magazine

しつけ

2020.08.17

ドーベルマンのしつけのコツは?性格から見たしつけ・接し方・遊び方を解説

引き締まった体に艶のある黒い毛並み、ピンと立った耳が特徴的なドーベルマン。警察犬や軍用犬としても活躍するほどの頭の良さと運動能力を兼ね備えています。外見だけではなく、性格も優秀な犬種ですよね。しっかりとリーダーシップの取れる飼い主さんの元で飼育されれば、とても優秀なパートナーに成長してくれることでしょう。ここでは、そんなドーベルマンのしつけのコツを、性格や身体の特徴から考えていきます。

#ドーベルマン

Author :大森 きこ/ドッグライター

この記事をシェアする

ドーベルマンの性格の特徴

ドーベルマン 性格

とても凛々しい姿をしているドーベルマンは、見た目通りの性格と体力を持っています。強くカッコいい犬を飼いたい方は気になる犬種だと思いますが、しっかりとドーベルマンの性格と特徴を理解してから飼育を検討しましょう。

頭の回転も運動能力も高い

ドーベルマンは警察犬や軍用犬としても活躍するほど賢い犬種なので、愛情を持ってしっかりとしつけをすれば最高のパートナーになることは間違いありません。運動能力も非常に高いので、ドッグスポーツに熱中してみるのも楽しいかもしれませんね。

頭が良いのでいつまでも幼子を育てるように飼育をしていると、あっという間に手に負えない性格になってしまうので注意しましょう。

タフで最強のガードドッグ

ドーベルマンは防衛・警戒の面ではトップクラスの犬種です。個体差はありますが、性格的に強いテリトリー意識を持っています。 そのため、人や犬に合わせない過ごし方をしていると吠えたり他の犬に向かって行ったりと問題行動に発展する可能性があるので注意しましょう。

飼い主さんがしっかりとリーダーシップを取って犬の行動を制御出来る関係性であれば、ドーベルマンはとっても頼りがいのあるパートナーになってくれるでしょう。

ドーベルマンの性格を考慮したしつけのコツ

ドーベルマン 性格

ガードドッグのイメージが強いドーベルマンは怖がられてしまうことが多い犬種です。初めてドーベルマンを飼う飼い主さんは「事故を起こしたらどうしよう」と心配になるあまり、他の犬や人と触れ合わせることをためらってしまう方もいると思います。心配をしなくても楽しく過ごせるように、しっかりとドーベルマンと向き合っていきましょう。

子犬の頃から主従関係をはっきりさせる

とても頭の回転が早く力も強い犬種なので、子犬から飼えるのであればしっかりと主従関係を築くことが大切です。飼い主さんが頼りないと、ドーベルマンは自己判断で行動するようになり、いざと言う時にも飼い主さんの言うことを聞かなくなってしまいます。 最強のガードドッグであることを忘れずに向き合いましょう。

社交性は必ず身に着けさせる

ドーベルマンを本気で番犬にしたい方は少ないはずです。出来れば色んなお友達と遊ばせたいし、子どもにも優しい犬になって欲しいと思う方がほとんどだと思います。

そのためには社交性は確実に身に着けさせなければいけません。成犬から引き取った場合でも、専門家の元で少しずつ訓練を入れながら社交性を身に着けているドーベルマンもたくさんいます。他の犬と遊んでいるときには注意深く見守り、興奮する前に遊びを中断させるようにしましょう。

運動時間をたっぷり取るのがしつけのコツ

運動能力が高くスタミナもあるドーベルマンは、近所の散歩のみでは運動量が足りません。散歩=運動という考えは捨てて、散歩とは別に運動の時間を取ることが望ましいでしょう。たくさん体力を使うことで運動不足による興奮も無くなるので、しつけのしやすさも変わってきます。

ドーベルマンの性格と特徴を生かした遊び方

ドーベルマン 性格

ドーベルマンとの遊びを楽しむには、たっぷり運動出来て体力を使える方法を取り入れましょう。ボールやフリスビーを使って走らせたり、海やプールで泳がせたりするのも効果的です。体を動かす遊びだけではなく、頭を使った遊びも脳への刺激になるのでおすすめです。頭を使う遊びには嗅覚を利用して物を探させる方法や、ハンドサインで指示を出す遊びなどがあります。

ドーベルマンの飼育は性格や特徴をしっかりと理解することが大切

ドーベルマン 性格

初めて犬を飼う人には少しハードルが高いドーベルマンですが、強い覚悟と向き合う時間があれば飼育は不可能ではありません。しかし、警戒心が強くなってしまった場合、素人判断では修正するのが難しいことがあります。隣人に吠える・威嚇するなど、問題行動が出始めたら早めにプロに相談するのがおすすめです。最強のガードドッグという素質を持つドーベルマンを飼うことはお金も体力も時間も必要になります。しっかりと犬種特性を理解したうえで、覚悟を持って飼育をしましょう。

◎ライタープロフィール
大森 きこ

大森 きこ/ドッグライター

家族で出来る範囲での保護活動をしています。今まで小型犬から大型犬まで様々なコたちと出会い、新しい家族を見つけるお手伝いをしてきました。どんなコでも迎えてあげられるようにと、現在はペット看護師の資格を取るための勉強中です。

  • 更新日:

    2020.08.17

この記事をシェアする