magazine

犬種図鑑

2020.08.17

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレンってどんな犬種?性格・特徴まとめ

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレンという長い名前の大型犬がいます。日本ではシェパード・ドッグと言えば、ドイツ原産のジャーマン・シェパードを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、こちらのシェパードはベルギー原産。ジャーマンシェパードとはどのような違いがあるのでしょうか?今回は、カッコ良くて魅力いっぱいの通称タービュレンについて、犬種の特徴・性格・成り立ちなどを詳しくご紹介します。

#ベルジアンシェパード

Author :安田 ハル/ドッグライター

この記事をシェアする

4犬種に分類されるベルジアン・シェパード・ドッグの歴史

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン

ベルギー全域で牧羊犬や作業犬として多く飼われていたベルジアン・シェパード・ドッグ。頭が良く優秀なこのシェパードを増やしたいと考えた人々によって、ベルギー国内の様々な地域で繁殖が行われ、見た目の雰囲気や性格の特徴が少しずつ違うシェパードが増えていきました。その後、このシェパードを地域ごとに区別して、4つの犬種として登録がなされました。

4種類のベルジアン・シェパード・ドッグ

この4犬種の名前は、誕生した地域などが由来しています。

・ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン(タービュレン村より)
・ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール(グローネンダール村より)
・ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア(メッヘレンという地名より)
・ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア(レーケンセ地方のラケノア城より)

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレンの特徴とは?

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン

ベルギー原産のタービュレンは、ベルジアンシェパードの中でも一番人気があり、日本でも飼育されている方はたくさんいらっしゃいます。一説にはフランダース地方で誕生していることから、パトラッシュの犬のモデル犬とも言われています。

体格・体重

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレンは大型犬に分類され、メスに比べてオスの方ががっしりとした大きめの体つきになります。体高はメスが56~61センチ、オスは61~66センチ、体重は20~28キロ程度です。

被毛の特徴やカラー

タービュレンは顔部分の被毛は短く、ジャーマンシェパードを思わせる顔つきです。首回りや体の被毛は長毛で、オーバーコートはハリのある直毛、アンダーコートは柔らかい密集した被毛となります。

タービュレンの顔のカラーは主にブラック、体はイエロー系やオレンジ系の被毛にブラックの長い被毛が合わさっているのが特徴になります。

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレンの性格

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン

凛とした立ち姿の恰好が良いタービュレンですが、その魅力は外見だけではありません。性格も魅力的なとてもいいコたちです。

愛情深い性格のタービュレン

タービュレンは飼い主さんに対して従順で、とても愛情深い性格をしています。牧羊犬としても活躍していた犬種ですので、頭が良く飼い主さんの指示もしっかり守れる頭の良さも持ち合わせています。また、穏やかな性格をしているタービュレンですが、力の強い大型犬ですので飼い主さんとの信頼関係を築くためにも、しっかりとしたしつけは必須です。

運動神経抜群!ドッグスポーツでも上位を狙える

運動神経も抜群なタービュレンですので、飼い主さんと一緒に楽しめるドッグスポーツのアジリティなどに出場してみることも可能です。飼い主さんと犬との信頼関係が大切な競技ですので、挑戦してみる価値はあると思います。十分、上位を狙えるはず!!

ベルギーのフランダース地方の小さな町タービュレンで育った犬種

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン

何とも長い犬種名ですが、その名に恥じない魅力がたっぷりのベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン。ベルジアン・シェパードドッグという犬種が、地域ごとに4犬種に分類されるようになったという歴史的背景も珍しい特徴ですよね。愛情深く穏やかなタービュレン。迎えた場合にはたっぷり愛情込めて育ててあげてくださいね。

  • 更新日:

    2020.08.17

この記事をシェアする