magazine

柴犬 ブログ 茶々
連載 / ブログ

2020.10.06

ブログ|柴犬茶々のオテンバ日記

【ブログ】大型犬も大丈夫!「柴犬茶々のバギー」は自慢の愛車

愛犬用バギーって便利ですよね。人ごみの多い場所へ行けば踏まれてしまう危険もありますし、特に茶々のようなオテンバは、あっちへ行ったりこっちへ行ったり落ち着きがありません。
そんな時にバギーはとても役に立ちます。今回はそんな「茶々の愛車」を紹介してみたいと思います。

#柴犬 / #柴犬茶々

Author :明石則実/動物ライター

この記事をシェアする

バギーはお散歩や買い物にとても便利!

柴犬 ブログ 茶々

茶々が普段から乗っているバギーはかなり大きなもの。たしかに人の多い場所では気を使いますし、取り回しが難しそうですが、大型バギーならではの便利さがあるのです。そのいくつかを紹介しますね。

大型犬も小型犬も余裕のサイズ

我が家で使っているバギーは長さ890×幅580というもの。耐荷重は30kgまでありますから、大型犬を載せても余裕のあるサイズです。
シニアのラブラドールレトリバー用に購入したという人もいらっしゃるそうですね。

また5kg程度の小型犬なら3頭くらいの移動もラクラクです。車輪にはサスペンションが付いてるので路面のギャップを拾わないのも良いですね。
大きいわりに小回りが利くところも便利です。前輪がダブルになっているので安定感も抜群!

とにかく使い勝手がイイ

このバギーの面白いところは、持ち手に自転車のようなブレーキが付いているところ。少々の下り坂でも安心して歩けちゃいます。またパーキングブレーキも付いているというスグレモノ。
茶々は10kg程度の体重なので、バギーの空いた空間に色々なものを収納できますね。お散歩バッグや、旅先での土産物など、キャリーカートとしての使い方もできるのです。

例えば茶々がシニアになった時に、病院へ通う際に無理せず移動できますし、抱っこするより楽に歩けそうです。

商品情報

バギーは茶々にとって気持ちいい乗り物

柴犬 ブログ 茶々

バギーの乗り心地だけでなく、愛犬にとってストレスが掛からないことが一番ではないでしょうか。
犬が乗っていて嫌がらず、気持ちいいと思ってくれることがポイントですね。

メッシュ素材で通気性が良い

購入の際に大きなポイントとなったのは、このバギーの前面・側面が一部メッシュ素材になっていることでした。
暑い季節はバギーの中も熱がこもりやすいので、これはありがたかったです。もちろんマジックテープで窓をふさぐこともできます。

また天板をふさいでファスナーで閉じることができるので、急な雨が降った時も便利です。一度旅先で大雨に降られたことがありましたが、この機能のおかげでまったく濡れずに済みました。

折り畳み簡単でラクラク

あと購入のポイントとなったのは、これだけ大型のバギーにもかかわらず軽くて簡単に折り畳めますし、楽に車に乗せられることでした。
「組み立てや収納が面倒かな?」と思っていたので、これなら女性でも楽に扱えるはずです。

バギーはお出かけの心強い味方

柴犬 ブログ 茶々

とかく我が家では旅行やペット関連のイベント参加が多いため、頑丈で取り回しのしやすいバギーは重宝しています。
これだけどっしりとした作りですから、段差などで転倒の危険も少ないという点も良いですね。何よりバギーに乗っている茶々の自慢気な表情が癒しになりますね。

  • 公開日:

    2020.10.05

  • 更新日:

    2020.10.06

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:明石 則実
  • 動物ライター
  • フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。 愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。