magazine

白と黒の毛をした中型犬がボールタイプの歯磨きおもちゃで遊んでいる
グッズ
鉛筆アイコン

2021.06.29

犬の歯磨きおもちゃオススメ9選!効果や手作り方法も紹介【獣医師監修】

人間と同様、犬も歯垢や歯石が溜まると歯周病を引き起こしてしまうので、歯磨きをする必要があります。とはいえ、歯磨きが苦手な犬も少なくありません。そんな場合に活用したいのが、歯磨き効果があるおもちゃです。おもちゃの表面に凹凸や溝があり、犬が噛むことで歯垢や食べかすを取り除ける仕組みになっていることから、遊びながらデンタルケアができます。
今回は、歯磨き効果があるおもちゃをタイプごとにご紹介します。

#おもちゃ

新井 絵美子/動物ライター(監修:加藤 みゆき/獣医師)

犬の歯磨きおもちゃの選び方

ロープタイプのおもちゃで遊ぶ中型犬

犬用の歯磨きおもちゃには数多くの種類がありどうやって選んでいいか迷ってしまいますよね。 歯磨きする効果がおもちゃを使うことで得られることができ、なおかつ愛犬に楽しく遊んでもらえるように、歯磨きおもちゃの選び方についてまずは見ていきましょう。

素材について

犬の歯磨きおもちゃには木製のものやラバー製、ナイロン製のものなどがありますが、噛み砕いてしまった結果それを食べてしまっても安全な素材のおもちゃを選ぶようにします。 歯磨きおもちゃを食べてしまっても毒がなく便で出せるのであれば問題はありませんが、製造元の明記している内容をしっかりと確認しておいたほうがいいでしょう。また歯磨きおもちゃで天然素材のコットンやヘチマなどの素材を使っている場合は安全性の高さはありますが、体質や量によっては体調を崩してしまうこともあるので注意しておきましょう。

サイズについて

愛犬の大きさに合わせた歯磨きおもちゃを選ぶようにしましょう。 見た目がかわいいといったデザイン面で歯磨きおもちゃを選ぶだけでなく、愛犬に与えたときに飲み込んでしまわないか、しっかりと噛むことができるかという部分に注目して選ぶようにします。 パッケージには犬の適正サイズが記載されているので、歯磨きおもちゃを購入する前に必ずチェックするようにしましょう。

犬用歯磨きおもちゃ|壊れにくさがおすすめの4選

白と茶色の毛をした子犬が一生懸命に歯磨きおもちゃを噛んでいる

噛む力が強い犬には、壊れにくい丈夫な素材でできた歯磨きおもちゃがおすすめです。ここでは、耐久性の高い素材で作られた歯磨きおもちゃをご紹介します。

なお、どの歯磨きおもちゃにも言えることですが、あまりにも長時間ガシガシとおもちゃを噛んでいると、歯が欠けるなどのトラブルが起こるリスクがあります。そのため、どんなに長くても歯磨きおもちゃの使用は10分程度にとどめるようにしましょう。

獣医師と共同開発した歯磨きおもちゃ

獣医師との共同開発で誕生した、犬が持ちやすい骨型の歯磨きおもちゃです。外側は丈夫なナイロン素材で、中央部分は凹凸のあるウレタン素材になっており、耐久性がありながら犬が満足する噛みごこちを実現しています。この歯磨きおもちゃはベーコンフレーバー付きなので、ガシガシ噛んでくれることが期待できます。

耐久性がありながら歯を傷つけない

丈夫でありながらも弾力性のあるTPR素材で作られている歯磨きおもちゃです。そのため、硬すぎて犬の歯が欠けてしまうといった心配が少ないのがメリットです。この歯磨きおもちゃの表面には小さな突起や溝があり、おもちゃを噛むことで歯垢や歯の間に詰まった食べかすを取り除けます。

  • 商品名:CEESC/犬歯磨き ワンちゃん 噛むおもちゃ
  • Amazonで見る

噛む力が強い犬におすすめ

この歯磨きおもちゃは硬くて丈夫なナイロン素材でできており、噛む力が強い犬に向いています。おもちゃをくわえやすいよう中央部分に溝があり、噛むことで歯の汚れを落とせます。チキンフレーバー付きなので、夢中になって歯磨きおもちゃを噛んでくれることでしょう。

犬が噛みやすいデザイン

犬が歯磨きおもちゃを押さえて噛みやすいよう、犬の工学に基づいたデザインになっているのが特徴です。この歯磨きおもちゃは両側に溝があり、歯が溝にくい込むことで歯垢が取り除けるようになっています。また、おもちゃにミントフレーバーが付いているのも嬉しいポイントです。

