magazine

柴犬 ブログ
連載 / ブログ

2020.11.27

ブログ|柴犬茶々のオテンバ日記

柴犬茶々のオテンバ日記|子犬の頃の思い出

皆さんは愛犬の写真って、どのような場所に保存されていますか?スマホの中?パソコンの中?写真フィルムで保存されている方もいらっしゃるかも知れませんね。
我が家の場合はスマホで撮影した写真が溜まってきたらパソコンに保存するようにしているのですが、この間整理しているときに愛犬茶々の子犬の頃の写真がたくさん出てきました。
色々と思い出すことも多く、なんだか懐かしい気分になりました。子犬あるあるですが、茶々が幼い頃の様子をちょっとご紹介してみたいと思います。

#柴犬 / #柴犬茶々

Author :明石則実/動物ライター

体は小さいけれど、脚が太い女の子

柴犬 ブログ

茶々が我が家にやって来たのはもう8年も前のこと。ペットショップで一目見た時から気に入ってしまって、数日じっくり考えてからお迎えしたんです。
柴犬にしては目がクリクリしていて、まだ折れ耳だったのが印象的でした。

茶々のために慌ててペット用品を購入

お迎えするにあたって色々と準備するのが大変でした。10年以上前に雑種の子と暮らしたことはあったのですが、柴犬はもちろん初めてです。
ケージ、クレート、給水器、ペットシーツ、フード、「柴犬の飼い方の本」などなど慌てて購入しました。

最初に茶々を見た時から少しおとなしい印象で、「さすが女の子はおとなしいよね~」と感じたものです。その時までは。
ペットショップまで迎えに行って、車に乗せた時もブルブル震えていましたっけ。

家にやって来た当初はおとなしかった茶々

家に連れて帰ってきても茶々はさすがにおとなしいままでした。寂しいからと鳴きもせず、少し落ち着いている感じ。
それでも珍しいのか、あちこち匂いを嗅ぎまわっていたものです。

慣れたとたん暴れん坊に

柴犬 ブログ

子犬らしくない落ち着きように当初は心配もしていたものの、やがてそれは杞憂だということに気付きました。
慣れてくると茶々らしいオテンバぶりを発揮し始めたのです。

とにかく噛む!噛む!噛む!

我が家の床はフローリングだったため、滑り止め用にウレタンマットを敷いてあげました。ところがいきなりマットの端から齧り始めたのです。
子犬の頃ですと、歯がかゆいから噛むのはわかるのですが、どうもそれだけではなかったようです。とにかく手当たり次第に噛みちぎるので大変困りました。
せっかくのウレタンマットが早々に退場したのは言うまでもありません。

犬用おもちゃもあっという間に破壊

犬用の噛むおもちゃを与えたのですが、オテンバ茶々のパワーの前ではあっという間に破壊されてしまいました。
頑丈な布製のものなら、端から削るように齧っていき、3~4日でボロボロになってしまいます。またトウモロコシの成分で作られた飲み込んでも大丈夫なおもちゃも、わずか1日で姿を消してしまいました。

そうやってすぐにおもちゃを破壊してしまうので、それ以来ずっと柔軟性のあるゴム製のものを与えています。

そしてドッグランデビューへ

柴犬 ブログ

社会化経験をさせて、徐々に散歩にも慣れていって、いよいよ満を持してドッグランデビューを果たしました。
最初は戸惑っていた茶々も、だんだんと他のワンちゃんに慣れてきたようで、仲良く遊ぶようになってくれました。でもちょっと体の大きな子は苦手のようです。

今ではすっかりドッグラン好きに。「茶々!ドッグラン行こうか!」と声をかけると尻尾を振りながら目をキラキラさせていますね。

今ではすっかり貫禄がついて…

柴犬 ブログ

かわいくて小さな子犬だった茶々も、今ではすっかり貫禄のある犬に成長しました。柴の女の子なのに体重は10キロ…一時は12キロほどもあったくらいです。そんな感じで日々ダイエットに取り組んでいますね。
これからも写真を残して、たくさん思い出を作っていきたいと思います。

  • 更新日:

    2020.11.27

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 明石 則実
  • 動物ライター
  • フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。 愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。