magazine

お手入れ

2020.09.25

ワイヤーフォックステリアは抜け毛が少ない?被毛のタイプと上手なお手入れ方法

硬く針金状のワイヤーコートが魅力的なワイヤーフォックステリア。この犬種の特徴とも言えるこのワイヤーコートの美しい毛並みをキープするためには、定期的なお手入れが欠かせません。ここでは、ワイヤーフォックステリアの被毛タイプから家庭・トリミングサロンでのお手入れについて紹介していきます。

#ワイヤーフォックステリア

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

ワイヤーフォックステリア被毛のタイプ

ワイヤーフォックステリア 抜け毛

ワイヤーフォックステリアのお手入れ方法を知るためには、まず犬種の被毛タイプを理解する必要があります。ここでは、コートタイプから代表的な毛色まで被毛の特徴について紹介していきます。

コートタイプ

ワイヤーフォックステリアの被毛は、名前の通りワイヤーコートです。ゴワゴワとした針金のような硬い毛質をしています。口周りや眉毛、足の被毛は長めに生えており、チャームポイントのひとつです。

被毛の構造

ワイヤーフォックステリアの被毛は、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の2重構造のダブルコートです。硬いオーバーコートはあまり長くならず、ダブルコートの割にワイヤーフォックステリアの抜け毛は少なめであることで知られています。

代表的なカラー

ワイヤーフォックステリアの毛色はホワイトをベースにブラックやブラック&タン、タンのマーキングがあります。ホワイトにブリンドルやレッド、レバー、スレート・ブルーのマーキングがある毛色は、JKCによって好ましくないとされています。

ワイヤーフォックステリアの皮膚・被毛のお手入れ

ワイヤーフォックステリア 抜け毛

ここでは、家庭で定期的に行う必要のあるワイヤーフォックステリアのお手入れについて紹介していきます。

シャンプー

シャンプーは、月1回程度を目安に行いましょう。皮膚に汚れが溜まると匂いの原因や皮膚疾患を引き起こす原因になります。ワイヤーフォックステリアは、特に皮膚疾患が起こりやすい犬種としてあげられるため、定期的なシャンプーにより清潔な状態を保つよう心がけましょう。

ブラッシング

ブラッシングはスリッカーブラシやコームを使い、週2~3回を目安に行ってあげましょう。毛量も多くなく短めなのでそれほど難しくありませんが、絡みやすい毛質のため、魅力的な毛並みを維持するには定期的なブラッシングが欠かせません。
また、皮膚トラブルを起こしやすいため、ブラッシングを行う際は皮膚の赤身や湿疹など異常がないかどうか確認する習慣をつけましょう。

毛玉対策

ワイヤーフォックステリアは、抜け毛が非常に少ないですが、もつれやすい毛質をしています。硬くゴワゴワのワイヤーコートは、ホコリやゴミが毛の奥へ溜まりやすくなっています。もつれをそのまま放置しておくとさらにホコリなどを溜めやすく、皮膚トラブルの原因になりかねないため、定期的なブラッシングによって毛玉をつくらないようにしましょう。

毛玉をつくらないためには、スリッカーブラシを使用し、根元から丁寧に梳かしていくことです。全身をブラシで梳かし終わった後に、コームを使って引っかかる箇所がないかを確認すると梳かし忘れを防ぐことができます。

ワイヤーフォックステリアのトリミングサロンでのお手入れ

ワイヤーフォックステリア 抜け毛

ワイヤーフォックステリアの魅力的なワイヤーの毛質を維持するためには、定期的なトリミングが必要です。ここでは、ワイヤーフォックステリアにおすすめのトリミングメニューから頻度、料金の目安について紹介していきます。

ワイヤーフォックステリアにおすすめのメニュー

ワイヤーフォックステリアにおすすめのメニューは、特殊なトリミングナイフで被毛を抜いくプラッキングです。
皮膚の新陳代謝を促したり、光沢のあるしっかりとした毛質を維持するのに役立ちます。ワイヤーフォックステリアの特徴である美しい毛並みになるとともに、皮膚自体も強くなり皮膚トラブル予防にも繋がります。

頻度の目安

プラッキングは、特殊な技術が必要なため料金も割高になります。3週間~1ヵ月間隔で行うのが好ましいですが、かなりの出費になりますから、頻度については毛質なども見ながらトリマーさんと相談してみるといいでしょう。

料金の目安

シャンプーカットの場合は7,000~10000円程度、プラッキングの場合は15,000~20,000円程度になります。

正しいお手入れで魅力的な毛並みをキープしよう

ワイヤーフォックステリア 抜け毛

ワイヤーフォックステリアの特徴とも言えるワイヤーコートを維持するには、定期的なお手入れが必須です。毛並みの維持だけでなく皮膚疾患を起こしやすい犬種でもあるため、皮膚を清潔に保つために自宅でのお手入れを習慣化するようにしましょう。

  • 更新日:

    2020.09.25

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:関 ゆりな
  • ドッグライター
  • ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。 長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。