magazine

グッズ

2020.11.15

犬のネックレスやペンダントの使い方って?選び方とおすすめ商品4選!

犬がネックレスやペンダントを付けている姿、素敵ですよね。記念日の撮影アイテムに取り入れると、特別感が増すのでおすすめです。そんな犬用のネックレスやペンダントですが、ファッションだけではなく迷子札としても使えることをご存知でしょうか?迷子札は、鑑札とは違った面でとても便利なアイテムなのです。
ここでは犬用のネックレスやペンダントの使い方や選び方、おすすめの商品をご紹介します。

Author :大森 きこ/ドッグライター

この記事をシェアする

犬がネックレスやペンダントを付ける理由

犬がネックレスやペンダントを首につけている

犬用のネックレスはどんな時に使うのでしょうか?多くはファッションとして特別なお出かけや撮影で使用することが多いかと思います。ネックレスのデザインによってはドッグランなど大勢の犬がいる場所には向かないものもありますので、シーンに合わせて選ぶと良いでしょう。

ファッションとして

ネックレスといえばファッションですよね。犬用のネックレスは安価で様々なデザインが販売されているのをご存知ですか?ちょっとおめかしして出かけたい時や記念日の写真撮影で、犬用のネックレスを使って特別感を出してみても良いですよね。
犬用のネックレスにはパールやラインストーンを使ったものが多いので、愛犬とのお揃いコーデを楽しむのもおすすめです。

迷子札として

ネックレスのペンダントトップが迷子札になっているコもよく見かけます。「鑑札を付けてるから迷子札はいらないよ」という方もいらっしゃると思いますが、出かけた先で迷子になった場合や土日で役所が休みだった場合、愛犬が手元に戻ってくるまで時間がかかってしまうことがあります。
迷子札を付けていれば保護してくれた方がすぐに電話をくれるはずなので、鑑札と一緒に付けておくのがおすすめです。

犬のネックレスやペンダントを選ぶポイントと注意点

犬 ネックレス ペンダント

犬用のネックレスには、細いものから幅の広いものまでたくさんの種類があります。

フレンチブルドッグなど、首が太めな犬種には幅広のネックレスが似合いますし、トイプードルやスムースコートの犬種など、細身の犬には華奢なタイプが似合います。

また、ネックレスによってはビーズ等の飾りがたくさん付いているものもありますが、長毛種のコには毛が絡まないようなネックレスを選んであげましょう。

選ぶ時の注意点

  • 身体や首のサイズに合ったものを選ぶ
  • 長毛種には毛が絡まないようなものを選ぶ

犬のネックレスおすすめ4選

首飾りネックレスをつけてモデル犬のようにポーズを決めてお澄まししているボストンテリア

それでは、おすすめの犬のネックレスをご紹介します。

迷子札にもなるペンダント!

皆さんは愛犬に迷子札を付けていますか?電話番号が記載された迷子札を付けておくと、保護してくれた人がすぐに連絡をくれるのでいざという時にとても便利です。ドッグタグはネックレスの先端に付けても良いですし、首輪に付けておいても良いでしょう。

商品情報

カラー展開も豊富!シンプルで洗練されたネックレス

こちらはとても華奢なラインストーンネックレス。サイズはXXS~3Lまであるので、大型犬にも付けられるのが嬉しいですね。カラーは全部で5色。革製ではありますが首輪のような強度は無いので、ネックレスとしておしゃれを楽しんでくださいね。

商品情報

パールとローズクオーツをあしらった上品なネックレス

パールとローズクォーツで出来た、こちらのネックレスはとても上品でおしゃれ。飼い主さんもパールアクセで揃えてみてはいかがでしょうか?
同じものを2つ購入し、飼い主さんはブレスレットとして付けても良さそうですよね。

商品情報

リボンが可愛いシュシュネックレス

ゴムを使ったシュシュタイプのリボンネックレスは、頭からスポンとかぶるだけなので、付けたり外したりがとっても楽!光沢のあるシュシュ部分とマットなリボン、そしてキラリと輝くゴールドのワンポイントが上品で場所を選びません。

商品情報

犬にネックレスやペンダントを付けるときは、犬の特徴や用途に合ったものを選ぼう

首にネックレスを付けてポーズを決める黒い小さい犬

犬にネックレスを選ぶ時は、被毛の長さや性格などを考慮しましょう。いたずらっ子には飾りの多いネックレスや長いネックレスよりも、スッキリとした細身のタイプを選ぶと誤飲の心配が無くなります。ペンダントは迷子札の機能を備えたものがおすすめです。犬用のネックレスやペンダントは安価で種類が豊富なので、特別な日のために一つ持っておいてはいかがでしょうか?

  • 更新日:

    2020.11.15

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:大森 きこ
  • ドッグライター
  • 家族で出来る範囲での保護活動をしています。今まで小型犬から大型犬まで様々なコたちと出会い、新しい家族を見つけるお手伝いをしてきました。どんなコでも迎えてあげられるようにと、現在はペット看護師の資格を取るための勉強中です。