magazine

食べもの

2020.10.27

犬にカシューナッツをおすすめできない理由!誤って食べてしまった場合の対処法

ナッツ類の中には、犬が食べると中毒症状を引き起こす種類がありますが、カシューナッツにおいては少量であれば犬が食べても大丈夫です。とはいえ、積極的に与えるのはあまり望ましくありません。
この記事では、犬にカシューナッツがおすすめできない理由や与える際の注意点、たくさん食べたときに見られる症状や対処法などについて解説します。

Author :監修:有竹 由貴/動物看護士(文:新井 絵美子/動物ライター)

この記事をシェアする

犬にカシューナッツは与えないほうがいい

犬 カシューナッツ

カシューナッツには、犬が食べた場合に中毒症状を引き起こす成分は含まれていません。 ただし、健康に悪影響を及ぼしてしまう可能性があることから、積極的に与えることはあまりおすすめできません。

犬にカシューナッツがおすすめできない理由

犬 カシューナッツ

カシューナッツは犬にとって必ずしも必要な食材ではなく、注意が必要な食材です。ここでは控えたほうがよいとされる理由について紹介していきます。

消化が悪い

消化が悪いとされるカシューナッツを犬が食べることにより、胃や腸に負担をかけてしまい、消化不良が原因の下痢や嘔吐といった症状がでることがあります。

肥満の原因になる

カシューナッツに含まれる脂質は100gあたり約43gと多めなので、日常的に摂取することにより肥満の原因につながります。

犬にカシューナッツを与える際の注意点

犬 カシューナッツ

カシューナッツを食べている横で、愛犬が食べたがるようなこともあるかもしれません。愛犬が体調を崩してしまわないよう、与える際は以下のことに注意しましょう。

少量与える程度にする

先述の通り、カシューナッツは消化が悪いため、与えるとしても2?3粒程度にしましょう。また、一度に全部与えず1粒ずつあげるのがよいです。犬は食べた量よりも、「おやつをもらえた」ということに対して喜びます。そのため、1粒ずつ与えれば、その分もらえる回数が増えるので満足感が高まります。

味付けされたものは与えない

カシューナッツには、塩で味付けされたものもあります。そのようなものを犬に与えると塩分過多になり血圧の上昇を招きます。よって、もし与えるのであれば、何も味付けがされていないものだけにしましょう。

火が通っているものを与える

犬にとってカシューナッツは生の状態だと有害な成分を含んでいます。そのことから、火を通しているローストされたものを選んで与えることが必要となります。

犬にカシューナッツを(危険な量や方法で)与えてしまった場合の対処法

犬 カシューナッツ

犬にカシューナッツを積極的に与えないほうがいいのを知らないで、うっかりそれなりの量を与えてしまったり、飼い主の目の届かないところで、愛犬がカシューナッツを勝手に食べてしまったりした場合は、落ち着いて以下のように対処しましょう。

いつどのぐらい食べたのかをメモする

まず、いつどのぐらいのカシューナッツを食べたのか(食べたと思われるのか)、現在の愛犬の様子はどんな様子かを、おおよそでもいいのでメモしておきましょう。このようにメモをとっておくと、診察の際に正しく状況を伝えることができます。

動物病院へ連れて行く

何らかの症状がすでに見られる場合は、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。もし症状が出ていなくても、心配なときは診察を受けたほうが安心です。カシューナッツが入っていたパッケージもあるようなら、それも持参するようにしましょう。

犬がカシューナッツを(危険な量や方法で)食べた場合に考えられる症状

犬 カシューナッツ

愛犬がカシューナッツをたくさん食べてしまった場合、どんな症状があらわれる可能性があるのかを知っておきましょう。

下痢や嘔吐

消化不良により下痢や嘔吐の消化器症状を起こす可能性があります。特にお腹が弱い犬は注意が必要です。もしこれらの症状が見られたら写真を撮っておくとよいでしょう。診察の際により説明がしやすくなります。

犬にカシューナッツを与える必要はない

犬 カシューナッツ

カシューナッツは犬も食べられる食材ですが、消化が悪いので下痢や嘔吐を起こす可能性があります。このようなリスクがあり、症状の具合はそれぞれの犬によって異なるため、極力与えないほうが賢明と言えるでしょう。

  • 更新日:

    2020.10.27

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:新井 絵美子
  • 動物ライター
  • 2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。 過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。