magazine

歩きながら振り向く犬
食べもの

2020.09.13

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.21

パートナーに優しいレシピ|病気に負けない免疫力をつけよう

できることなら、サプリメントや薬に頼らずに自然な形で病気に負けない犬に育てたいと願うのは、誰もが同じ気持ちではないかと思います。そのために普段からできることがあるとすれば、心がけて実行したいですよね。今日は食べ物も含めた生活全般の免疫力アップについて考えてみたいと思います。

#パートナーに優しいレシピ

Author :さのさえこ/ドッグライター

この記事をシェアする

犬の免疫力が下がる原因はどんなこと?

歩きながら振り向く犬

高齢者が世話をしている家庭の犬は、意外に長生きです。これは、高齢者が常に在宅していること、自分の散歩を兼ねて、短い時間の散歩を1日何度か行っていること、そして早寝早起きであることから、朝日をきちんと浴びて暗い時間をしっかりと確保できていることが理由ではないかと思います。高齢者の方の生活スタイルを考えた時、犬の免疫力との関係が見えてくるように思います。

自然界の菌から遠去かる生活環境にいる

日々の散歩は運動の意味もありますが、野原の草花や他の犬、車や自転車、人などのさまざまな刺激と菌に触れる機会になります。また家庭内の日常生活の中にも目に見えない多くの菌があります。語弊があるかもしれませんが、自然界の適度な不潔さが、それに対抗する白血球を鍛え、体を強くするのではないかと私は思います。

以前、私が人間ドックを受けた時に「白血球は兵隊さんだから、多めにいる方が病気になりにくいよ」と、お医者さんに言われたことがあります。犬の体にも兵隊さん(白血球)を増やしてあげたいですね。

加齢やストレスも免疫力を下げる要因になる

犬も年齢を重ねると体力に衰えを感じ、体の機能も低下します。また、留守がちな家では、群で暮らす習性の犬にはストレスになることも。でも静かにしていたい時に人間たちが遅くまで電気をつけてテレビを見ていたり、無理矢理起こされたりすることもストレスになります。

散歩の時間も大切です。私は平日仕事をしているので、つい休日は寝坊してしまうのですが、真夏だと1時間の寝坊でも外気は軽く30℃を超え、太陽が容赦なく照り付けています。犬にとって最低限苦痛のない時間帯に散歩をしてやらなければと反省することが多くあります。

食べ物から見た免疫力が下がる原因とは

散歩中に座る犬

外的な要因だけでなく、体に摂り入れる食べ物からも免疫力が低下することがあります。体に必要な栄養素とともに、体に負担のかからない食生活も大切です。

消化が苦手な食材は免疫力低下につながる

犬が消化を苦手とする食べ物に、穀物と野菜があります。発酵や加水分解を施して吸収しやすくなった状態であれば問題が起きにくいとされていますが、素材そのままを使ったフードやおやつでは、大量に摂取すると胃腸の消化に負担がかかることがあります。

穀物を大量に使ったドッグフードに注意

安いドッグフードでは、コストを抑えるために大量の小麦などが使われていることがあります。小麦には糖質と食物繊維が含まれていますが、比率は糖質が圧倒的に多く、タンパク質と脂質で糖を生成できる犬にとっては胃腸への負担だけでなく肥満の原因にもなります。毎日食べるフードは良質なものを選んであげたいですね。

犬の免疫力アップ効果が期待できる食材とは

室内でおすわりをしている犬

免疫力に影響を与える菌は、ほとんどが腸に含まれています。また、外からの悪い菌と闘ってくれる白血球や細胞を構成する物質として、タンパク質は欠かせない存在です。必要に応じて利用できそうな食材をご紹介します。

腸を元気にする食生活を心がけること

腸を元気にするということは、腸の中のたくさんの菌の「エサ」になるものを与えるということになります。腸内細菌が喜ぶものとして、ヨーグルト、納豆などの発酵食品や、おからなどに含まれる食物繊維、オリゴ糖などが挙げられます。

良質なタンパク質をたっぷりと摂ること

白血球や細胞の材料となるタンパク質は、主に肉や魚、大豆などに多く含まれますが、犬の消化能力を考えると肉類から摂取することが一番体に負担がかからずおすすめです。持病で肉類の摂取が制限されている場合には、吸収しやすく加工された大豆で補っているフードもあります。

ただし、高タンパク高脂肪は大量の糖質も生成し肥満につながるため、愛犬の年齢や体質、生活習慣などを考慮して与える量に注意した方が良さそうです。

免疫力を高める愛犬用おやつを作ってみよう

おやつを食べる前の犬

今回はほんの一例ですが、美味しくて簡単に作れるケーキの作り方をご紹介します。
善玉菌を増やし、免疫力強化の基本となる発酵食品のヨーグルト、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を含んだバナナ、そして、穀物でありながら糖質よりも圧倒的に食物繊維を豊富に含むおからも、善玉菌のエサとなり腸内細菌活性化を促します。卵の栄養素もプラスして、愛犬の体に優位に働く材料だけで作れる健康おやつです。

バナナとヨーグルトとおからのケーキ

【材料】

・プレーンヨーグルト 150g
・バナナ 1本
・卵 1個
・おからパウダー 大さじ1

【作り方】

1.バナナをつぶす
2.ヨーグルトとおからパウダー、卵をバナナと混ぜる
※泡立て器で滑らかになるまで混ぜます
3.型に流し込む
※ケーキ型がない場合は、フライパン用アルミホイルで容器を作り、中にクッキングシートを入れてもOK
4.200度に予熱したオーブンで20分焼く
5.さらに180度で20分焼く

ほとんど膨らまないので、この分量で厚み2cmくらいにしかなりませんが、食感はレアっぽくなり、柔らかく仕上がります。砂糖不使用なので、味はヨーグルトの酸味が強いです。でもうちのコはものすごい食いつきでした。あまりに食いつきが良すぎて完食されそうになったため、長い動画を撮れませんでした。

免疫力は飼い主さんの存在がとても大きい

元気に散歩する犬

今回は主に食べ物の観点で免疫力についてお話ししましたが、免疫力を付けるには、飼い主さんが朝日を浴びさせてやったり、外に連れ出してやったり、ゆっくりと休める環境作りも欠かせないものになります。清潔さにこだわりすぎないおおらかな生活も大切です。
冒頭でお話しした高齢者の方はこの多くを自然に実践しているからこそ、犬が長生きできているように思います。

◎ライタープロフィール
ドッグライター さのさえこ

さの さえこ/ドッグライター

子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。
この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。

  • 更新日:

    2020.09.13

この記事をシェアする