magazine

お手入れ

2020.10.23

スキッパーキは抜け毛が多い?被毛のタイプと皮膚・被毛のお手入れのコツ

スキッパーキの黒い被毛は美しい!スキッパーキの魅力はなんと言っても黒く輝く被毛と言っても過言ではないかもしれません。そんな被毛の美しさはきちんとお手入れをしてからこそ引き出すことができます。ここでは、スキッパーキの被毛の特徴やお手入れのポイントを解説していきます。

#スキッパーキ

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

スキッパーキの被毛のタイプは?

スキッパーキの抜け毛

スキッパーキは黒い被毛が美しくて印象的ですよね。そんな黒い被毛を美しく保つにはお手入れが欠かせないのですが、そんお手入れも被毛のタイプを知ることで、さらに上手にすることが可能です。ここでは、スキッパーキの被毛のタイプについて詳しく解説していきます。

スキッパーキは抜け毛が多い?

スキッパーキはダブルコートの犬種なので、換毛期になると抜け毛多くなります。また、被毛が黒いため、白い服や家具に抜け毛が付着すると目立ってしまう傾向があります。

スキッパーキのコートタイプ

スキッパーキは体の部位によって被毛の長さが異なるのが特徴です。顔の被毛は短く体に密着しています。しかし、首の回るの被毛は長く、ラフコートとなっています。

スキッパーキの被毛の構造

スキッパーキはダブルコートの犬種です。硬い上毛(オーバーコート)の下には柔らかい下毛(アンダーコート)が密集して生えています。オーバーコートはアンダーコートを完全に隠しており、見ただけではアンダーコートが見えません。

スキッパーキの代表的なカラー

スキッパーキの被毛の色はブラックです。アンダーコートはダークグレイも認められており、オーバーコートをかき分けて見ると、アンダーコートの被毛の色が薄いことがあります。

スキッパーキの皮膚・被毛のお手入れ方法は?

スキッパーキ 抜け毛

スキッパーキはラフコートの犬種ですが、お手入れはとてもシンプルで、いくつかのポイントを覚えれば家庭でも簡単に行うことができます。ここでは、スキッパーキの被毛をさらに保つためのお手入れのポイントを紹介していきます。

スキッパーキの抜け毛対策

スキッパーキは年に2回の換毛期があります。この換毛期には抜け毛が特に増えるので、毎日ブラッシングをするように心がけましょう。

スキッパーキの毛玉対策

スキッパーキの被毛は硬い直毛なので、毛玉ができにくいのが魅力です。そのため、コームで週に1回程度ブラッシングをしてあげるだけで十分です。

スキッパーキのシャンプーのポイント

スキッパーキのシャンプーは1ヶ月半から3ヶ月に1回の頻度で行うようにしましょう。シャンプーは皮膚に優しいドッグシャンプーを選び、マッサージをするように優しく洗ってあげるようにしてください。また、シャンプーをする際には目や耳にシャンプーが入らないように注意し、最後はシャンプーが残らないようにしっかりと濯いであげるようにしましょう。

スキッパーキに合ったブラッシング方法

スキッパーキの換毛期には抜け毛除去に向いたスリッカーブラシがおすすめです。また、ピンブラシやコームは毛並みを整えたり、毛玉の対策をしたりするのに向いており、換毛期以外のブラッシングにおすすめです。

スキッパーキのブラッシングを行う際には皮膚に強く押し当てないように注意しましょう。ブラシの種類によっては皮膚を傷つけてしまう可能性もあるので、優しくブラッシングをするようにしてください。

お尻周りの被毛のカット

スキッパーキはお尻の周りの被毛が長い特徴があります。日頃から問題がないのであればその被毛もブラッシングをするだけでいいのですが、糞をする際に汚れてしまう場合は、少しだけカットしてあげるのも1つの手です。カットする際には必要な分だけカットし、切りすぎないように注意しましょう。また、皮膚を傷つけないように十分に注意することが大切です。

スキッパーキはトリミングサロンが必要?

スキッパーキの抜け毛

スキッパーキのお手入れはとてもシンプルなので、自宅でも簡単に行うことができます。しかし、トリミングサロンでお手入れをしてもらうことで、いつもは見逃していた箇所をきれいに洗ってもらったり、爪切りや肛門絞りなどの難易度の高いお手入れもプロにしてもらうことができます。ここでは、スキッパーキとトリミングサロンを利用する際のポイントを紹介していきます。

スキッパーキにおすすめのメニュー

スキッパーキにおすすめのメニューはシャンプーです。また、シャンプーのメニューに加え、爪切りや肛門絞りなどのお手入れも追加でお願いしておくのがいいでしょう。

トリミングサロンを利用する頻度の目安

スキッパーキは年に2回程度の頻度でトリミングサロンを利用するのがおすすめです。年に2度の換毛期中にトリミングサロンを利用することで、プロのトリマーに死毛を取り除いてもらうことができます。また、シャンプーを家庭で行わずにトリミングサロンを利用する場合は、3ヶ月に1回程度の頻度でトリミングサロンを利用するようにしましょう。

トリミングサロンを利用する料金の目安

小型~中型犬であるスキッパーキのシャンプーの料金の目安は5,000~10,000円です。爪切りや肛門絞りをお願いする際は1000円~3000円程度の追加料金が必要となる場合があるので、事前にトリマーさんと相談しておくようにしてくださいね。

スキッパーキの被毛の美しさを引き出そう

スキッパーキの抜け毛

ここではスキッパーキの被毛のタイプやお手入れ方法について詳しく解説してきました。スキッパーキの美しい被毛は、比較的お手入れが簡単で、家庭でも簡単にできるのが魅力です。しかし、定期的にトリミングサロンを利用することで、日頃は見逃している細かい箇所まできれいにお手入れをしてもらえるのでおすすめです。スキッパーキに合ったお手入れ方法を知り、被毛の美しさを最大限に引き出してくださいね。

  • 更新日:

    2020.10.23

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:ルエス 杏鈴
  • 犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー
  • 大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。 愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。 写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。