選んでくださいね。

  • 更新日:

    2020.11.11

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:大森 きこ
  • ドッグライター
  • 家族で出来る範囲での保護活動をしています。今まで小型犬から大型犬まで様々なコたちと出会い、新しい家族を見つけるお手伝いをしてきました。どんなコでも迎えてあげられるようにと、現在はペット看護師の資格を取るための勉強中です。