magazine

健康管理 / 病気

2020.08.08

犬の歯周病予防にヨーグルトが効くって本当?その仕組みを紐解く

犬は歯垢から歯石になる速度が速く、歯周病になると短期間で重症化しやすくなります。歯周病ケアには毎日の歯みがきが必須ですが、歯みがきが苦手な犬も多くなかなか持続できません。最近の情報では、犬が好むヨーグルトが歯周病に良いと言われていますが、どのような効果があるのでしょうか。今回は歯周病とヨーグルトの関係について調べてみました。

Author :泉 能子/愛犬家、ドッグライター

この記事をシェアする

犬の歯周病の原因と症状

犬 歯周病 ヨーグルト

歯周病は放置しておくと歯がぬけたり、あごの骨まで溶けてしまったり、歯周病の細箘や毒素が全身にまわると、肝臓や心臓、腎臓にまで影響を与えることもある怖い疾患です。

犬の歯周病の原因とは?

犬の歯周病の原因は、人と同様に食べ物のかすが歯にの残って歯垢となることが原因です。歯垢は細菌のかたまりなので、歯みがきをせずそのままにしておくと、細菌によって歯茎が炎症をおこし歯肉炎となります。

歯肉炎を放置すると、炎症によって歯茎と歯のみぞが深くなり、より多くの細菌が入り込むようになります。歯垢がが石灰化して歯石となり、歯肉炎が悪化したものを歯周病といいます。

犬の歯周病の症状

歯茎の炎症

歯茎が炎症をおこし腫れ、健康なピンク色から濁ったような赤色に変わってきます。

歯茎の出血や口臭

歯茎からの出血や強い口臭がするようになり、ヨダレもみられるようになります。

歯の揺動や歯茎の痛み、抜歯、食欲不振

歯が揺動し始め、時には抜け落ちることもあります。また、炎症による痛みのため食欲不振になったり、口を触られるのを嫌うようになります。

犬の歯周病にヨーグルトが効くって本当?その効果とは

犬 歯周病 ヨーグルト

放置しておくと歯や歯茎だけではなく犬の健康にさまざまな影響を与える歯周病ですが、最近ヨーグルトが犬の歯周病に有効だと話題になっています。その理由やSNSのユーザーの声などを調べてみました。

ヨーグルトが効果的な理由

ヨーグルトと同じ乳製品に牛乳がありますが、犬が牛乳を飲むと下痢をすると言われ、あまり与えてはいけない食品だと言われています。それは犬が牛乳に含まれている乳糖という成分を分解する能力が弱いためです。
それに比べてヨーグルトは発酵する過程で乳糖が分解されてしまうため、下痢の心配がなく安心して与えることができます。

ヨーグルトに含まれているls1という乳酸菌は、犬の口内細菌の繁殖を抑える効果があるので、歯周病予防に有効だといわれています。乳酸菌は生きたまま腸に届き、腸内の善玉箘に作用して腸内環境を整える作用があります。犬の腸内環境が良くなることで、口臭にも効果があるともされています。

犬にヨーグルトを与えるときの注意点

犬の歯周病予防にヨーグルトを使うときは、犬用のヨーグルトか、人間用では無糖、低脂肪のプレーンヨーグルトを使うようにしましょう。

実際に試してみた人の声は?

ツイッターなどでは、犬の歯周病予防に意識してヨーグルトを使っている人の書き込みなどはそれほど多くは見当たりません。それでも、犬はヨーグルトが好きなようで、人が食べた後の容器を喜んで舐める犬の投稿が多く見られました。

ヨーグルトを与える目的は違っていますが、いずれにせよ犬たちはヨーグルトが大好きなようです。人が食べるヨーグルトを犬にも与えるときは、糖分の入ったデザート様なものは避け、無糖で低脂肪なものにしましょう。

犬の歯周病を予防する方法

犬 歯周病 ヨーグルト

ヨーグルトが歯周病予防に効果があることはわかりましたが、愛犬を歯周病にさせないためには、何より毎日のデンタルケアを欠かさないことが一番の予防法です。最近では歯周病予防のための様々なデンタルケア用品が販売されています。

乳酸菌や植物エキスを使ったデンタルケア

歯周病に効果があるといわれている植物エキス(フィトンチッドデンタル)や、乳酸菌のなどを使ったジェルやパウダーなどがあります。歯みがきが苦手な犬の、あくまで補助的な役割を果たすグッズとして検討してみてはいかがでしょうか。
ただし、導入の際はかかりつけの獣医師に相談し助言を得てからにしましょう。

商品情報

犬の歯周病とヨーグルトの関係

犬 歯周病 ヨーグルト

歯周病はなってしまうと、愛犬に大きな苦痛とリスクを与えてしまいます。ヨーグルトには口内細菌の繁殖を抑える効果が期待でき、なにより手軽なので上手に利用したいですね。ただし、導入の際には低脂肪で砂糖を使っていないプレーンなものにしましょう。

◎ライタープロフィール
泉 能子 愛犬家 ドッグライター

泉 能子/愛犬家、ドッグライター

動物が大好きで、気づけば隣にはいつも愛犬がいて、愛犬とお互いに助けたり助けられたりの共同生活をしているドッグライターです。
今までにヨークシャーとスムースダックスを育てて看取り、今は保護犬の9歳になるブラックタンのダックスと暮らしています。
人と犬が楽しく幸せに暮らすために役立つ記事を発信していきます。

  • 更新日:

    2020.08.08

この記事をシェアする