magazine

連載 / ブログ

2020.10.11

シェパードと暮らすドッグフォトグラファー

【ブログ】愛犬と過ごした最高の夏!スイミングしてゴロゴロして

長く続いた今年の梅雨が明け、やっと青空が見えるようになり、夏の遊びをついに解禁!と愛犬と外へ遊びに行こうとドキドキしながら玄関へ。ドアを開けて新しい冒険の始まり!と思いきや、家に流れ込む熱気に負けて一歩も踏み出せないまま後退。
毎年、「アクティブで楽しい夏」に憧れてスイミング、キャンプ、ハイキングなどを楽しみたいなと、犬との楽しい夏を計画します。しかし、夏の暑さが厳しい日にはそんなアクティブな生活を楽しむこともできず、日中はエアコンがかかった家でのんびり過ごす日も少なくありません。
今年は特にコロナウイルスの影響で遠出をすることができず、近場で夏を楽しむ方法を考えました。ここでは、そんな夏を私たちがどのように過ごしたのかを紹介していきます。

#シェパードと写真家 / #ジャーマンシェパードドッグ

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

夏の間の散歩は夜間散歩が日課

ジャーマンシェパード ブログ

夏の間はとにかく暑い!日中のアスファルト温度は犬の肉球に火傷を負わせる高温になり、歩いているだけでも危険がいっぱいです。
そのため、我が家では夏の間は日が沈んだ夕方から夜の間に散歩へ行きます。真夏は夜でも暑くて、少し歩いただけで愛犬のジェイクはゼーゼーと息が荒くなってしまいます。

ジャーマンシェパード ブログ

また、夏の間は夜でも熱中症のリスクが高いので、散歩は短時間にし、夕方や夜に数回分けて散歩するようにしています。

夏の期間中は長時間の散歩が難しいので、短時間でも刺激になるように臭いがたくさんある草原や山道を散歩するのがおすすめです。新しい環境や楽しい環境に犬を連れていくと楽しそうに散策し、比較的短時間でも満足してくれます。

同じ1時間でも近所の道コースを歩くのと、河川敷や草原を歩くのではジェイクも疲れ方が全然違います。

夏はやっぱりスイミング。今年も大好きな川へ!

ジャーマンシェパード ブログ

夏の原則は「犬の散歩は夜」ですが、唯一の例外がスイミングです。ジェイクはスイミングが主な運動方法で、週に数回は川でしっかりと体を動かす時間を確保するように心がけています。

泳ぐことでしっかりとストレス発散できるだけではなく、関節に負担をかけずに運動させることができます。今年の夏は川沿いの日陰で数時間のんびりと過ごす日がたくさんありました。

水で遊ぶ合間にバーベキューを楽しんだり、写真を取ったり。ジェイクはバーベキューのお裾分けをたくさん食べました。家族全員で川遊びへ出かけると、ジェイクの牧羊犬の血が騒ぐのか、水の中でみんなの周りをグルグルと泳いで一箇所に集めていつも楽しそうです。

目を守るためにゴーグルを導入!

今年の春にジェイクはパンヌスという目の病気だと診断されたのが、今年のスイミングにおける懸念の一つでした。

パンヌスは日光が影響するとも考えられており、スイミングをたくさんするとパンヌスが悪化する要因になるのではないかと心配し、ついにジェイクにドッグゴーグルを購入しました!

私が選んだのは「レクススペックス」というゴーゴルで、スイミング中にも着用させられるのでとても気に入っています。

新しいアイテムに慣れてもらう方法

ジャーマンシェパード ブログ 8月-B

去年までは首輪とハーネスしか着用したことがなかったジェイクは、今年のうちに冬用の服だけに止まらず、犬用ゴーグルまで着用される羽目になってしまったのです。

ゴーグル、ハーネス、口輪などを犬にはじめて着用する場合は、犬が不信感を抱いてなかなか上手くいかない飼い主も多いと思います。実際にジェイクも突然に新しいアイテムを着用すると変な動きをしたり、前足で触ろうとして上手くいきません。

しかし、すぐには着用せず、おやつで慣らしながら少しずつ顔に近づけると、はじめてのアイテムもスムーズに着用することができますよ。

わたしの場合は・・・

また、新しいアイテムを犬に着用させてからごはんを食べさせたり、噛むおもちゃあげたりすることで、長時間でも心地よくそのアイテムを着用してくれるようになります。

私はゴーグルをジェイクに着用させてから短時間の簡単なトレーニングを行ったり、おやつ探しゲームをしたりと、ジェイクの気をそらしながら短時間だけ着用するようにしました。

そこから徐々にゴーグルを着用する時間を伸ばしていくことで、今ではゴーグルを全く気にしないようになってくれました!

正直に言うと、家でゴロゴロしてました

ジャーマンシェパード ブログ

散歩やスイミングの時間はもちろんしっかりと確保したのですが、正直に言うと今年の夏は家でゴロゴロした時間が多かったです。
ジェイクに使えないトリックをもう一つ教えてみたり、ジェイクの爪切りの練習をしてみたりと、エアコンをつけた涼しい部屋でランダムな時間を過ごしました。

ごはんの時間をひと工夫

ジャーマンシェパード ブログ

家での時間を少しでも楽しくしようと思い、今年の夏に変えたのがごはんを食べさせる方法です。今まではごはんを食器に入れて食べさせていたのですが、それを部屋中にごはんを散りばめる方法に変えてみました。

ごはんを散りばめてあげると、食べるのに時間がかかって早食いの予防になるだけではなく、考えてごはんを探さなければいけなくなるので刺激にもなります。

はじめは「めんどくさいかな?」と思ってジェイクの様子をみていたのですが、ドッグフードを一つずつ拾っていくアクティブな食事時間をとても楽しんでいる様子です。

夏は愛犬とのんびりペースで過ごす日々

ジャーマンシェパード ブログ

ここでは、私とジェイクがどのようにして今年の夏を過ごしたのかについて紹介していきました。
今年は特に大きなイベントもなく、淡々と過ぎてしまったという気もしますが、こんな何気ない日々こそが犬との生活の醍醐味なのだろうなと思いながら過ごしています。
のんびりペースで毎日を楽しんでいると、あっという間に秋が!今度は秋の楽しみ方を考えなければ。

  • 更新日:

    2020.10.11

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:ルエス 杏鈴
  • 犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー
  • 大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。 愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。 写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。