magazine

お出かけ / 遊び

2020.09.16

猫駅長ならぬ「犬駅長」がいる全国の駅10選!看板犬を訪ねる旅をしてみては?

日本各地で人気を集めている「猫駅長」たち。駅長帽をかぶって観光客を迎える姿がかわいいと話題になり、今や猫駅長に会うために駅を訪れる方たちも少なくありません。
有名な猫駅長は全国に多くいますが、実は「犬駅長」もいるってご存知でしょうか?今回はあまり知られていない日本全国の犬駅長を地域ごとにご紹介します!鉄道ファンや愛犬家だけでなく、犬駅長たちに癒されたい方は必見ですよ。さあ、一緒に犬駅長に会いに行く旅に出かけませんか?

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

この記事をシェアする

猫駅長とは?犬駅長もいるの?

猫駅長

猫駅長ブームの火付け役となったのは、和歌山電鐵の「たま駅長」。もともとは駅の売店の飼い猫だった「たま」が、経営不振のローカル駅の駅長に任命されたのが猫駅長のはじまりと言われています。
その後、貴志駅はたま駅長のいる駅として多くの観光客が訪れるようになり、まさに「招き猫」の役割を果たしました。

犬駅長もいる?

猫駅長がいるなら、もちろん犬駅長もいるはず!駅で飼い主の帰りをずっと待ち続けるという逸話も多い犬は、駅長には適任ですよね。
日本国中に愛された秋田犬のブサカワ犬「わさお」も実は、地元のJR鰺ヶ沢駅で観光駅長の仕事もしていました。

犬駅長のいる駅|北海道・東北編

ここからは全国各地にいる犬駅長たちを地域ごとにご紹介していきます。まずは、犬駅長の激戦区でもある北海道・東北地方から。

JRニセコ駅「ハーディ」駅長

北海道のニセコ町にあるJRニセコ駅の駅長に任命されたのは、なんと生後3か月の秋田犬「ハーディ」。こちらも「たま駅長」と同様、駅の茶房の看板犬からの抜擢です。

JR札沼線新十津川駅「ララ」駅長

みんなに愛された新十津川駅のララ駅長。犬駅長としては一番知名度の高いララですが、残念ながら令和2年6月6日に「虹の駅」へと旅立ちました。駅長を務めていたJR札沼線の最終運行からわずか1週間後というタイミングで旅立ったララ。最後までしっかりと駅長の任務を遂行してくれました。
列車は1日1本しかなく、もともと乗客の少なかったJR札沼線でしたが、ララのおかげで観光客も増え新十津川駅の知名度もあがったことは間違いありません。駅舎内に設置されたララを偲ぶメモリアルコーナーのメッセージノートには、ララに癒された人たちからの感謝の言葉がつづられています。

JR大舘駅「勝大&おもち」駅長

秋田県にあるJR大舘駅では、2頭の秋田犬が観光駅長をつとめています。そのうちの1頭「勝大」は、ロシアのフィギュアスケーター、ザギトワ選手に贈られた秋田犬「マサル」の兄弟犬なんだとか。
また駅前にある「秋田犬の里」では、2頭の駅長犬以外の秋田犬にも会うことができます。秋田犬好きなら外せないスポットにぜひ足を運んでみてくださいね!

犬駅長のいる駅|関東・中部編

関東・中部の犬駅長は、レトリバーたちが活躍しています。大きくて優しく勤勉な2頭をご紹介します。

長良川鉄道美濃太田駅「雪之丞」駅長

岐阜県を走る長良川鉄道では真っ白のゴールデンレトリバー「雪之丞」が駅長を務めています。毎週土曜日の朝には、駅長帽とネクタイをつけた雪之丞駅長がホームに立ち、前足を上げる「出発進行」の合図を送って観光客たちを沸かせています。

リニモ駅長「コア」

愛知高速交通リニモにも犬駅長が勤務しています。初代駅長は「オーシャン」、そして2017年からは2代目駅長「コア」が就任。実はこの2頭、社会福祉法人日本介助犬協会に所属しており、本業は介助犬をPRするお仕事をしています。2足のわらじでがんばる駅長にぜひ会いに行ってみて!

犬駅長のいる駅|近畿・四国編

近畿・四国地方には犬駅長と猫駅長が同時にお出迎えしてくれる駅があります。

伊予灘ものがたり

愛媛県の観光列車「伊予灘ものがたり」では、運行5周年記念として贅沢にも、犬駅長と猫の「福」駅長2匹の合計3匹が正式に任命されました。全員お揃いの駅長帽姿で観光客をお出迎えする姿はとてもほほえましく、遠方からもこの3匹に会いに来る人たちが後を絶ちません。

犬駅長のいる駅|中国・九州編

中国・九州地上の犬駅長は、鉄道ではなく道の駅にいます。

豊後大野市清川町の道の駅「はな」駅長

大分県にある道の駅「きよかわ」では、ゴールデンレトリバーの「はな」が駅長をつとめています。道の駅の駅長を犬がつとめるのは九州では初!
はな駅長は基本的に第2と第4日曜日の11時頃から勤務しているので、会いたい方はその時間帯を狙って訪れてみましょう。

番外編|そのほかの珍しい動物駅長

猫駅長や犬駅長のほかにも珍しい動物駅長が各地に就任していますので、番外編としてご紹介します。

JR東北新幹線白石蔵王駅|キツネ駅長

宮城県の白石蔵王駅では、日本で唯一のキツネ駅長が誕生しました。キツネのゴロ駅長は通常、白石市にある「宮城蔵王キツネ村」で暮らしていますが、キツネ村がお休みの水曜日にだけ白石蔵王駅で観光客のお出迎えをしています。

しなの鉄道北しなの線の牟礼駅|ヤギ駅長

2020年で就任5年目を迎えるというヤギ駅長の「ロール」と「クロオ」。柵に囲われた「駅長室」から列車や乗客を出迎えます。エサやりなどで触れ合うこともできるので、地元の方からも愛されています。

阿佐東線宍喰駅|伊勢海老駅長

もはや駅長の定義って何だっけ?という疑問を抱かざるを得ませんが、「駅長室」という名の水槽に勤務する伊勢海老駅長の「あさちゃん」と「てっちゃん」。伊勢海老を駅長に抜擢した理由は、第三セクター鉄道の赤字経営からの脱却を、赤い殻から脱皮する伊勢海老になぞらえたのだそう。駅長の力で、なんとか赤字脱却できることを願っています。

全国の猫駅長と犬駅長たちに会いに行こう!

猫駅長

全国各地のさまざまな犬駅長たちをご紹介しました。会いに行きたい駅長さんは見つかりましたか?
駅長という肩書ではありますが、犬駅長たちは毎日勤務しているわけではありません。会いに行くと決めたなら、まずは犬駅長たちのスケジュールをチェックしましょう。
たまには愛犬と列車の旅もいいかもしれませんね。キャリーバッグでなら乗せてもらえる鉄道がほとんどなので、愛犬と一緒にのんびり全国の犬駅長たちに癒される旅に出かけてみませんか?

◎ライタープロフィール
Qt 家庭犬トレーナー

Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。
シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。

  • 更新日:

    2020.09.16

この記事をシェアする