magazine

犬種図鑑

2020.08.18

カルストシェパードは生粋の番犬気質?性格からお手入れ方法まで|犬種図鑑

スロベニア原産の犬種である、カルストシェパードをご存知でしょうか?カルストシェパードはもふもふとした姿がとても可愛いらしいですが、実は番犬として活躍していた逞しい犬種なのです。
ここでは、カルストシェパードの歴史や性格を紹介した上で、実際に家族に迎え入れることを想定して、被毛のお手入れ方法などについても解説します。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

カルストシェパードの歴史

カルストシェパード

カルストシェパードは何世紀も前から人間と共存してきた、私たちと長い歴史を分かつ犬種です。1689年には、すでにカルストシェパードらしき犬の記録があり、何百年も前から家畜を守る番犬として活躍していたことが分かります。
1939年にはFCI(世界畜犬連盟)に犬種として公認され、犬種標準が設けられました。

カルストシェパードの犬種グループ

カルストシェパードは、FCIの第2犬種グループに分類されます。第2犬種グループにはピンシャー、シュナウザー、モロシアンなどの、番犬として活躍していた犬種が含まれています。

カルストシェパードはどんな性格?

カルストシェパード

カルストシェパードは番犬として活躍していたため、見知らぬ人には警戒心を見せ、非常に勇敢な性格をしています。また、飼い主に忠実で、コンパニオンドッグとしても向いています。さらに、飼い主に従順でありながら、自我が強く、自分で考えて行動をすることが得意な性格です。

カルストシェパードに合ったしつけ方

カルストシェパードは飼い主に従順なので、まずはしっかりと信頼関係を築くことが大切です。比較的自我が強い傾向にあるので、忍耐を持ってじっくりとしつけに取り組むようにしましょう。

カルストシェパードの標準体重と平均寿命

カルストシェパード

標準体重や平均寿命を知ることは、カルストシェパードの健康管理に役立ちます。適正体重や必要な運動量を知って、カルストシェパードの健康な体づくりに役立てましょう。

カルストシェパードの適正体重

カルストシェパードの適正体重は以下の通りです。

メス:25~37kg
オス:30~42kg

カルストシェパードは大型犬に分類される犬種で、どっしりとした骨太な印象を与えます。

カルストシェパードに必要な運動量

カルストシェパードと暮らすなら、朝晩に1時間程度の散歩へ連れていくようにしましょう。カルストシェパードは落ち着きがあるため、頻繁にランニングなどをする必要はありません。
しかし、週に3度ほどは走る時間を確保し、しっかりと運動をさせるようにしましょう。

カルストシェパードの平均寿命

カルストシェパードの平均寿命は10~12年です。カルストシェパードを迎える場合は、平均寿命を頭に入れ、最後までしっかり飼育をする準備をしましょう。

カルストシェパードの被毛の特徴は?

カルストシェパード

カルストシェパードの被毛は、長く、体に沿って生えています。カルストシェパードはダブルコートの犬種で、アンダーコートは非常に密集して生えています。耳の後ろや首回りの被毛は特に長く、足回りの被毛は短いです。
また、毛色はグレーですが、濃い毛色が好まれます。

カルストシェパードの被毛のお手入れ

カルストシェパードは被毛が密集して生えているので、毛玉ができやすい体質です。そのため、日頃からこまめにブラッシングを行い、毛玉が形成されるのを防ぐことが非常に大切です。
万が一、毛玉ができてしまった場合は指で優しくほどいてあげるようにしましょう。

カルストシェパードを迎える前によく考えよう

カルストシェパード

ここでは、カルストシェパードについて詳しく解説していきました。カルストシェパードは歴史が古く、何世紀も前から人間と暮らしてきた犬種です。番犬としての特徴や性格は現在でも根強く残っており、力強い雰囲気を醸し出しています。
カルストシェパードを迎える場合は、自分に合った犬種かどうかをよく考え、カルストシェパードの性格に合った環境づくりを心がけてくださいね。

参考文献
◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.08.18

この記事をシェアする