magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの

2020.11.15

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.30

パートナーに優しいレシピ|犬に塩分を与えてはいけないの?

人間の食べ物を与えてはいけないという理由のひとつに、「塩分が多いから」と聞いたことがある方は多いと思います。私も他の飼い主さんたちから、よくその話を聞きました。
では実際に、犬と塩分にはどのような関係があるのでしょうか。実際に起こった話を元に、考えてみたいと思います。

#パートナーに優しいレシピ

Author :さのさえこ/ドッグライター

この記事をシェアする

本当にあった塩分が引き起こした病気【その1:尿路結石】

散歩中に会う飼い主さん達から聞いた、塩分の大量摂取に伴って起きた病気や徴候についてご紹介したいと思います。
普段何気なくやっていることの中に、塩分摂り過ぎの危険が?!

人間の食べ物が大好きなミックス犬の血尿

その子は小型のミックス犬で、現在15歳の男の子です。病気は5年前、その子が10歳の時に起こりました。

その子は、飼い主さんからおつまみやご飯のおかずなど人間の食べ物をもらうのが好きだったそうです。しかしある時からオシッコに血が混じるようになりました。

飼い主さんはすぐに気づいたのですが、特につらそうな様子はなかったらしく、しばらく見守ることにしました。

突然の異変で病院に駆け込み緊急手術に

その1ヶ月後、容体が急変し動物病院に駆け込む事態に。尿道に石が詰まり危険な状態になっていました。

幸い命は助かったものの、その子は尿道が使えなくなり切除を余儀なくされました。そして新たな尿道を再建する手術を同時に行ったそうです。

現在は問題なく元気に過ごせていますが、飼い主さんは「絶対に人間の食べ物はダメだよ。塩分が多いから」と、何度も口にしていました。

本当にあった塩分が引き起こした病気【その2:】

次は、6歳のゴールデンレトリーバーの男の子が、まさかの事態で塩分摂り過ぎになってしまったお話です。今までそんなことはなかったのに、突然起こった出来事とは。
愛犬を海に連れて行く飼い主さん、くれぐれもご注意ください。

海で泳いだだけなのに命の危険が迫った?!

今年の夏は猛暑でしたよね。散歩に出てもほとんど運動にならなかったので、飼い主さんはそのゴルくんを川や海に何度か連れて行ってしました。ゴルくんは泳ぐのが大好き! 生き生きとした表情で楽しむゴルくんに、飼い主さんも喜んでいました。

ところがある日、海でいつものように泳いでいたゴルくん、海から上がった途端にフラフラと海藻のたまっている場所へ行くと、突然、嘔吐と下痢をし始めました。

シニアに差し掛かって変わっていた泳ぎ方

嘔吐と下痢は少しして落ち着いたので、その日はそのまま帰宅しました。しかし数日後、耳の様子がおかしいと病院に連れて行ったところ、海での話を聞いた獣医さんがとても驚いた顔をしたそうです。

そう、ゴルくん、泳いでいる間に海水をたっぷり飲んで、塩分過多になっていたのです。「脳に後遺症が残ってもおかしくない状態だったよ」と言われ、飼い主さんもヒヤリとしたと話していました。もしかしたら、耳の異変も海水のせい?

「昔は海水を飲むことなんてなかったのに、年を取って泳ぎ方が変わっちゃったのかな……」
来年は海に連れて行かれるか、少し不安げな飼い主さんでした。

犬に塩分は必要なもの?要らないもの?

犬にも塩分は必要です。そして普段の食事の中で塩分を摂取しています。ドッグフードや肉のおやつにも「ナトリウム」という形で表記されています。

犬のナトリウム摂取量の目安は、体重1kg当たり50mgです。この摂取量から食塩相当量を計算することで、1日の塩分量の目安が算出されます。
食塩相当量に換算する式は、以下のとおりです。

食塩相当量の算出方法

  • 愛犬の体重(kg)×1日のナトリウム摂取量の目安(50mg)×2.54÷1000

うちの子の場合は・・

うちのコの場合は体重が約5kgなので、1日に必要な塩分量は0.635gとなりました。

5kgの愛犬の場合

  • 5(kg)×50(mg)×2.54÷1000=0.635(g)

ドッグフードには意外にナトリウムが多い

ドッグフードには必要最低限のナトリウムしか含まれていないという方もいらっしゃるのですが、我が家でメインに与えているドッグフードの保証成分を見たら、少し多いように感じまます。

ナトリウムは0.38%と0.4%です。うちのコのナトリウム必要目安は5kg×50mg=250mgなので、1日100gのフードを与えたとすると既に多く摂取していることになります。

もし0.4%のナトリウム含有量のフードを100g与えたら1日に400mgを摂取していることになり、食塩相当量は1.061g。0.381g多く摂取することになります。

そうは言っても、0.381gというのは、1円玉の約3分の1の量です。誤差の範囲内なのかな…。

おやつでさらにナトリウム摂取量が増える

フードだけで必要以上にナトリウムを摂取しているとすれば、おやつを与えることでさらに摂取量が増えます。犬用のおやつや、ゆでた肉などであれば多少は抑えることができますが、人間のパンやちくわ、ハムなどを与えると、それだけで0.6〜1g以上の塩分を摂ることになります。

うちのコのナトリウム摂取量目安250mgを食塩相当量に換算すると0.635gですから、人間の食べ物を与えたら一気に倍以上の塩分を摂取したことになってしまいます。

でも人間の食べ物って、犬にはとても魅力的なようですね。うちのコは犬用のパンには目もくれないのに、私が食べているパンは、どうにかしてクズでもいいから食べようと必死です。私が食べこぼすのをひたすら待っています(笑)

塩分摂り過ぎた!お助けゆで汁スープ

犬は人間よりもナトリウムを排出する能力が高いと言われていますが、塩分摂り過ぎかな?と思った時は、スープでオシッコがたくさん出るようにサポートしてあげるのはいかがでしょうか。

意外にも、食物繊維、特に水溶性食物繊維が塩分排出に有効ということで、今回は水煮大豆とリンゴを使ったスープをご紹介します。リンゴは体を温める効果もありますので、寒いこの時期の水分補給におすすめです。

大豆とすりおろしリンゴのゆで汁スープ

※量は愛犬に合わせて調整してください

材料

  • 水煮大豆
  • リンゴ
  • 好きな肉のゆで汁(体を温める効果があるのは、鶏、羊、鹿肉)

作り方

  1. 水煮大豆を小さく潰す
  2. 愛犬の好きな肉をゆでて、ゆで汁だけ取り分ける
  3. 食べる直前にすりおろしリンゴを混ぜる

愛犬の反応やいかに

私は鹿肉をゆでてスープにしてみました。香りも立って食欲をそそりますが、もしかしたら肉の匂いがしなくても食べたかもしれません。無理に肉を使う必要はないので、みなさんの愛犬に合わせてあげてくださいね。

塩分を敵視するのではなく上手な付き合いを

今回のお話は塩分の摂り過ぎは怖いというところから始めましたが、その原因となったのは「過度な塩分」でした。これは、ごく普通にフードや犬用のおやつを少し与える程度なら問題はないということになります。

塩分の不足は犬の体調を崩します。不足することで結石ができやすくなるという報告もあります。むやみに塩分を制限するのではなく、適量をきちんと与えることが必要なのだと、私も学びました。

  • 更新日:

    2020.11.15

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:さの さえこ
  • ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。