magazine

食べもの

2020.09.27

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.23

パートナーに優しいレシピ|ドライフードを食べなくなった犬達へ

犬はドッグフードを食べなくてはいけない。人間の暮らしに溶け込んでいる犬達にドッグフードだけを食べさせているのは少し寂しくも感じますが、犬に必要な栄養を詰め込んだドッグフードは健康管理に欠かせないものです。愛犬に嬉しい、楽しいと感じながらドッグフードを食べてもらう食べ方を考えてみたいと思います。

#パートナーに優しいレシピ

Author :さのさえこ/ドッグライター

この記事をシェアする

さまざまな犬のドッグフード拒絶例

ドッグフードを与えた時、みなさんの愛犬はどのような反応をするでしょうか。一心不乱に食べ始める。それとも無視?

うちのコは結果的には食べるのですが、気に入らないフードが出たりすると、なぜかフードボールを隠す?行動に出ます。

では、他のワンコさん達はどんなイヤイヤを見せるのでしょうか?

外では食べるけれど家では食べない

家では全くドッグフードを食べないのに、外でなら食べるというコもいます。飼い主さんは散歩にフードを持参して食べさせています。しかし中には外に出ただけではなく、他の犬に横取りされる!という危機感がないと食べないコも……よそのワンコには散歩に出れば簡単に会えますが、横で見ているワンコさんもフードを欲しがってしまうのが問題になります。

何日も食べずにいることがある柴犬たち

柴犬の中には2、3日断食してしまうコが少なからずいるようです。「またか」と思いつつも、飼い主さんは心配になります。そこで、外では一切おやつを断り、家でご飯を食べた後にご褒美でおやつをあげたり、逆にフードの上におやつをてんこ盛りにしたりと、「おやつ」を利用する飼い主さんも多くいます。

どうしてドッグフードを食べなくなるの?

色々な方に聞いていると、犬には導入部分からタイプが分かれます。大きく分けて2つのパターンがあります。

1つは飼い主さんに食べているところを見ていて欲しいタイプ。そしてもう1つはジッと見られると嫌がるタイプです。我が家はフードをあげると放置していますが、時々、「ボクこれからご飯食べるよ」という顔でこちらを見ることもあります。愛犬がどちらのタイプかを把握するだけでも、食い付きは変わるかもしれませんね。

食べない理由として、他にもいくつか考えられることがあります。見てみましょう。

パパやママと同じものが食べたい!

私が昔から動物に対する心の在り方を参考にさせてもらっている獣医さんがいます。東京都中野区で「野村獣医科Vセンター」の院長をしている、野村潤一郎獣医師です。野村獣医師の著書の中で、よく書かれていることがあります。

  • 犬は成犬になるまでの1年間はドッグフードのみで育てると綺麗な体に成長する
  • 犬は豪華なステーキよりも飼い主が食べているカップラーメンの方に興味を示す

野村獣医師は多くの動植物を自宅で管理している方ですが、特にドーベルマンを子供同様に育てています。このドーベルマンもドッグフードを好まなかった時期があり、見かねた野村獣医師が目の前で自らドッグフードをバリバリ食べてやったら愛犬も食べるようになったという記述があります。

人間と暮らす中で犬が人間の食生活に近づいた消化能力を持つようになってきているのも、「パパママと同じものが食べたい!」という純粋な気持ちからきているところもあるのかもしれません。そう考えると、犬にしか与えられないドッグフードに魅力を感じなくなることもあるのでしょうね。

体重管理を自分でしているという噂も

以前、柴犬の飼い主さんから聞いた話では、頭の良い犬は自分で健康管理や体重管理ができるそうです。真偽はわかりませんが、実際に絶食する柴犬で体調を崩した例を聞かないところを見ると、あながち間違ってはいないような気もします。

味覚を変えてドッグフードに目を向ける

理由は何となく見えてきましたが、飼い主さんにとってはやはりドッグフードをしっかり食べてもらいたいもの。ここからは犬の味覚と心にスポットを当てて、食事法を考えてみましょう。

高タンパク高脂肪の炭水化物不使用フード

うちのコは1歳半までブリーダーさんの家で育ちました。ご飯は1日1回ドライフードのみでした。そのおかげでドライフードを問題なく食べてくれていましたが、フードについての引継ぎがなかったため、ゼロからのフード探しになりました。

自分でサンプルを集めたり、知人からもらったフードなどを試したりして現在に至ります。
そのフード探しの中で、穀物完全不使用で高タンパク高脂肪のフードを与えた時は、やみつきになるほどの食い付きでした。

最終的に高脂肪フードは軟便と肥満につながり断念しましたが、食べなれないフードに食い付くきっかけを与えるには十分な役割を果たしてくれました。

食べさせたいフードの上に食べるフードを

どうしても食い付きが悪い場合、先ほどお話ししたような高タンパク高脂肪のフードなどで嗜好性を刺激し、食べさせたいドッグフードの上からそのフードをトッピングしてみるのも1つの方法ではないかと思います。そして徐々にトッピングフードを減らし、本来のフードに戻していきます。

この時、トッピングを「フードにする」のがポイントです。肉や魚ではなく、同じドライフードであることが成功の秘訣です。

ハイテンションを利用した食べさせ方

もう1つ提案したいのは、愛犬の心の変化をタイミング良く利用する方法です。たとえば大好きな飼い主さんが帰宅して大喜びしている時や、トリミングに耐えて自由になった解放感を味わっている時などです。

大好きな飼い主さんの帰宅後はチャンス

うちのコは、私が何種類かの知育玩具に入れたおやつやフードを、日中はほとんど食べません。でも私が帰宅した途端に必死で食べ始めます。そんな時は普段口にしない嫌いなフードが混ざっていても平気です。
さらに晩ご飯のフードをあげても、一瞬で食べきってしまいます。

突然「素」に戻ることがあるので注意して

テンションが上がっていたのに、フードを出した途端「なにこれ?」と素に戻ることもあります。

犬って正直なので、夢中になっていても突然カメラを向けられたり違うものを見せられたりすると、そちらに気持ちが向いてしまうのです。

だからテンションを維持してくれるように、飼い主さんもハイテンションでドッグフードを出してみましょう!はたから見ると少しマヌケかもしれませんが、愛犬の嬉しい気持ちを飼い主さんも一緒に感じて表現してみるのも楽しいですよ。

心と体を刺激してドッグフードを食べさせる

成犬になる1歳までドッグフードだけで育てられると良いとは言え、なかなか難しいことでもあります。

犬は人間との生活の中で、世の中にたくさんの食べ物があり、選べることも学んでいきます。また、人間と犬が美味しく感じる匂いは異なるところもあります。

愛犬が本当に好む原材料を使用したフードを探して与え、楽しく食べられるシチュエーション作りを工夫することも、飼い主さんにできることではないでしょうか。

  • 更新日:

    2020.09.27

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:さの さえこ
  • ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。