magazine

健康管理 / 病気

2020.10.31

冬に多い犬の病気3つ!犬も寒くなると関節を痛めやすくなる?

寒い時期になると風邪を引いたり、関節が痛くなったりすることがありますが、犬も同様に冬になるとかかりやすい病気があります。そこで今回は、冬に多い犬の病気について解説します。また、病気の予防法についても知識を深め、愛犬の健康を守ってあげましょう。

Author :監修:阿片 俊介/クロス動物医療センター 主任動物看護師(文:新井 絵美子/動物ライター)

この記事をシェアする

冬にかかりやすい犬の病気は?

冬にかかりやすい犬の病気を知っていれば、事前に対策をして愛犬の健康を守ってあげられます。寒い時期に気をつけたい病気について理解を深めておきましょう。

泌尿器系の病気

寒くなると活動量が減り喉があまり渇かなくなるため、夏に比べて飲水量が大幅に少なくなります。そうすると尿が濃くなり、尿中のミネラルが結晶化して尿道や膀胱に結晶や結石ができやすくなることから、尿石症になってしまうことがあります。

尿石症は尿道や膀胱にできた石により、頻尿や血尿、排尿痛、排尿困難などを引き起こす病気です。なかなか治らない場合があるほか、慢性化してしまうことも少なくなりません。繰り返しトイレに行くのに尿が少量しか出ない、もしくは全く排尿できない、尿の色がいつもと違うなどが見られる場合は要注意です。

呼吸器系の病気

気温が低く空気が乾燥する冬場は、鼻や喉の粘膜の働きが弱まることから、細菌やウイルスが体に侵入するのを防ぐ力が弱まり、呼吸器系の病気にかかりやすくなります。

咳やくしゃみ、鼻水がよく出るなど、私たち人間が風邪を引いたときのような症状が見られたら、早めに動物病院で診察を受けた方がよいでしょう。これらの症状が長期化すると、二次感染により肺炎に進行してしまうことがあるので注意が必要です。

関節の病気

関節が温まっていない状態で散歩に出かけ、急に思いっきり走ったりすると、関節が柔軟に動かず無理な体勢をとってしまい、関節を痛めることがあります。

また、夏に比べ気温が低い冬は、運動量が減り肥満になりやすい傾向にあります。肥満になると関節への負担が大きくなるため、関節炎などにも注意が必要です。

冬に多い病気はどんな犬がかかりやすい?

免疫機能が十分に備わっていない子犬や、加齢により体力が衰え、抵抗力が低下している高齢犬などは、成犬に比べて体調を崩しやすいので特に気にかけるようにしましょう。

また、シングルコートで寒さに弱い犬種も体が冷えやすいので、寒さ対策をして病気を予防することが大切です。

冬に多い病気の予防法

愛犬が体調を崩さないよう、以下のことを心がけ病気を予防してあげましょう。

水分を取らせるように心がける

泌尿器系の病気を防ぐには、水分をなるべく取らせるように心がけましょう。
寒いと体を丸めて寝ているばかりで、水分をあまり取らないことも少なくありません。そのため、ウォーターボウルは複数の箇所に置き、水を飲みに行きやすくなるようにしてあげましょう。冷たい水を飲みたがらないときは、少し温めてあげると飲む場合もあります。
また、ウェットフードをあげる回数を増やすのもよいでしょう。ウェットフードは水分を多く含んでいるので、食事により水分をとらせることができます。

寒さ対策をする

ウイルスは気温と湿度が低い状態を好むので、エアコンやヒーターなどで室内を暖かくして寒さ対策をしましょう。また、暖房器具を使うと室内が乾燥してしまうので加湿器も活用し、適度に湿度を保つことも大切です。

なお、寒さ対策をしても室内に細菌やウイルスが充満しては意味がないので、時々窓を開けて換気をするようにしましょう。

体重管理をして肥満にならないようにする

最低でも月に1回は、愛犬の体重測定をして適正体重が維持できているか確認しましょう。運動量が減り太りぎみになってきた場合は、ダイエット用フードに切り替えるなどして肥満対策をしましょう。

普段食べているフードの量を減らすと、1日に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルが不足ぎみになることがあります。一方、ダイエット用フードは低脂肪、低カロリーでありながら、必要な栄養が摂取できるように調整されているので、健康を損ねる心配をすることなく肥満予防ができます。

冬に多い犬の病気のサインを見逃さないように!

人間と同様、犬も寒い冬場は体調を崩しやすくなります。気温が低くなってくる晩秋の頃から寒さ対策をしたり、新鮮な水がいつでも飲める環境に整えたりなどして、冬にかかりやすい病気を予防するようにしましょう。

犬は言葉で体の不調を訴えることができないので、普段から愛犬の様子を観察し異変がないかチェックしてあげてくださいね。愛犬と一緒に元気に冬を過ごしましょう。

  • 更新日:

    2020.10.31

この記事をシェアする