magazine

犬種図鑑

2020.08.23

ラブラドゥードルの性格はまさに天使?セラピー犬としても活躍する犬の素顔

ラブラドールレトリバーとプードルを掛け合わせて誕生した、ラブラドゥードルという犬をご存知でしょうか?日本においてラブラドゥードルの普及活動を行う「日本オーストラリアン・ラブラドゥードル協会」によると、ラブラドゥードルには「スタンダード」「ミディアム」「ミニチュア」の3つのサイズがあり、セラピー犬として活躍できる優れた資質をもっているとされています。ここでは、ラブラドゥードルの特徴やしつけについて解説します。

#ミックス犬 / #ラブラドゥードル

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

ラブラドゥードルの特徴

ラブラドゥードル 性格

ラブラドゥードルの歴史や得意なこと、苦手なことをご紹介します。

ラブラドゥードルの歴史

ラブラドゥードルは選りすぐれた両親犬を使い、目的を持ち意図的に交配されて誕生した犬です。1970年代にオーストラリアのオーストラリアガイドドッグ協会に、ハワイに住む視覚障害の女性から「アレルギーを発症しにくい盲導犬を送ってもらえないか」と言う問い合わせがありました。協会はまず盲導犬として活躍していたラブラドールレトリバーを選び、次に抜け毛が少ないスタンダードプードルを交配させ、改良を重ねラブラドゥードルが作出されました。

ラブラドゥードルが得意なこと

ラブラドゥードゥルは泳ぎが得意な子が多く、川や海、ドッグプールでは元気に遊ぶでしょう。初めて泳がせる場合は不安を感じる子もいるので、まずは足先だけ水に浸かるところを歩かせ、少しずつ慣れさせましょう。

ラブラドゥードルが苦手なこと

人と接することが大好きなラブラドゥードゥルは、長時間一人ぼっちで過ごすことが苦手です。留守がちな家庭での飼育はおすすめできません。

ラブラドゥードルのしつけ

ラブラドゥードル 性格

ラブラドゥードルは、しつけをすぐにマスターできる高い知能を持ち合わせています。

無駄吠え

構ってほしいときやエサを求めるときに要求吠えをする場合、応じてしまうと更に要求してくるようになります。無駄吠えを止めさせたいときは、目を合わせずひたすら無視することが大切です。

甘噛み

生後4~6ヶ月頃は、乳歯から永久歯に生え変わるため歯がむず痒くなったり、不快感を感じます。そのため犬は目についた物や飼い主さんの手を噛むようになり、飼い主さんを困らせてしまうかもしれません。ロープのおもちゃなど噛んで良いおもちゃを与え、飼い主さんに噛みつくことを覚えさせないようにしましょう。手を噛んできた場合には、低い声で叱り、毅然とした態度を取りましょう。

ラブラドゥードルが喜ぶ遊び方

ラブラドゥードル 性格

ラブラドゥードルは好奇心旺盛で、遊びが大好きです。時間のあるときはドッグランやドッグプールでのアクティブな遊び方を取り入れましょう。また、ボール遊びやロープの引っ張りっこも飽きずによく遊んでくれるでしょう。飼い主さんとコミュニケーションを取ることが大好きなので、飼い主さんも参加できるような遊び方がおすすめです。

ラブラドゥードルが得意なスポーツ

ラブラドゥードル 性格

ラブラドゥードルのもとになっているラブラドールレトリバーとプードルはどちらも鳥猟犬として活躍していた犬で、運動神経が良く体力もあります。また、従順で賢いため、飼い主さんと一緒に走りながら、設置された障害を決められた順にクリアしていくドッグスポーツ「アジリティ」では持ち合わせた能力を発揮できるでしょう。

必ずしもスポーツが得意な子ばかりではない

最近の調査では、ラブラドゥードルには遺伝的な異常により肘や膝、股関節に異常を抱えた個体が少なくないことが解ってきたようです。健常でないラブラドゥードゥルはスポーツに向かないので、激しい運動は控えましょう。

ラブラドゥードルに必要な環境づくり

ラブラドゥードル 性格

ラブラドゥードゥルは飼い主さんと過ごす時間が大好きです。なるべく一人で留守番させる時間を減らすようにしましょう。介助犬になることを目的として作出された犬であるため非常に社交的で、お年寄りや幼い子供がいる家庭環境にも向いています。
また、適度に運動させることも大切です。毎日の散歩だけでなく、ドッグランなどで走り回る時間を設け、十分に運動できる環境づくりを心がけましょう。

温厚で賢いラブラドゥードゥル

ラブラドゥードル 性格

ラブラドゥードゥルは、動物アレルギーをもつ人の介助犬になることを目的に作り出された犬種です。人に従順で賢いので、幼いころからきちんとしつけてマナーを身に付けて

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野 友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 更新日:

    2020.08.23

この記事をシェアする