magazine

犬にまつわる雑学

2020.09.04

犬の「前足」にまつわる変なクセ特集!こまねく折りたたむ...この癖うちのコだけじゃない?

普段、自宅で何気なく愛犬たちが見せる変な癖ってありませんか?「うちのコはよくやってるけど、ほかのコはどうなんだろう?」と思っていらっしゃる方も多いと思います。
前足で顔を洗うような仕草をするコや、前足を折りたたんで座るコなど、今回は「前足の癖」にスポットをあてて、いろんなかわいい癖をご紹介します!

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

この記事をシェアする

犬が前足を「折りたたむ」様子3選

犬 前足

「フセ」の状態で前足を折りたたんでいる状態のことを「香箱(こうばこ)座り」といいます。これは、猫がよくする座り方の1つです。
香箱とは香道で使う道具箱のことで、手足を折りたたんで小さくまとまった形が香箱に似ていることからそう呼ばれるようになりました。もともとは猫の座り方として使われている言葉ですが、実は香箱座りをする犬もけっこういるんです。

香箱姿が「めんこい」柴さん

緊張した表情で、お手本のような香箱座りをしている柴さん。どうやら雷が鳴っている日のワンシーンのようです。
飼い主さんいわく「カミナリ様に取られればだめだから」前足を綺麗にしまっている愛犬の様子だそう。おへそならぬおててを、カミナリ様に取られないように大事にしまっている姿に、コメント欄が「めんこい!」と盛り上がっています。

香箱座りで上目遣い

前足を折りたたんで飼い主さんを見上げる姿がたまらなくかわいいですね。同じボストンテリアでも香箱座りをするコとしないコがいるように、犬種特有の座り方というわけではなく個体差があるようです。
香箱座りには、冷えやすい足先を折り込んでお腹の下で温めるという意味もあるようなので、寒い日に愛犬が香箱座りをしていたら、手足を温めているのかもしれません。

足が長くてしまえない?!

シュッとしたモデル体型のイタリアングレーハウンドが香箱座りをするとこうなります。きちんと折りたたんではいますが、体の下に入りきらずむきだしに。足が長いってこういう弊害もあるんですね。

愛犬が前足を「こまねく」様子2選

犬 前足

こちらも猫がよくする仕草で、「顔をあらう」や「目をこする」などとも言われます。猫の場合は敏感なセンサーでもあるヒゲのお手入れのためやストレス解消のためにおこなうと言われていますが、犬の場合はどうなのでしょうか。

かゆいの?眠いの?恥ずかしいの?

前足をこまねく仕草をしている愛犬の姿はけっこう見ますよね。眠い時にするコもいれば、顔がかゆい時にするコもいます。
この仕草は誰が見ても本当にかわいく、芸として覚えさせる飼い主さんもいます。「恥ずかしい」や「照れる」のコマンドで教える方も多い芸ですが、実は犬には恥ずかしいという感情はないと言われているということも併せて知っておきましょう。

ちょっとこすりすぎなんじゃ・・・

眠くなると人間も目をこすったりしますが、それにしてもちょっとこすりすぎなんじゃないですか?爪で顔が傷ついてしまわないかちょっと心配になります。
でも、その後の幸せそうな寝顔を見たらそんな心配もふっとびますね。

愛犬が前足を「クロスする」様子2選

犬 前足

愛犬が前足をクロスさせている時は、リラックスしていることが多いようです。足の短いダックスやコーギーなどの犬種は前足クロスは難しいかもしれませんが、そのほかの犬種でリラックス時に前足をクロスしているコはけっこういるみたいです。

まるでドラマー!

前足をクロスさせながら、片足でリズムを刻むトイプー。ベテランドラマーの風格すら漂います。このコの足のクロスは、リラックスというより、おやつちょうだいのおねだりサインかもしれませんね。

おじいちゃんだってXポーズ

クロスするのが癖というコはきっと、足を伸ばして座るより楽な姿勢なのでしょう。前足クロスはどこか優雅で上品に見えますよね。午後のひと時、前足をクロスした愛犬の横で、飼い主さんはアフタヌーンティーなんていかがでしょうか?

愛犬の前足のクセ、猫っぽいものが多かった!

犬 前足

前足で顔を洗う仕草や、手足を折りたたんで座る香箱座りなど、犬でありながらどこか猫っぽい癖をもつコが多いということに驚いた方もいらっしゃるかもしれません。もしかして、最近の犬は猫化してきているんじゃない?という疑問もわいてきますが、愛犬の癖はあくまで個性であり、そのコが自然にしている仕草だったら特に問題ありません。愛犬をしっかり観察してみると、今まで気づかなかった癖が見つかるかもしれませんよ。

◎ライタープロフィール
Qt 家庭犬トレーナー

Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。
シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。

  • 更新日:

    2020.09.04

この記事をシェアする