magazine

食べもの

2020.08.10

【栄養士監修】犬が大喜びする鶏の手羽先!みんなの手作りごはんも紹介

鶏肉は、低カロリーで栄養価の高いタンパク質源として犬の手作りごはんに多く取り入れられている食材です。しかし、手羽先となると大きな骨がついているので、愛犬に与えていいのか不安になる方もいらっしゃることでしょう。
そこで今回は、愛犬への手羽先の与え方から、実際に手羽先を与えている方の手作りごはんを紹介していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

愛犬のための手づくりごはん|鶏の手羽先の気になる栄養素

犬 みんなの 手作りごはん 鶏の手羽先

手羽先には、目の健康を守り免疫力を高めるビタミンAや血管や皮膚を丈夫にするコラーゲンなどの成分が豊富に含まれています。

与え方に注意すれば骨も食べさせることができるので、手作り食で不足しがちなカルシウムも摂取することができます。

ただし、手羽先のタンパク質の量はささみやムネ肉などと比べると少ないので、他のタンパク質と合わせて与えることがおすすめです。

愛犬のための手づくりごはん|鶏の骨は危険?与え方の注意点とは

犬 みんなの 手作りごはん 鶏の手羽先

骨は犬の大好物というイメージがありますが、鳥の骨は細々としたものも多くあるので危険という想像をされる方も多いことでしょう。
となると、手羽先は犬には与えてはいけないの?と思いますよね。ここでは、鳥の骨の危険性と手羽先を犬に与える際の注意点について紹介します。

鳥の骨は縦に裂けて危険

鳥の骨は、加熱すると縦に裂けて先端が鋭くなり、胃や腸に刺さってしまうため危険であると言われています。確かに、骨が胃や腸に刺さってしまったという犬も少なからずいるため、獣医師のあいだでも与えていいのか賛否両論のようです。

上手な与え方とは?

加熱した手羽先を与える場合は、刺さってしまうだけでなく丸飲みして喉に詰まる可能性もあるため、骨がホロホロになるまで圧力鍋で煮込んで与えましょう。骨も食べられるだけでなく鶏の手羽先に含まれる水溶性のコラーゲンがスープに溶け出るので、コラーゲンやカルシウムも取ることができます。

また、新鮮で良質な手羽先であれば生で食べても問題ないため、生で与えるのもおすすめです。生で与える際は、必ず鮮度のいいものを選んであげるようにし、生肉に慣れていない犬には少量から慣らすようにして与えてください。

鶏の手羽先を使った愛犬家の手作りごはん!

犬 みんなの 手作りごはん 鶏の手羽先

鶏の手羽先をどう調理して与えればいいのか悩んだときには、Instagramをチェックです!たくさんの方が愛情たっぷりの手作りごはんを投稿されており、参考になるものがいっぱいありますよ。

鶏の手羽先スープ

こちらの方は、危険な骨は与えず手羽先のお肉部分だけをさいてから、スープに入れられているようです。白菜や大根、小松菜など野菜もたっぷり入ったスープに加えて、おしゃれな小鉢まで!小鉢には豆腐と、トマトが添えられていました。

鶏の手羽先とキャベツまるごと煮

こちらの方は、鶏の手羽先とキャベツを圧力鍋で調理されています。先程も説明した通り、圧力鍋で調理するとお肉がとろとろになるだけでなく、骨もほろほろになるので、骨まで安心して与えることができますね。ただし、与える前に骨がしっかりと溶けているか必ず確認してください。

ワイルドに生で!

食べごたえ抜群の生で与えている方もいるようです。生で与えることで、鶏に含まれる酵素も壊れることなくたっぷりと取ることができます。

おすすめのレシピ本を紹介

犬猫ブランドショップ『pas a pas』の店主・俵森朋子さんが監修した「犬ごはんの教科書: スープストックで手軽に続けられる体によい食事」です。
ふだんのご飯レシピはもちろん、愛犬の体調に合わせたご飯のアレンジの仕方や、目的別健康レシピなどを分かりやすく写真を使って解説されています。
Amazon商品ページはこちら:

商品情報

バランスの良い手作りごはんを目指そう

犬 みんなの 手作りごはん 鶏の手羽先

Instagramに投稿されていた手作りごはんを見ると、手羽先だけでなく他のタンパク質と一緒に与えている方が多いようでした。
鶏の骨は本当に危険ですので、与えるのであれば圧力鍋でほろほろになるまで煮込んだものを。コラーゲンもカルシウムも取ることができるのでおすすめです。ぜひ、一度愛犬の手作りごはんに鶏の手羽先を取り入れてみてくださいね。

◎監修者プロフィール
望月紗貴

望月 紗貴/犬の管理栄養士、ペット看護士、ペット介護士、ペットセラピスト、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー

3頭の愛犬たちと1頭の保護犬、3匹の愛猫たちと山奥で暮らす真の動物好きライター兼ペット記事監修者。
犬に関しての正しい知識共有を目的とし、ネットメディアでの情報提供活動を行っております。
休日は愛犬バーニーズマウンテンドッグ、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリーとの時間を大切に過ごしています。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 更新日:

    2020.08.10

この記事をシェアする