magazine

健康管理 / 病気

2020.08.16

トイプードルの理想体重はどれくらい?肥満・痩せ予防のために大切なこと

「愛犬には健康で長生きしてほしい」これは多くの飼い主さんの切なる願いですよね。小型犬のトイプードルをいつまでも元気で健康に育てるためには、体重管理はとても大切なことです。人間も毎日体重を測って記録することでモチベーションを保ってダイエットが成功するように、犬の場合にも体重管理をしっかりすることで、日頃から食べ物・運動・病気などに気を配る一歩になると思います。今回はトイプードルの理想体重や体重管理のコツ、気をつけたい病気や毎日の運動の方法をご紹介します。

#トイプードル

Author :安田 ハル/ドッグライター

この記事をシェアする

トイプードルの理想的な体重はどれくらい?

トイプードル 体重

プードルは大きく分けて、スタンダードプードル・ミディアムプードル・ミニチュアプードル・トイプードルの4つのサイズに区分されています。

日本の多くのご家庭で飼われているトイプードル。このトイプードルをさらにサイズ別に分類すると、トイプードル・タイニープードル・ティーカッププードルになります。(犬種名としては公認されていないため、サイズ別の名称になります)

トイプードルのサイズ別体重

トイプードルは1歳になった頃から成長が止まり、体高・体重の変化があまり見られなくなります。サイズ別の成犬時の体高・体重はどのくらいか見ていきましょう。

トイプードルの体重

最も頭数の多いトイプードルの成犬時の体高は、約28センチ、体重は3~4キロ程度になります。

タイニープードルの体重

トイプードルの次に大きい、いわゆるタイニープードルの体高は、約23センチ、体重は2~3キロ程度です。

ティーカッププードルの体重

最も小さいのがティーカッププードル。その体高は20センチ、体重は2キロ以下になります。

トイプードルの体重管理の必要性とは?

トイプードル 体重

人と同様に、犬も肥満が原因で様々な病気のリスクが高くなってしまうものです。特に華奢な体つきのトイプードルは、体重が増えると関節に負担がかかりやすい傾向があります。愛犬の健康を守るためにも、体重管理は飼い主さんの大切な役目です。

犬は太りやすい体質ってホント?

その昔、群れで暮らしていた犬は、食べられる時に食い溜めをするという食生活をしていました。その名残から、飼い主さんが与えたフードの量が多めでも食べきるという性質があります。そのため、適正体重をキープするためには、飼い主さんはその子に合ったフードの量をきちんと把握しておく必要があります。

トイプードルが肥満要因でなりやすい病気

肥満が原因でかかりやすい病気には次のようなものがあります。
・関節炎
・椎間板ヘルニア
・糖尿病
他にも心肥大など、心臓への負担にも注意が必要です。

トイプードルの体重管理で気にすべきこと

トイプードル 体重

トイプードルを肥満にさせないために、飼い主さんができることはどんなことでしょうか?まずは毎日の食事と運動で理想的な体型のキープを心掛けましょう。

散歩や遊びで運動量を確保しよう

小型犬のトイプードルには多くの運動量は必要ありませんが、歩いたり軽く走ったりといった毎日のお散歩は必要です。 朝と夕の1日2回、それぞれ15分~30分程度の散歩に連れて行ってあげましょう。

活発で遊び好きなトイプードルですので、家の中でもボール投げやロープの引っ張りっこなどをして遊んであげてくださいね。

ドッグフードの選び方

トイプードルの毎日の食事には、栄養バランスを考えて作られたドッグフードがおすすめです。給与量はパッケージの裏に記載されている量を目安にしましょう。

ドッグフードによって1日に必要なグラム数には違いがありますので、製品を変えたときには必ず確認することが大切です。ドッグフードを変えたときに給与量がそのままでは、1日のカロリーの摂取量が過剰になったり、足りなくなってしまうことがあります。

また、保存料などの添加物が使われていないかも大切なチェックポイントです。 大切な愛犬の主食となるドッグフードですので、なるべく良質な原材料を使用したヒューマングレード(人が食べてもよいとされる原材料を使用)などの製品を選ぶようにしましょう。 アレルギーに配慮したグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードもおすすめです。

可愛い愛犬におねだりされると、おやつもついついあげたくなりますが、カロリーオーバーにならないように1日の量を決めておくとよいですね。

愛犬の健康管理は飼い主さんの大切な役目

トイプードル 体重

今回はトイプードルの体重管理についてのお話をさせていただきました。同じ体重であっても、その子によって食べる量には多少の違いがあります。気が付いたら肥満体型に...ということがないように、飼い主さんは日頃から愛犬の体重管理を心掛けておきましょう。 愛犬に1日でも元気で長生きしてもらうために、毎日の積み重ねは大切ですね。

◎ライタープロフィール
安田ハル ドッグライター

安田 ハル/ドッグライター

愛犬のトイプードルと暮らす楽しい毎日。
家族に寄り添って生きてくれている、健気で愛おしいこの子のために「何かできることはないだろうか」これがドッグライターを始めたきっかけでした。
幼い頃から、小型犬・中型犬・大型犬と様々な犬種と暮らした経験を活かし、愛犬家の皆さんに役立つ情報や、楽しく共感していただける記事を発信していければと思っています。
さらに知識を深めるために、動物に関する看護学・栄養学などの資格取得を目指して勉強中です。

  • 更新日:

    2020.08.16

この記事をシェアする