magazine

ゴールデンレトリバー ブログ
連載 / ブログ

2020.11.10

君たちは私の太陽〜海辺でゴールデンレトリバーと暮らす日々〜

愛犬とボード遊び『はじめの一歩』~SUPに乗るまでの極意~

海水浴場が開設されない「新しい生活様式」という経験したことのない夏がやってきました。旅行に行くのはちょっと不安、外で遊ぶには暑すぎる、そんな夏休みでしたが、皆さんはどんな夏を過ごしましたか?そんな中でも、我が家のディロンは毎朝海水浴そして週に1回SUPを楽しみました。「実は私も犬と一緒にSUPやってみたい!」そんな方も多いのではないでしょうか?そこで、このブログでは2回に分けて「ボード遊び・はじめの一歩」と題して、まだどこのサイトでも紹介していないボードへの乗せ方とボードを使った遊び方のコツをお伝えします。第1回の今回は「ボードへ乗るまで」の極意です。

#ゴールデンレトリバー / #人生を変えたゴールデン

Author :西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

この記事をシェアする

愛犬とボードに一緒に乗れると世界が変わる

ゴールデンレトリバーがSUPをしている様子

犬と一緒にボードに乗る!「楽しいのはなんとなくわかるけど、難しそう」そう思う方も多いかもしれません。が、ハードルが高そうに思えることこそ、マスター出来れば楽しさも嬉しさも倍増すると思いませんか?

うちのコと一緒にボードに乗ることができるようになると、新しい世界が開けてきます。1本のボードに、我がコと二人っきり。犬との信頼関係が深まる瞬間です。

そして、歩いては行かれない小さなビーチに行って遊んだり、誰もいない沖で思いっきり泳いだりと、非日常を楽しむことこそが一緒にボードに乗る醍醐味なんです。そんな遊び方って素敵だと思いませんか?みなさんにも是非1度は体験していただきたい遊び方なのです。

ちょっと待って!愛犬をボードに乗せる前にチェックしたいこと

ゴールデンレトリバーとSUPを楽しんでいる様子

気が付いているでしょうか?海や湖で、初めてボードに犬を乗せようとしている多くの方が犯している間違いがあります。まずは、次の4つのチェックポイントを確認しましょう。

  1. 飼い主さんが興奮しちゃっていませんか?
  2. 「わーいわーい!久しぶりのお出かけ嬉しいな~~!」と興奮しちゃっていませんか?
  3. 「やった~~!海だ!(湖だ)」と、水を目の前にするとテンションマックスになっていませんか?
  4. 「水が怖い」と尻込みしちゃっていませんか?

ボードに楽しく一緒に乗るためには、実はこの4つのチェックポイントがとても重要となります。4つのチェックポイントのどれにも当てはまらないケースは、ほとんどないはず。どれが当てはまるか、じっくり考えてみてくださいね。そして、次のことを実行してみてください。

1.興奮を収めましょう

「今日は、このコと一緒にボードに乗るぞ~~」と、ワクワクして出かけていくのは、誰でも同じことです。でも、その「ワクワク」が、犬に伝わると必要以上にテンションが上がってしまうのが犬という生き物。そこでまずは、飼い主であるあなたが落ち着くこと。目的地に着いたら「行くぞ~~」とばかりに気合を入れるのではなく、まずは近辺をお散歩しましょう。

おでかけが久しぶりの場合は、のんびりと周辺を散歩して、匂いを嗅がせてあげることが大切です。「ここはどこ?どんな犬がいるの?」と新しい場所に興味津々の犬にとって周辺パトロールは必要不可欠なこと。まずは、お互いの気持ちを落ち着けるためにも、お散歩をすることがおすすめです。

2.水遊びさせてあげましょう

水辺に着いたから、「さあ、乗ろう!」と言っても、犬はなかなか乗ってくれません。「だってボール遊びしたいんだもん」我が家のディロンは、必ずボール遊びから入ります。まず、最初にやることは、ボールでもフリスビーでもそのコが大好きな遊びです。いつも以上に、思いっきり遊んであげてください。

3.水が怖くないことを教えてあげましょう

水辺が初めてのコや水が怖いコの場合は、まずは足先が浸るぐらいの深さに一緒に行って「冷たくて気持ちいいね」などと声かけをしてあげましょう。よく見かけるのは、無理やりリードを引っ張って水の中に連れて行こうとしている方です。これは絶対にやってはいけないこと。これをやってしまうと、水が怖い、水が嫌いになってしまいます。

犬は、初めての場所や経験には、「警戒心」「恐怖心」が先立ちます。まずは、様子を見ながら上手に慣らしていきましょう。また、水に対してトラウマがあるコの場合は、無理に水辺に連れていかないようにしましょう。

愛犬をボードに乗せる前に、次にやっておくこと!

ゴールデンレトリバーが海で泳いでいる

飼い主も犬も平常心を取り戻せてきたら、次は「遊び」です。飼い主が、ボードに乗せる気満々でも、犬にそんなことは理解できません。水泳が好きなコなら「泳ぎたい」はずです。いつものプールより広くて気持ち良いところで、思いっきり泳がせてあげましょう。ディロンは、ボードで遊ぶ前に最低1時間は泳いでいます。

実は、泳がせる・遊ぶのが大きなポイント!

ゴールデンレトリバーが海でボール遊び

なぜ?と思われるかもしれませんが、ある程度泳げば犬は疲れます。疲れると同時に興奮も治まってくるのです。自分のやりたいことに満足できれば、意外とすんなりあなたの相手をしてくれるはずです。

ボードに乗せる前に教えておきたいコマンド

読者のみなさんは、愛犬に「マテ」「オイデ」のコマンドは教えていることと思います。では、高いところに乗って欲しい時にどんなコマンドを出していますか?「ジャンプ」という方も多いかもしれませんが、ここで重要となるのは「乗って」というコマンドです。

小型犬をボードに乗せる場合は、抱っこで乗せるケースが多いようですが、中型犬・大型犬の場合は、自分で乗ってもらうことが基本です。「乗って」以外に「オンザボード」というコマンドもカッコイイですね。

なぜコマンドが必要?

ディロンは「乗って」のコマンドで自らボードに飛び乗ります。私はディロンがボードに「自分で乗った」ことを、成功体験の一つにしたいので、何回でも褒め倒します。これ、実はとっても重要なポイントです。

なぜか、ボードに乗った犬を褒めない飼い主さんが多くいらっしゃいますが、特に初めての頃や始めたばかりの頃は、ボードに乗ることが素晴らしいことだ!と思ってくれるように、褒めちぎることがとても大切です。そして、必ずコマンドで自分からボードに乗るように教えることが最大のポイントなのです。

愛犬とのボード遊びは「はじめの一歩」が肝心!

ゴールデンレトリバーとSUP

今回ご紹介した方法は、残念ながら「dog SUPスクール」に入っても教えてくれません。この方法は、20年間ゴールデン達と海で遊んできて編み出した極意なのです。この方法さえ、きちんと守れば大抵の犬達は、ボードに乗れるようになります。私は、今でもディロンとSUPしに行くたびに、今回ご紹介したことを実行しています。愛犬をボードに乗せることは人間がやりたいことであって、犬はそれを望んでいるとは限らない、と、常にそういうスタンスを持つことが大切です。次回は「いよいよSUPに乗ってみよう」の極意をお届けします。

  • 公開日:

    2020.10.22

  • 更新日:

    2020.11.10

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:西村 百合子
  • ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士、犬の東洋医学生活管理士2級
  • ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。 現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。