magazine

健康管理 / 病気

2020.10.24

【獣医師監修】ジャックラッセルテリアの標準体重は?長生きのために気をつけたいこと

小さな体でも底なしの体力を持っていることで有名なジャックラッセルテリア。運動量も大型犬並のため、運動不足になりやすくストレスを溜めやすい犬種です。そこで今回は、ジャックラッセルテリアの標準体重を知るとともに、健康に長生きしてもらうための秘訣について紹介していきます。

Author :監修:加藤 みゆき/獣医師(文:関 ゆりな)

この記事をシェアする

ジャックラッセルテリアの標準体重

ジャックラッセルテリア 体重

活発で好奇心旺盛なジャックラッセルテリアですが、運動不足が続いてしまうと肥満の原因になります。ジャックラッセルテリアの標準体重や愛犬の適正体重を知り、毎日の食事や運動によって体型キープを行っていきましょう。

適正体重は体高を参考に

ジャックラッセルテリアの標準体重は5kg~6kgとされています。

ジャックラッセルテリアの適正体重を知るには愛犬の体高を測ってみましょう。ジャパンケネルクラブによるとジャックラッセルテリアの理想体高が25cm~30cmであり、体高5cmに1kg相当とされているので、体高25cmであれば、適正体重は約5kgという計算になります。骨格や体格などによって個体差がありますから、必ずしもこの体重がいいというわけではありません。

愛犬の成長期が終わり、成犬になった時期の体重を参考にするのもひとつの方法です。小型犬のジャックラッセルテリアは、約8~10ヵ月齢で成犬になるためこの時期の体重を忘れないように記録して起きましょう。

ジャックラッセルテリアの体重キープ・健康のために必要な運動量

ジャックラッセルテリア 体重

ジャックラッセルテリアは、小さな外見からは想像できないほどの運動量を必要とします。室内のみで過ごすだけでは、必要な運動量をカバーすることはなかなか難しく肥満の原因になります。活発な愛犬にあった運動を行うようにしましょう。

大型犬並の運動量が必要

ジャックラッセルテリアは、元々優秀な小型の狩猟犬を作出するために改良された犬種のため底なしの元気とスタミナを持っています。そのため、ジャックラッセルテリアを満足させるための運動量は、大型犬並とも言われています。

小型犬の散歩時間は、1回に平均15~30分程度ですが、ジャックラッセルテリアの散歩は1日2回、1回に60~90分以上が目安と言われており、運動量の多さは一目瞭然ですね。

運動不足だと問題行動を起こすことも

運動量が満たされていないと、肥満になるだけでなく、イタズラや破壊行動に走る場合もあります。問題行動が多く、育てにくい犬種だとも言われるジャックラッセルテリアですが、その裏には運動量が充分ではないためにイタズラなどの問題行動を起こしてしまうというケースは少なくありません。

ジャックラッセルテリアの体力を発散させるためには、1日に3時間近い散歩を必要としますが、時間を作ってあげられない日もあるかもしれません。そんなときは、早歩きしたりダッシュを取り入れたりと負荷を付けてあげると短時間でも体力を発散できます。また、散歩以外にもお家でボール遊びをしたり、広い公園やドッグランで走らせるなど思いっきり遊べる時間を作ってあげましょう。

ジャックラッセルテリアの健康・長生きの秘訣は?

ジャックラッセルテリア

ジャックラッセルテリアは、他の犬種と比べて遺伝性疾患などが少ないこともあり、平均寿命は13歳~16歳で比較的寿命が長い犬種です。より健康に長生きしてもらうためにも、健康管理・体重管理は重要です。長生きの秘訣について紹介していきます。

ストレスを溜めないこと

ストレスを溜めない生活をすることは、健康で居てもらうために大切なことです。ジャックラッセルテリアは、寂しがり屋でお留守番には向かない犬種と言われており、長時間留守番をするだけでもストレスが溜まります。 しかし、人と生活をするために最低限のお留守番が必要になることもあるため、お家にいる時間はコミュニケーションの時間をたっぷりと取ってあげましょう。

また先程も紹介したように、運動不足によってストレスを溜めてしまうので、体力を発散させると共にストレスも発散できる運動を毎日行いましょう。

糖尿病に気をつける

遺伝的疾患が少ないジャックラッセルテリアですが、比較的かかりやすい病気に糖尿病があげられます。糖尿病は、自然に治ることはなく最悪の場合死に至る危険な病気です。 糖尿病を予防するためには、ストレス軽減やバランスの整った食事、運動で太らせないこと、避妊手術などがあげられます。

水を飲む量やおしっこの量が増えた、食欲が増したなどの症状が出たらできるだけすぐに動物病院で診てもらいましょう。

ストレスフリーと運動が健康への道

ジャックラッセルテリア

ジャックラッセルテリアは、運動不足やコミュニケーション不足によってストレスをためやすい犬種です。体重管理にも繋がりますから毎日たくさんの運動をさせてあげて、栄養バランスのとれた食事で肥満とストレスを予防し、健康で長生きできる生活を習慣づけましょう。

  • 更新日:

    2020.10.24

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • 監修者:加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。