magazine

ピットブル ドッグトレイルランニング
連載 / ブログ

2020.10.31

連載|ペコと僕のアウトドアライフ|vol.8

【連載】ペコと僕のアウトドアライフ|comi'n up 春夏秋冬

年間を通すと山の中へ入ることが多い我が家ですが、人間でも暑さで倒れてしまいそうな夏の間のペコとの楽しみは...
※この記事は2020年夏に執筆されたものです。

#ペコと僕のアウトドアライフ

Author :宅見 拳/鍼灸師、WMA野外災害救急員、イージードッグ公認ドッグトレイルランニングアドバイザー

我が家の夏はSUPでChill out!

ピットブル ドッグトレイルランニング

人間だって溶けてしまいそうな近頃の夏。

1人で山に走りに行くのもペコとリリーと一緒に散歩へ行くのも朝・晩の少し涼しくなってから。
山の中は不確定要素も多いので夏の間は湖でSUPをするのがここ3年くらい我が家の恒例行事です。

そして今年は中禅寺湖へ行きました。

湖でのSUPはまさに冒険

ピットブル ドッグトレイルランニング

ペコとリリーをSUPに乗せて、湖の上を自力で目的地まで漕いで気になる浜へ。

上陸して周辺を探索したり、ザックに詰め込んだカップラーメンやコーヒーを作ったり。

雨の中で湖に浮かぶと、自分を囲むよう水面に雨が落ちてなんとも幻想的な空間が広がります。

朝と夕方で見える姿が変わることで、冒険に出ているようなワクワク感が続くし、それをペコやリリーと共に味わえる贅沢は格別です。

同じ場所でも見る場所で見える景色が全然違う

ピットブル ドッグトレイルランニング

中禅寺湖の周りはハイキングコースがあって歩いたり走ったりもできます。

同じ場所でも、山から見る景色と湖の上から見える景色では、見え方が違うから飽きることなく楽しめます。

これは中禅寺湖に限らず、どこでも味わうことのできる贅沢だと思います。

僕がペコ&リリーと一緒に使っているアイテム

ピットブル ドッグトレイルランニング

我が家で使用しているアイテムはこれ。

その1

ピットブル ドッグトレイルランニング

SUP:「DOGGYBRO.」オリジナルインフレータブルSUP。

全面にデッキパットが貼ってあるので犬にもSUPにも優しい。
耐荷重150kgなので自分とペコとリリーが載っても楽勝。

空気で膨らますタイプなので大きいキャリーケースくらいまでコンパクトにたためます。

その2

ピットブル ドッグトレイルランニング

ライフジャケット(犬):EZYDOG DFDスタンダード。

ハンドルがついているので落ちてしまったときも引き上げやすい。
0SUP以外でも水場で遊ぶ時には必ず使うアイテムです。

3年以上使ってるけどへたってこないから有能。

その他、リーシュコードやリードは有り合わせのものを使用。

季節に合わせた楽しみ方

ピットブル ドッグトレイルランニング

暑い時期はSUPの上から、涼しくなったら山の中から同じ景色を眺める。

場所は同じでも角度や方法・もちろん季節によっても見え方が変わります。最初はちょっとお金がかかるけど愛犬との最高の思い出作りになるはず。

  • 更新日:

    2020.10.31

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:宅見 拳
  • 鍼灸師、WMA野外災害救急員、イージードッグ公認ドッグトレイルランニングアドバイザー
  • アメリカンピットブル2匹と山に囲まれた町で生活しています。 トレイルランニングというスポーツと出会い日本各地の山を走るようになって自然の楽しさを再確認。 現在は犬と人間が一緒に楽しむアウトドアイベントやドッグトレイルランニングの大会を開催しています。