magazine

グッズ

2020.08.17

トイプードルの首輪サイズはどう選ぶ?嫌がる場合の慣らし方もチェック

ペットショップや通販サイトには、様々な素材やデザインで愛犬に似合いそうな首輪がたくさん並んでいますよね。しかしながら選ぶ首輪によっては愛犬が嫌がってしまったり、サイズが緩い・きついなんてこともあります。小型犬で華奢な体型をしているトイプードルは首がとても細くてデリケートな犬種です。そのため、どのようなをサイズの首輪を選べばよいのか迷っている飼い主さんも多いようです。そこで、今回はトイプードルという犬種にフォーカスを当てて、首輪の必要性から首輪のサイズの選び方・嫌がる場合の対処法まで詳しくご紹介します。愛犬の雰囲気にぴったりの似合う首輪を選んであげましょう。

#トイプードル

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

トイプードルの安全を守る|首輪とリードの必要性・嫌がる場合の慣らし方

トイプードル 首輪

愛犬の首輪とリードは、飼い主さんと愛犬をつなぐ大切なアイテムです。しつけがちゃんと出来ていれば首輪・リードなしでお散歩してもいいのかな?と思うかもしれませんが、実はこれはかなり危険な行為と言えます。

お散歩中の思わぬアクシデントを防ぐ

特に都会ではお散歩をしていると、思わぬアクシデントに出くわすこともしばしば。車や自転車が犬の近くを通り抜けて、思わずドキッとした経験はありませんか?突然の大きな物音にパニックを起こしたり、危険なものを拾い食いしてしまったり。また、仲良しの犬を見つけ喜んで走り出してしまうかもこともあり得ます。そんな時、首輪とリードをつけていれば、そういった犬の突然の行動を制止することができます。

首輪は子犬の頃から慣れさせる

首輪を嫌がる犬にならないためには、子犬の頃から慣れさせておくことが大切です。「首輪をすれば散歩に行ける!」愛犬にそんな楽しいイメージがあれば、きっと喜んで首輪をつけてくれるでしょう。

もし成犬から迎えて首輪の習慣がなかったとしても、大好きなお散歩をするときは必ず首輪とリードを着用するという習慣を刷り込むようにしてください。首輪を付けたら楽しいことが待っていると学習すると徐々に慣れてくるようになると思います。

犬が嫌がらないようであれば室内にいるときも首輪はつけっぱなしにしていても問題はありませんが、蒸れや毛切れ・ストレスの原因になることもありますので、様子を見ながらにしましょう。

トイプードルの首輪のサイズ選びのポイント

トイプードル 首輪

首輪は緩すぎるとトラブルの原因になりますし、きつすぎると愛犬の首が締まってしまい、犬がストレスを感じてしまいます。そのため、犬用グッズの中でも特に愛犬の身体の大きさに合ったものを選ぶことが必要です。

トイプードルは大きさの幅が意外と広い

トイプードルは小型犬に分類されますが、中型犬と同じくらい大きな子もいます。最近ではタイニープードル・ティーカッププードルと呼ばれる超小型犬もいますよね。このようにトイプードルは身体の大きさの幅が広い犬種と言えるため、一概に対象犬種の情報を基に首輪を選ぶのは推奨できません。

試着できるなら指1~2本が目安

実際に着用してから購入できる場合には、試着をさせていただいて、人間の指1~2本分が入るくらいのサイズのものを選ぶようにするのがベストです。実際に着用するときも指1~2本を目安にサイズを調整しましょう。

試着できないときのサイズ選び・注意点

試着してから購入できない場合、通販サイト等で購入する場合には、愛犬の首周りをしっかり測定しましょう。このとき通販サイトによって実際の首輪の長さを表示している場合と、推奨される犬の首周りの長さを表示している場合がありますので、どちらに該当するのかをしっかりチェックする必要があります。実際の首輪の長さが表示されている場合には、首周り+1~2cmのものを選ぶようにしましょう。

人間の腰に使うベルトのように、穴が空いていて長さが調整できるタイプであれば、内側から2-3個目の穴で首を1周できるのが理想的な使い方となります。

まだトイプードルの場合には気にする必要はありませんが、長毛種の場合は特に毛を掻き分けてから首を1周測定する必要があります。

トイプードルの普段使いにオススメの首輪は?

トイプードル 首輪

モコモコの被毛におおわれたトイプードルは、見ためよりも実際は体が小さく首も細めになります。そのことから普段使いでお探しの場合には、少しでも首への負担を避けるため、重さが軽く、幅が細めのものを選ぶといいでしょう。具体的にどのような種類の首輪がトイプードルの普段使いに良いのでしょうか?見ていきましょう。

ベルトタイプ

一般的な首輪の種類である革ベルトタイプは、革素材に穴が空いていて金属製のストッパーで止める首輪です。耐久性もそこそこ高く使う度に風合いも出てくるため、人気のある種類の1つです。ただし、水に弱いところが難点です。トイプードルにも決して重たすぎることはありませんが、ベルトの幅ができるだけ細いものを選んであげるようにし、小まめな拭き取り掃除をしましょう。

布×バックルタイプ

プラスチックと布で作られたバックルタイプの首輪は、トイプードルのデリケートな皮膚への刺激も少なくオススメです。できるだけ肌触りの良い柔らかな布製の首輪を選んであげると良いでしょう。

特に成長期の子犬のトイプードルの場合には、バックルのついたタイプが簡単に装着できてサイズ調整もできるため便利です。

チェーンタイプは毛に絡まるかも

チェーンタイプの首輪はリードを引っ張ることで首を絞めつける構造になっているため、しつけの際などに主に利用されます。トイプードルは巻き毛なこともあって、特にチェーンタイプは毛が絡まりやすくなるため、あまり推奨できません。どうしても利用したい場合には首輪の1/3程度がチェーンになっているハーフチョークタイプがおすすめです。

首輪は大切な愛犬へ贈る初めてのプレゼント

トイプードル 首輪

今回はトイプードルにおすすめの首輪についてご紹介しました。最近では、犬の首輪を作ってくれるオーダーメイドの専門店もあります。ペットショップでは見かけない、愛犬にぴったりの可愛いものを作ってあげることができます。しつけをしたいとき等、TPOに合わせて、何種類か持っておくのも楽しいですね。飼い主さんが思いを込めて選んだ首輪は、愛犬にとってのお守りです。大切な愛犬のために、ぜひとも素敵なものを選んであげてください。

  • 更新日:

    2020.08.17

この記事をシェアする