magazine

チワワ ブログ 古民家
連載 / ブログ

2020.11.26

ブログ|南の島でチワワと古民家暮らし|vol.3

ちび助ワンコと南の島で古民家暮らし|自然の砂浜がドッグラン

島暮らしの私たちの家の近くには、10分程歩いたところに小さいけれど砂浜があります。えんちゃんのお散歩は、オリーブ畑の脇を通って海へ行くのがいつものコース。最初は海が見たい私に付き合ってもらってコースを決めていたけれど、えんちゃんも砂浜が好きらしく、アスファルトでは立ち止まって歩きたがらない日も砂浜まで来るとルンルンしています。砂浜にはルンルンの理由がいっぱいあるのです。

#チワワ / #南の島で古民家暮らし

日岡賢子/ライター

グレーチングは怖いの

チワワ ブログ 古民家

えんちゃんはちびっこだけど、足腰がしなやかでなかなかジャンプ力があるのですが、グレーチング(側溝にかかっている金属の蓋)はどうしても渡れないのです。

ぴょんって飛び越えられそうな幅が狭い蓋でも、穴が開いているのが怖いのか、立ち止まって渡れそうな場所を探してウロチョロ。

渡れないことが分かると行ったり来たりしながら、お得意の「くぃーん、くぃーん。」と甘えた声を出して見上げてきます。

砂浜は潮の満ち引き次第のドッグラン

チワワ ブログ 古民家

砂浜の入り口にはそのグレーチングがあるのですが、グレーチングは、えんちゃんにとって柵が張り巡らされてあるのと一緒。

海と防波堤とグレーチングに囲まれた砂浜は、まさに柵に囲まれたドッグラン。

潮の満ち引き次第では海底に沈む日もあるけれど、思いっきり走り回れる遊び場です。

思いっきり走れるもんね

チワワ ブログ 古民家

他に人がおらず、砂浜を自由に独占出来る時は、周囲に猛禽類がいないことを確認し(これ、必須!)、「よーいどん!」の掛け声で一緒に猛ダッシュ。

時々足元にまとわりついてくるので、蹴りそうになってひやひやするけど、えんちゃんは大喜び。

鼻の頭に砂をくっつけて、目をキラキラさせて掛け声を待っていますが、大概「よーい」の段階でフライング。

「どん!」まで待てないはしゃぎっぷりが可愛すぎなのです。

お友達と会える社交場でもあります

ワンコ仲間と砂浜で出会うと、これまた大興奮。

「遊ぼっ。遊ぼっ。」ってジャンプしながら駆け寄って、自分より体の大きなワンコを焚きつけて一緒に走り出します。

結果、相手の飼い主さんも一緒に走らざるを得ず申し訳ないことに。

ついでに甘えん坊気質も発揮し、飼い主さんの膝に飛び乗り顔をペロペロのやりたい放題。

こうなると、家の中では出来るオスワリもマテも聞く耳持たず。えんちゃんとの直近の課題です。

砂浜は大好きで大切な場所

チワワ ブログ 古民家

島は自然豊かで空きスペースも多いですが、近くにドッグランや犬が走り回れる広い公園がありません。

砂浜は車を気にせずおもいっきり走れる遊び場であり、他のワンコに出会える社交場になっています。

えんちゃんも楽しそうなので、砂浜だけはリードを長く、めいっぱいはしゃいでいい場所にしていますが、いつの日か、そんな楽しい場所でも指示の声を聞き分けられる子になれますように。

  • 更新日:

    2020.11.26

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 日岡 賢子
  • ライター
  • 長年勤めた仕事を辞めて、生まれ育った雪国から瀬戸内海に浮かぶ穏やかな島に移住して1年。甘えん坊でやんちゃなちびっこのえんちゃん(スムースチワワ・1歳)との島での暮らしを綴っていきます。