magazine

しつけ

2020.10.16

【専門家監修】子犬のしつけ|トイレトレーニングはいつ・どのように始める?

子犬を迎えたら、いろいろなしつけをする必要がありますが、その中でもすぐにはじめたいのがトイレトレーニングです。「トイレトレーニングはいつからどうやってやるの?」という飼い主さんに子犬のうちにトイレトレーニングをする必要性や始めるタイミング、トイレトレーニングの方法をご紹介します。

Author :監修:みなみ愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師(文:新井 絵美子/動物ライター)

この記事をシェアする

子犬のうちにトイレトレーニングをするべき理由

子犬 しつけ

まずは、子犬のうちにトイレトレーニングをする必要性からご紹介します。

家中のどこでも排泄をしてしまうのを防げる

トイレトレーニングをすることで、家中のどこでも排泄してしまうのを防ぐことができます。トイレトレーニングをしないと子犬が「どこで排泄しても良い」と認識してしまい、家中のあちこちでトイレをしてしまうようになってしまいます。そのように認識してしまう前にトイレトレーニングを始める必要があります。

室内でトイレをできないと愛犬にデメリットが生じる

飼い主さんの中には、外でトイレをさせるから、室内のトイレトレーニングはしないという方もいます。しかし、外でしかトイレができなければ、万が一、長時間留守番が必要になったとき、室内でトイレができず、ずっと我慢しなければなりません。また、雨の日のみならず台風や大雪など天候の荒れた日でもトイレをするために外に行かなければなりません。愛犬も飼い主さんも危険な目にあってしまうかもしれません。です。

このように室内でのトイレの習慣をつけてないと、さまざまなデメリットが生じるのでトイレトレーニングは必須です。

子犬のトイレトレーニングはいつ始めるのがいいの?

子犬 しつけ

子犬のトイレトレーニングをいつ始めればよいのかを知っておくと共に、事前に必要なトイレ用品も用意しておきましょう。

子犬を迎えたその日から開始!

子犬のトイレトレーニングは、迎えたその日から始めていきましょう。どこでトイレをしてもいいんだという習慣が一度ついてしまうと、その習慣を直すのには一苦労です。そのため、すぐにトイレトレーニングを始める必要があります。

また、子犬がそれまでにいたブリーダーや動物保護団体などによっては、すでにトイレトレーニングが完了しているかもしれません。しかし新しい環境でも今まで通りできるとは限りません。再び最初からトイレトレーニングを教えるつもりでいたほうがよいでしょう。

トイレ用品は何が必要?

子犬を迎えた日からすぐにトイレトレーニングを始められるように、ケージもしくはサークル、トイレシート、消臭剤、トイレトレーなどの必要なものを必ず事前に用意しておきましょう。

トイレシートを購入する際は、吸水性がよいのはもちろんのこと、おしっこが逆戻りしないか、シートの端からおしっこが漏れないかなどを実際に使ったことのある方のレビューを参考にして選ぶことをおすすめします。

子犬のトイレトレーニング方法

子犬 しつけ

ここからは、トイレトレーニングの手順をご紹介します。

1:ケージ内でのトイレシートで排泄することを教える

ケージ内にトイレシートを敷き詰めて、そこで排泄することを教えます。犬はふかふかした感触のものにおしっこをする習性があるため、例えば絨毯の上にペットシーツを置くとふかふかした絨毯で排泄してしまうかもしれません。このようなまぎらわしさからの失敗を防ぐために、ケージ内の限定したスペースでトレーニングをおこないます。

最初のうちは、愛犬がトイレの素振りを見せたらトイレに誘導してあげてください。そして、上手にできたら褒めてあげましょう。

2:トイレシートの一部を取り除く

トイレに慣れてきたらトイレシートを何枚か取り除いて、トイレシートの面積を狭くします。敷き詰めてあったトイレシートの中には、一度も使っていないものもあるかと思うので、その使用していないシートを外して様子を見ます。

3:トイレトレーに移行する

自主的にトイレに行くことができ、かつ面積を狭くしたトイレシートでいつも排泄ができるようになったらトイレトレーに移行しましょう。

愛犬がここまでできるようになるまでに何度も失敗することもあるかと思いますが、決して叱らないようにしてください。叱ってしまうと「トイレは嫌なもの」と学習してしまうからです。上手にできたときはその場で褒めてあげましょう。

子犬を迎えたらすぐにトイレトレーニングを始めよう!

子犬 しつけ

「子犬を迎えて、その日のうちにもうトイレトレーニングをするの?」と思った方もいるかもしれませんが、排泄は毎日のことなので、すぐにでも始める必要があります。トイレに慣れてきたかな?っと思っても、再び失敗してしまうようなこともあるでしょう。失敗しても叱ったりせず、上手にできたら褒めてあげるようにしましょう。

  • 更新日:

    2020.10.16

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • 監修者:みなみ 愼子
  • 名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師 動物福祉・倫理学、ホリスティックケア・インストラクター
  • 非常勤講師のほか、ペットマッサージやアロマテラピーの教室を開講しており、犬の保護施設でもペットマッサージのボランティア活動を実施中。一緒に暮らしている犬はロットワイラー、フレンチブルドッグ、MIX犬の3頭で、犬との伸びやかな暮らしを楽しみたいと思っています。