magazine

連載 / ブログ

2020.09.19

ブログ|バーニーズマウンテンドッグのフォンデュ

【ブログ】ミッション:家中をラグで覆いつくせ!フローリングを殲滅せよ

今や動物は「ペット」から「家族」になり、室内飼育が当たり前の時代になりました。ケージも設けず、家の中を自由に歩き回れる環境で暮らしているコもたくさんいますよね。愛犬たちが家の中で暮らすようになると、家族との距離が近くなりお互いに幸せな時間が増える一方で、必然的にヤツの脅威にさらされることになります。
「ヤツ」とはそう、すべての愛犬たちの敵、フローリングです。今回は、フローリングによって起こった悲劇とその対策について詳しくご報告します。すべての愛犬たちに起こりうる事なので、ぜひ参考になさってください。

#バーニーズマウンテンドッグ / #バーニーズマウンテンドッグのフォンデュ

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

この記事をシェアする

8歳のシニア犬フォンデュに起きた悲劇

バーニーズマウンテンドッグ ブログ 8月-A

事件は1か月前にさかのぼります。ほんの数十分の留守番の間に愛犬が足を痛めていました。原因は不明。左後ろ足が痛いらしく、ずっと足を上げた状態。歩く時も「けんけん」をするように左足だけ宙に浮いたままです。
急にどうした?と驚きましたが、過去にも2回くらいはこんな症状があったので、とりあえず様子を見ることに。

どんどん元気がなくなる愛犬

バーニーズマウンテンドッグ ブログ 8月-A

一通り左足を触って痛い箇所を特定しようと思いましたが、触っても特に痛がる様子はありません。う~ん、わからん・・・。こんな時、言葉がしゃべれたらいいのにと切実に思います。せめてイエスかノーだけでも意思表示してくれたら。
どこがどう痛いかは分かりませんが、とにかく痛そう。さらに、なぜか玄関に行って横たわり、そこから動こうとしません。
普段と違う愛犬の行動に怯える飼い主たち。

一目散に動物病院へ

午後になっても改善する兆しがなかったので、午後の診察開始時間と同時にかかりつけの動物病院へ。駐車場から病院へ入るまでも痛そうに歩いています。
獣医の先生も「大型犬でこれだけ痛がるってことは相当痛いはずですよ」とおっしゃるくらいの症状でした。
レントゲン撮影をしたところ、骨に異常はなく骨折などではなさそう。ますます原因がわかりません。この日はとりあえず痛み止めの薬をもらって帰りました。

結局、原因は特定できず・・・

診察の後、先生がほかの病院の専門医へレントゲン写真を送って意見を聞いてくださったそうで、後日、お電話でいろいろな可能性についてうかがいましたが、結局原因の特定までには至りませんでした。関節炎なのかなぁ?
症状はその後も1週間くらい続き、痛みでご飯が食べられないことも。日にち薬で徐々に回復しましたが、原因がわからないのでもやもやとした不安は残ります。でも、私が今できることは心配することではなく、とにかく愛犬の足に負担がかからない環境を整えること!それに尽きます。

ラグ&カーペット大作戦

バーニーズマウンテンドッグ ブログ 8月-A

今住んでいる家には3ヶ月ほど前に引っ越したのですが、その後すぐに階段には滑り止めマットを貼り、フローリングには滑り止めワックスをかけ、愛犬フォンデュのために環境を整えたつもりではいました。でも、それだけでは足りなかったのです。ごめんね、フォンデュさん。

フローリングはとにかく覆ってしまえ!

バーニーズマウンテンドッグ ブログ 8月-A

滑り止めワックスをかけたとはいえ、立ち上がる時や歩く時に踏ん張りがきかない様子は見受けられました。なので、むき出しだったフローリング部分をとにかくラグやカーペットで覆うと決め、いくつかのアイテムをポチポチと注文!
玄関やリビングの両サイドにはタイルカーペットを、また今まで滑り止めのないペラッペラのラグを敷いていた場所には、滑り止めつき高反発ラグを敷きました。弾力があり肌触りも良く、何よりフォンデュが走ってもズレないのが嬉しい!

BEFORE

バーニーズマウンテンドッグ ブログ 8月-A

AFTER

バーニーズマウンテンドッグ ブログ 8月-A

フローリングもちょい残し

バーニーズマウンテンドッグ ブログ 8月-A

暑がりのフォンデュには、寝る時に冷たい場所を探してさまよい歩く習性があります。フローリングでお腹を冷やすと気持ちいいみたい。そのため、彼女のお気に入りの場所は少しだけフローリングを残しました。

滑り止めの最終兵器

バーニーズマウンテンドッグ ブログ 8月-A

ちょっとだけ残したフローリングで滑ってまた足を負傷してはいけないと、飼い主は最終兵器を探し出しました。
コレ、なんだか分かりますか?

実はコレ、爪につけるゴム製の滑り止めなんです。アメリカの獣医師が考案し、日本の動物病院のオンラインストアでも販売されていてレビューも高かったので気になっていた商品なのですが、販売終了になってしまい諦めていたところ、海外サイトで類似品を見つけました。異常に安いし、海外からの発送なのでちゃんと届けばラッキーくらいの感じで注文したのですが、無事手元に届きましたよ!

正規品はこちら↓
類似品はこちら↓

早速、装着!

バーニーズマウンテンドッグ ブログ 8月-A

フォンデュはわりと何でも受け入れてくれるので、滑り止めの装着も難なく完了!サイズはXLでピッタリです。カラーは赤をチョイスしたので、バブル期のお姉さんみたいな爪になりました(笑)
本人的にも特に違和感はないようで、普通に歩いています。滑り止め効果で立ち上がる時もなんとなく楽に見えます。ただ、本物と違いこちらは爪の先まで覆われているので、お散歩で外を歩く時には外すか、もしくは消耗品と割り切ってそのままつけっぱなしかの2択になります。面倒くさがりな飼い主はもちろん後者を選択。

外での使用も問題ないけど

その後、滑り止めをつけたまま何度かお散歩に行きましたが、特に擦り減る様子はありませんでした。
ですが、ふと自宅の床を見ると、赤い爪がポツンと落ちている事数回。うまくフィットする爪とそうでない爪があるようで、何度つけても外れてしまう爪もあります。結論としてこれは、補助的に使うのがいいのかなという印象です。

関節炎やヘルニア予防にはラグを敷くべし!

バーニーズマウンテンドッグ ブログ 8月-A

ラグを部屋中に敷き詰めて以来、フォンデュは足を痛がる様子はありません。部屋の中を歩き回る時もとても軽やかに移動できるようになりました。ミッション完了です!
初期投資は必要ですが、愛犬の健康はプライスレス!特に大型犬や、胴の長いダックスやコーギーなどは関節を痛めたりヘルニアになるリスクが高いので、うちのコは大丈夫と思わずにできる範囲で滑り止め対策をしてあげましょう!

◎ライタープロフィール
Qt 家庭犬トレーナー

Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。
シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。

  • 更新日:

    2020.09.19

この記事をシェアする