magazine

犬 靴 室内 5選
グッズ

2020.10.10

室内で犬に履かせたい靴5選|タイプ別のおすすめを徹底比較

最近ペットショップなどで犬用の靴を見かけることが多くなりました。4本の足にちょこんと履いた姿はなんとも可愛らしいですよね。犬に靴を履かせる理由は、ファッションだけではないんです。外では、夏の暑い時期にアスファルトの熱から肉球を守るためだったり、室内ではフローリングを歩くときの滑り止めとして履かせることもあります。今回は、室内で犬に靴を履かせるときのおすすめを「履かせやすい靴下タイプ」と「脱げにくいブーツタイプ」に分けてご紹介します。

#犬の靴

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

履かせやすいソックスタイプの靴おすすめ2選

犬 靴 室内 5選

4本の足に履かせるとなると、できるだけ時間をかけずに履かせてあげたいですよね。そんな時には、ソックスタイプがおすすめです。やわらかく締め付けが少ないので、靴を履いたことがない犬にはソックスタイプから少しずつ、短い時間から慣らして行くようにしましょう。

見た目もかわいく、外でも履けるソックスタイプ

AblePet犬用ブーツ、防水靴、滑り止めソールと調節可能なベルクロ付き通気性ソックス ソックスタイプの靴で、脱げにくいようマジックテープで調節くすることができます。足裏から足先にシリコンの防水加工が施されています。ちょっと地面が濡れている程度であれば、外で履いてもOK。

商品情報

スポーツ パウクス 足首のソックス部分の足首と履き口の2か所に絞り加工がしてあるため、マジックテープで固定しなくても脱げにくい仕様になっています。足裏から甲にかけて滑り止め加工がされているので、滑りやすフローリングでも安心して履かせられますね。また、ひっかき傷など、フローリングの傷予防にもおすすめです。

商品情報

脱げにくいブーツタイプの靴おすすめ3選

犬 靴 室内 5選

犬の足の大きさは、犬種によっても違いがありますよね。足の裏が大きい犬やスラっと細い足の犬など、どの犬が履いても脱げにくいようにしたいときはブーツタイプがおすすめです。マジックテープで調節することができ、しっかりと固定するので脱げにくくなっています。また、外で使うことを考えて作れているので、耐久性が高いものが多いです。

20年以上犬の靴を作り続けたメーカー

Muttluks マットトラッカーズ(2枚入り) 履き口は大きめのマチがあるので、指が引っかかることなく履かせることができます。筋力の弱ってきたシニア犬にもしっかりと滑り止め効果を発揮してくれます。こちらの靴は2枚入りになので、前足に合うサイズと後ろ足に合うサイズの2セット揃えてくださいね。

商品情報

盲導犬も愛用!素材にこだわった快適な靴

わんちゃんの快適な靴 犬が靴を履いてあるいていると靴が回転したり、脱げやすくなってしまいますが、2本のマジックテープでしっかりとフィットさせられます。また、靴の中に熱がこもらないよう、熱を放出する特殊加工のメッシュが使われているので、履いている犬も快適です。東日本盲導犬協会の訓練士との一緒に作られた靴なのも信頼できるポイントですね。

Amazon商品ページはこちら

コスパ最高!滑りにくい靴底

Leeko お散歩シューズ リサイクル100%のゴムを使った靴底は、タイヤのような溝があるため滑りにくくなっています。通気性のよいメッシュ素材なので、1年中履かせてあげることができます。耐久性もあるのにコストパフォーマンスがいいのは嬉しいですね。

商品情報

愛犬に合わせて靴を選ぼう

犬 靴 室内 5選

犬に室内で靴を履かせるときのおすすめをご紹介しました。室内で犬に靴を履かせると滑り止め効果だけではなく、筋力の衰えてきた高齢犬の歩行のサポートやヘルニアや関節炎などの病気やケガの予防にもおすすめです。靴のタイプもいろいろとありますので、愛犬にどんな靴を選んだらいいか迷ったときには参考にしてみてください。ちなみに、前足と後ろ足のサイズは違いますので注意して選んでくださいね。

  • 更新日:

    2020.10.10

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:KANAKO
  • トリマー
  • ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。 普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。