magazine

住まい / 生活

2020.08.04

ブログ5選|老犬介護は辛いだけじゃない!老犬介護ブログにみる家族の愛

老犬介護の現実に当事者として向き合うときには、こころが折れそうになることもきっとあるでしょう。そんなときには、同じように老犬介護に奮闘している仲間のブログを訪ねてみませんか。介護は辛いだけじゃない、愛犬とのかけがえのない時間なのだということを再認識することができるはずです。
今日は老犬介護仲間のブログをいくつかご紹介します。気持ちがめげそうになったら開いてみてください。

Author :泉 能子/愛犬家、ドッグライター

この記事をシェアする

老犬介護ブログ|脳梗塞のハイシニア柴わんこの闘病日記

老犬 介護 ブログ

12才で脳梗塞を発症した柴わんこさんの1年3カ月の闘病記録と、命のともし火が消えゆく愛犬に対する尽きぬ哀しみと溢れる愛情が綴られたブログです。

愛犬を亡くした後に押し寄せてくる喪失感や、自身のペットロスについても、素直な言葉で書かれています。老犬介護をしていると、昼夜を問わぬ介護に疲れて時に投げ出したくなるかもしれません。そんなとき、自分だけじゃないんだ、みんな同じ気持ちなんだと知ることで心が少し軽くなります。同じように老犬介護をしている方や、闘病看護中の方に是非よんでいただきたいブログです。

ブログはこちら

老犬介護ブログ|驚異の18才!ラブラドール華ちゃんの介護日記

老犬 介護 ブログ

大型犬の平均寿命は10才前後と言われていますが、ラブラドールの華ちゃんは脂肪腫と闘いながら18才まで生きました。飼い主さんは仕事をしながら、そのうえ老齢のお母さんと同居しながらの老犬介護でした。

華ちゃんが飼い主さんの仕事中に亡くなってしまうかもしれないことを覚悟のうえで、最後まで真っ直ぐな愛情で華ちゃんと向き合われた飼い主さんの真摯な姿に胸打たれるブログです。

同じように仕事を持ちながら老犬介護をされている方にとっては、共感したり参考になったりすることがたくさんあるのではないでしょうか。是非一度覗いてみてください。

ブログはこちら

老犬介護ブログ|おはようとおやすみが言える日が終わるまで。18才のボーダーコリー花音さんの介護日記

老犬 介護 ブログ

寝たきりになってしまった花音さんと飼い主さんの幸せは、毎朝おはようと言えて、寝る前におやすみが言えることだと書かれています。

寝たきりで床擦れを起こさないための様々な工夫や、体調急変時の応急対処法など、花音さんが日々安らかに過ごせるようにとの心配りに、愛犬に対する深い情愛をみることができます。今まで多くの愛犬を看取られてきたブログ主さんでも、愛犬を失なう哀しみに慣れるということはありません。

犬と共に暮らす方であれば誰でもが必ず迎える愛犬の最後の日々を、写真と共に愛しさを込めて記録されたブログに共感できる人は多いのではないでしょうか。

ブログはこちら

老犬介護ブログ|毎日がゆっくりタイム。15才Mダックスまろさんは今日もシアワセ!

ミニチュアダックスのまろさんは15才。薬アレルギーやてんかん、心臓病などの持病がある高齢犬ですが、優しい飼い主さんとの毎日は、ゆったりまったりと平和です。

まろさんは、高齢ゆえに歯周病の抜歯手術の麻酔にも命懸けで臨まなければなりませんでした。高齢のために2件の病院から手術を断られたそうです。

まろさんが毎日を穏やかに過ごせるために、最大限の努力と労力を惜しまない飼い主さんには学ぶところがたくさんあります。まるで一編の物語を読んでいるような、優しさに包まれた心安らぐ老犬ブログです。

ブログはこちら

老犬介護ブログ|13才フレブルのボータンとママの元気奪還奮闘記!

老犬 介護 ブログ

13才のおじいちゃんフレンチブルドッグのボータンは、てんかん、フレブルに多い鼻炎、アレルギーなどの疾患があり、様々な要因から食欲不振を繰り返しています。痩せているボータンのためにと、ドックフードジプシーになりながらも試行錯誤し、ボータンが食べてくれるフード作りに奮闘するママさんのブログです。

老齢により食べなくなる愛犬は多く、一口でも多くと悩まれている飼い主さんにとって、このブログは共感でき、また参考にもなるのではないでしょうか。ボータンの日々の体調に気遣いながらも、愛しいわが子とのほのぼのとした毎日が心暖まるブログです。

ブログはこちら

老犬介護は愛犬との最後の愛のかたち

老犬 介護 ブログ

老いて日々衰えていく愛犬を見守り続けることは、悲しく辛いことです。また、老犬介護は昼夜を問わず、肉体的にも精神的にも大きな負担となります。愛犬に迫りくる死との孤独な闘いに打ちのめされそうになることもあるでしょう。

そんな時は、紹介したブログを開いて見て下さい。辛いのも、苦しいのも自分だけじゃないことを知って下さい。老犬介護を終え、愛犬を虹の橋へと送った人の誰もが、介護の日々は大変だったけれど、今までの中で一番愛犬との密度の濃い、かけがえのない大切な時間だったと言います。
それは愛犬が伝える長い月日を共に暮らした家族への最後の愛のかたちなのかもしれません。

◎ライタープロフィール
泉 能子 愛犬家 ドッグライター

泉 能子/愛犬家、ドッグライター

動物が大好きで、気づけば隣にはいつも愛犬がいて、愛犬とお互いに助けたり助けられたりの共同生活をしているドッグライターです。
今までにヨークシャーとスムースダックスを育てて看取り、今は保護犬の9歳になるブラックタンのダックスと暮らしています。
人と犬が楽しく幸せに暮らすために役立つ記事を発信していきます。

  • 更新日:

    2020.08.04

この記事をシェアする