  • 商品名:Benebone(ベネボーン)/デンタルチュー レギュラー
  • Amazonで見る

犬用歯磨きおもちゃ|ボールタイプのおすすめ2選

ボールタイプの歯磨きおもちゃを咥えて走ってくる小型犬

ボールの歯磨きおもちゃは、屋内だけでなく屋外でも遊びながらデンタルケアができるのがメリットです。ここでは、おすすめのボールの歯磨きおもちゃをご紹介します。

口の大きさに合わせて選べる

歯磨きおもちゃを噛むと音がするようになっているので、楽しみながら歯磨きができます。柔らかい厚みのある天然ゴム素材で、おもちゃのボールの大きさは直径5~9cmまであり、愛犬の口の大きさに合ったものを選べます。この歯磨きおもちゃは汚れても簡単に洗えるので、屋外でボール遊びを兼ねてデンタルケアをするのもよいでしょう。

遊びがより楽しくなるおもちゃ

高品質な天然ゴムで作られている歯磨きおもちゃです。不規則にバウンドするように設計され、予測しづらい動きをするので、歯磨きおもちゃで楽しく遊びながらデンタルケアができます。また、おもちゃを噛んだときに愉快な音が出るようになっているのもポイントです。

犬用歯磨きおもちゃ|天然素材のおすすめ3選

ビーグル犬がカラフルなロープを咥えて遊んでいる

柔らかい噛みごこちのおもちゃが好きなコには、天然素材の歯磨きおもちゃがおすすめです。ここでは、コットンや天然ゴムなどの天然素材で作られた歯磨きおもちゃをご紹介します。

歯にフィットするぬいぐるみ

かわいらしいゾウのぬいぐるみの歯磨きおもちゃです。歯の表面にフィットしやすいよう、凹凸のある生地で作られています。この歯磨きおもちゃは頭やお腹部分を噛むと音が鳴るので、喜んで遊びながら歯磨きができるでしょう。

引っ張りあいながら遊べる歯磨きおもちゃ

コットン素材のロープ型の歯磨きおもちゃです。コットン糸が適度に緩く編み込まれ、噛むと歯に食い込みやすくなっています。愛犬とこの歯磨きおもちゃを引っ張りっこをしながら、デンタルケアをサポートしてあげるのもよいでしょう。

  • 商品名:ドギーマン/犬用おもちゃ 毎日ハミガキコットン ループ
  • Amazonで見る

歯磨き粉を入れて使える

噛みごこちのよい天然ゴムできている歯磨きおもちゃです。おもちゃの表面のギザギザ部分や突起を噛むことによって、歯垢が取り除けます。また、歯磨き粉を入れて使用できるのも大きな特徴です。このおもちゃにはハンドルが付いており引っ張りっこもできるので、愛犬とコミュニケーションを取りながらデンタルケアができます。

この記事もチェック!

犬の歯磨きおもちゃを手作りする方法

犬の歯磨きおもちゃを作るために布をハサミで切っている

着なくなったTシャツやトレーナーなどを使って、ロープ状の歯磨きおもちゃが簡単に作れます。作り方を詳しく見ていきましょう。

愛犬に合わせて作ってみよう

歯磨きおもちゃを作るために、着なくなったTシャツやトレーナーを用意し、以下の手順で作っていきます。

ねじって三つ編みをすることで歯に食い込みやすくなります。愛犬の口に合う歯磨きおもちゃになるように、太さや編み具合を調整しながら作ってみてくださいね。

  1. Tシャツ(もしくはトレーナー)を縦方向に置き、幅1~2cmにカットしたものを2枚、幅3~6cmにカットしたものを6~9枚作る
  2. 幅3~6cmにカットしたものを1つにまとめ、上部を幅1~2cmにカットしたもの(1枚)で結んで束ねる
  3. 束ねたら3等分し、それぞれをねじる
  4. 3を三つ編みしていき、もう1枚の幅1~2cmにカットした布でほどけないように結べば完成

手作りにおすすめの参考本

犬の手作りおもちゃ専用の本ではありませんが、ぬいぐるみをカミカミすることで歯磨き効果を期待したい場合は、かぎ編みで作れるあみぐるみの本がおすすめです。

あみぐるみは程よい凹凸があり、中綿が入っていることから噛みごこちもよいので、手作りの歯磨きおもちゃを愛犬も喜んで使ってくれることでしょう。動物やフルーツなどのさまざまなモチーフが紹介されています。

  • 商品名:アサヒオリジナル/カンタン! かわいいかぎ針編み だっこあみぐるみ & クッション
  • Amazonで見る

犬の歯磨きおもちゃで遊びながらデンタルケアしよう

歯磨きおもちゃで遊んできれいな歯にしている中型犬の口

犬の歯磨きおもちゃは、歯の汚れや食べかすが除去しやすいように設計されたものがたくさんあります。歯磨きが苦手だからといってデンタルケアを諦めてしまうと、どんどん汚れが溜まる一方です。愛犬が喜ぶ歯磨きおもちゃを見つけて、歯の健康を守ってあげてくださいね。

この記事もチェック!
  • 公開日:

    2020.10.13

  • 更新日:

    2021.06.29

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。